トピックス 沈黙(映画)  宗教改革500年  聖書翻訳  沖縄  環境問題  マザー・テレサ  

フランシスコ(ローマ教皇)

エジプトのコプト正教会、教会爆破事件受け復活祭の祝典を縮小

エジプトのコプト正教会、教会爆破事件受け復活祭の祝典を縮小

エジプト中部ミニヤ県の一部のコプト正教会は、9日に北部のタンタとアレクサンドリアにある2つのコプト正教会が過激派組織「イスラム国」(IS)により相次いで爆破された事件を受け、16日に予定されていた復活祭の式典を縮小または取りやめにすると発表した。

2017年04月14日16時28分

バチカン・サンピエトロ大聖堂

100万人の巡礼者、ローマでキリストの受難と復活を記念

聖週間(受難週)と復活祭の式典のために、この期間、バチカン(ローマ教皇庁)のあるローマには、多くのキリスト教徒が訪れる。1年で最も神聖とされる聖週間(今年は4月9〜15日)には、少なくとも100万人の来訪が見込まれており、復活祭の16日に最高潮を迎える。

2017年04月13日18時10分

「ローマ法王になる日まで」予告編公開 激動の半生つづった実話が映画に

「ローマ法王になる日まで」予告編公開 激動の半生つづった実話が映画に

現ローマ教皇フランシスコの激動の半生を描いた映画「ローマ法王になる日まで」の予告編が21日、公開された。予告編には、恋人と別れ神に仕えることを選んだ青春時代から、軍事政権下で苦悩する姿、補佐司教に任命されるシーンなどが織り込まれている。

2017年03月21日13時00分

教皇「聖書を携帯電話のように持ち歩き、読んでください」

教皇「聖書を携帯電話のように持ち歩き、読んでください」

ローマ教皇フランシスコは、レント(受難節、四旬節)の第1日曜日となった5日、バチカンのサンピエトロ広場で説教し、全てのクリスチャンに対して、聖書を携帯電話と同じように持ち歩き、読むよう呼び掛けた。

2017年03月10日22時01分

ISに殺害されたジャーナリストの母親、教皇に感謝 「信仰が支えに」

ISに殺害されたジャーナリストの母親、教皇に感謝 「信仰が支えに」

約2年半前に過激派組織「イスラム国」(IS)に殺害された米国人ジャーナリスト、ジェームズ・フォーリーさん(当時40)の母親、ダイアン・フォーリーさんが、ローマ教皇フランシスコから支援を受けたことについて、教皇自身に感謝の意を伝えた。

2017年03月09日23時50分

ドイツ福音主義教会、ローマ教皇を初めて招聘 3月に合同式典

ドイツ福音主義教会、ローマ教皇を初めて招聘 3月に合同式典

米国のイエズス会が発行する週刊誌「アメリカ」(電子版)によると、ドイツ福音主義教会(EKD)がローマ教皇フランシスコを初めて招聘(しょうへい)し、教皇に宗教改革発祥の地ドイツを訪問するよう求めた。

2017年02月10日17時02分

脱無神論明言のフェイスブックCEO、牧師らと面会 キリスト教に接近?

脱無神論明言のフェイスブックCEO、牧師らと面会 キリスト教に接近?

フェイスブックの創業者でCEOのマーク・ザッカーバーグ氏(32)はこれまで、無神論者だとしていたが、昨年末にはそれを否定。そして先月には、米テキサス州の牧師らと会い、彼らの働きについて、また彼らがどのように人々に仕えているかについて話を聞いたという。

2017年02月01日23時53分

ローマ教皇フランシスコ

トランプ大統領に対する判断は時期尚早 教皇「様子を見守る必要ある」

ローマ教皇フランシスコは、ポピュリズム(大衆迎合主義)の台頭や、ヒトラーのような支配者が権力を振るう危機に対して注意を呼び掛ける一方、米国のドナルド・トランプ新大統領に関して早急な判断を下さないよう促した。

2017年01月27日22時33分

2月7日大阪城ホールで高山右近列福式 ユーチューブで生中継も

大阪府:大阪城ホールで高山右近列福式 ユーチューブで生中継も 2月7日

戦国時代のキリシタン大名高山右近(1552~1615)の列福式が2月7日(火)正午から、大阪城ホール(大阪市中央区)で教皇庁列聖省長官アンジェロ・アマート枢機卿の司式により行われる。

2017年01月23日17時54分

パレスチナのアッバス議長が教皇と会談、トランプ氏を警戒か

パレスチナのアッバス議長が教皇と会談、トランプ氏を警戒か

パレスチナ自治政府のマフムード・アッバス議長は14日、バチカン(ローマ教皇庁)でローマ教皇フランシスコと約20分間会談した。世界各地のテロ・過激主義と闘う重要性や、イスラエルとの和平プロセスなどについて話し合った模様。

2017年01月17日17時34分

教皇フランシスコ、既婚司祭を近く容認か ブラジルの有力神学者が予見

教皇フランシスコ、既婚司祭を近く容認か ブラジルの有力神学者が予見

ブラジル出身の有力な解放の神学者であるレオナルド・ボフ氏(79)は最近、ローマ教皇フランシスコが間もなく、カトリック教会における司祭の独身制を緩和し、既婚司祭を容認する可能性があることを明らかにした。

2017年01月09日23時26分

元旦にトルコのナイトクラブで銃乱射テロ、ISが犯行声明 教皇「深い悲しみを覚えている」

元旦にトルコのナイトクラブで銃乱射テロ、ISが犯行声明 教皇「深い悲しみを覚えている」

トルコの最大都市イスタンブールで、現地時間1日午前1時過ぎ(日本時間同日午前7時過ぎ)にナイトクラブ「レイナ」で銃を乱射するテロ事件が発生した。ローマ教皇フランシスコは1日、バチカン(ローマ教皇庁)のサンピエトロ広場で、今回の襲撃を非難した。

2017年01月03日21時40分

ルワンダ虐殺で教皇が赦し乞う風刺画掲載、ウガンダ国営紙が謝罪

ウガンダ国営紙「ニュービジョン」は21日、隣国ルワンダで80万人以上が死亡した1994年の大虐殺を題材にした風刺画を掲載したことを謝罪し、掲載内容を取り消した。

2016年12月27日14時30分

ローマ教皇フランシスコ

教皇フランシスコ、クリスマスメッセージでテロ犠牲者に慰めの言葉

ローマ教皇フランシスコは25日、バチカン(ローマ教皇庁)のサンピエトロ大聖堂のバルコニーから、毎年恒例のクリスマスメッセージを読み上げ、「ローマと全世界」(ウルビ・エト・オルビ)を祝福した。

2016年12月26日20時10分

日本カトリック司教団、「性虐待被害者のための祈りと償いの日」を制定

日本カトリック司教団は14日、「性虐待被害者のための祈りと償いの日」を四旬節第2金曜日に制定したと発表した。1回目は来年3月17日となり、その直前となる来年2月には、司教総会の中で性虐待被害者の癒やしと償いのためのミサもささげるという。

2016年12月20日11時19分

主要ニュース

コラム

人気記事ランキング