フランシスコ(ローマ教皇)

メキシコ地震、死者230人超 教皇「私の思いはメキシコ国民と共にある」

メキシコ地震、死者230人超 教皇「私の思いはメキシコ国民と共に」

メキシコ中部で19日午後1時過ぎ(日本時間20日午前3時過ぎ)に発生したマグニチュード(M)7・1の大地震から1日が経過し、死者数は230人を超えた。約2週間の間に立て続けに起こった大地震に、政界と宗教界の指導者らは神の助けを求めている。

2017年09月21日18時27分

ローマ教皇フランシスコ

教皇、コロンビア訪問 「希望と平和の巡礼者として」

教皇フランシスコは9月6日から11日まで、コロンビアを訪問した。ビデオメッセージでは、「希望と平和の巡礼者としてコロンビアを訪れ、私たちの主における信仰を共に記念するとともに、平和と調和を希求する皆さんの愛と忍耐に学びたい」と述べた。

2017年09月11日14時25分

ローマ教皇フランシスコ

ローマ教皇、結婚は1人の男性と1人の女性の間のもの 「私たちはそれを変えられない」

ローマ教皇フランシスコは、7日発売の著書『政治と社会』で、結婚は1人の男性と1人の女性の間のみでの結合と定義付けられているとの信条を繰り返し、「私たちはそれを変更することはできない」と述べた。

2017年09月08日23時29分

ローマ教皇フランシスコ

教皇フランシスコ、11月〜12月にミャンマーとバングラデシュを訪問へ

バチカン(ローマ教皇庁)は8月28日、教皇フランシスコが11月27日から12月2日にわたってミャンマーとバングラデシュを訪問すると発表した。ミャンマーは11月27日から30日まで、バングラデシュは30日から12月2日まで訪問する。

2017年09月05日16時07分

世界教会協議会の指導者ら、教皇と会談 「クリスチャンの団結が不可欠」

世界教会協議会の指導者ら、教皇と会談 「クリスチャンの団結が不可欠」

世界教会協議会(WCC)のアグネス・アブオム中央委員会議長とオラフ・フィクセ・トヴェイト総幹事は8月23日、教皇フランシスと公式会見し、世界が直面する諸問題に真の意味での正義をもたらす上で、クリスチャンの団結が不可欠であることを話し合った。

2017年09月04日17時09分

「次はローマだ」 ISが新動画でテロ予告、教皇の肖像画破るシーンも

「次はローマだ」 ISが新動画でテロ予告、教皇の写真破るシーンも

過激派組織「イスラム国」(IS)が、ローマでのテロを予告する動画を公開した。動画には、ISの戦闘員らがキリスト像を踏み付けたり、ローマ教皇の写真を破るシーンなどが映っている。英カトリック・ヘラルド誌(英語)などが25日に伝えた。

2017年08月26日18時01分

バルセロナでテロ、13人死亡・100人以上負傷 IS系通信が犯行表明

バルセロナでテロ、13人死亡・100人以上負傷 IS系通信が犯行表明

スペインのバルセロナで17日午後4時50分ごろ、ワゴン車が暴走して13人が死亡、100人以上が負傷する事件があった。警察はテロ事件と断定し、2人を拘束した。また、カンブリスでも18日未明にテロとみられる事件があり、警察は5人を射殺した。

2017年08月18日13時27分

教皇、11月にミャンマーとバングラデシュ訪問か バチカンは「検討中」

教皇フランシスコが11月にミャンマーとバングラデシュを訪問する可能性が出てきた。教皇の出身国アルゼンチンのテラム通信が報じた。イタリアのANSA通信によると、バチカン情報筋は「検討中の段階」と、正式発表には至っていない。

2017年08月01日20時32分

イタリアで深刻な干ばつ、バチカンがすべての噴水停止 教皇の環境重視の方針強調

イタリアで深刻な干ばつ、バチカンがすべての噴水停止 教皇の環境重視の方針強調

イタリアで長引く干ばつを受け、バチカン(ローマ教皇庁)は25日、教皇フランシスコの環境重視の教えに従って、サンピエトロ広場にある有名な噴水を含め、バチカン市内にあるすべての噴水を停止した。

2017年07月29日20時36分

教皇も支援表明の難病乳児、「遅すぎました」両親が治療を断念 悲劇の結末に対する5つの反応

教皇も支援表明の難病乳児、「遅すぎました」両親が治療を断念 悲劇の結末に対する5つの反応

遺伝性の難病のために末期症状にあり、治る見込みがないとして英国の病院から延命治療の停止を提案されていた男の子の両親は24日、米国での治療のために渡航許可をめぐって起こしていた法的闘争を取りやめると発表した。

2017年07月26日15時43分

ローマ教皇フランシスコ

教皇、「貧しい人たちの日」を制定 今年は11月19日

教皇フランシスコは13日、カトリック教会の記念日として、「貧しい人たちの日」を新たに制定した。バチカン放送(日本語電子版)が報じた。「貧しい人たちの日」は、カトリックの典礼暦の年間第33主日に定められた。第1回に当たる今年2017年度は、11月19日に行われる。

2017年06月20日11時52分

米国の「パリ協定」離脱にキリスト教指導者らが深刻な懸念

米国の「パリ協定」離脱にキリスト教団体が深刻な懸念

ドナルド・トランプ米大統領は1日、地球温暖化対策の国際的な枠組「パリ協定」から離脱することを表明した。トランプ氏は、米国の労働者に負担を強いていると離脱の理由を説明しているが、世界のキリスト教団体は相次いで懸念の意向を表明している。

2017年06月13日14時00分

「カトリック・カリスマ刷新」運動50周年式典に3万人 教皇が講演

教皇フランシスコは3日、ローマで行われた「カトリック・カリスマ刷新」運動50周年式典で講演した。式典にはイタリア内外から約3万人が参加した。ペンテコステ派、福音派の牧師数十人も招待に応え、出席した。運動はペンテコステ派に似ており、聖霊の賜物を強調もする。

2017年06月13日12時12分

教皇、テロ犠牲者のために祈り テロリストらには回心呼び掛け

主の昇天の祝日に当たる5月28日、「レジナ・チェリ」(天の女王)の祈りに際して、教皇フランシスコは、エジプトでのバス襲撃や英マンチェスターで起こったテロ事件に触れ、犠牲者たちの冥福を祈るとともにテロを厳しく非難し、テロリストたちに心からの回心を呼び掛けた。

2017年06月06日14時51分

カナダ首相も教皇と会見、先住民の人権問題などで意見交換

カナダのジャスティン・トルドー首相は5月29日、バチカン(ローマ教皇庁)を訪れ、教皇フランシスコと会見した。先進7カ国(G7)首脳会議(サミット)で議論された内容や、カナダの先住民の人権問題などについて意見交換した。

2017年06月06日14時35分

主要ニュース

コラム

人気記事ランキング