英学校、他宗教配慮し「BC」「AD」を削除 「誰も気にしない」の声も

2017年10月11日20時25分 翻訳者 : 岡本告 印刷
Facebookでシェアする Twitterでシェアする
関連タグ:イギリス
+学校
(写真:Pixabay)
- 広告 -

英国の一部の学校が、キリスト教徒ではない他の宗教の生徒たちに配慮し、宗教教育の授業で「BC」や「AD」という歴史的に用いられてきた暦の用語を削除しているという。行き過ぎたポリティカル・コレクトネス(偏見や差別を含まない中立的な用語)だと批判する者もおり、他宗教者の中からは「誰も気にしない」という声も出ている。

英デイリー・メール紙(英語)は1日、英国内の学校で「BC」「AD」という表記が消えつつあることを伝えた。英南東部イースト・サセックスにある学校のシラバスには、「キリスト教徒ではない人たちを配慮し、現在はBCEとCEが使用されています」と書かれているという。

西暦の紀元前を意味する「BC」(Before Christ=キリスト以前)と、紀元を意味する「AD」(Anno Domini=主[イエス・キリスト]の年、ラテン語)が、それぞれ「BCE」(Before Common Era=共通紀元前)と「CE」(Common Era=共通紀元)に置き換えられているのだ。

英国の右派団体「本当の教育運動」のクリス・マクガバン議長は、こうした動きは「ポリティカル・コレクトネスへの降伏だ」などと述べ、強く非難している。

一方、英国ムスリム評議会副事務総長でイマム(イスラム教の指導者)のイブラヒム・モグラ氏は、「(BCとADの表記が)イスラム教徒の感情を害するとは思いません」とコメント。英国ユダヤ人代表者会議の広報担当も、「普通の学校でBCとADが使用されていても、誰も気にしないと思います」と話している。

英国国教会の元カンタベリー大主教であるジョージ・ケアリー氏は同紙に、伝統的用語の削除は「非常に残念なこと」と語った。

こうした批判に対し、英国の宗教教育常設諮問協議会全国協会(NASACRE)のポール・スマーリー議長は、「個々の宗教教育常設諮問協議会(SACRE)と学校は、どんな形の暦が適当であるかに関して判断することができます」と話している。

これとは別に、英国では先月、宗教教育教師全国協会が、国内の中学校の4分の1以上が宗教教育を提供しておらず、違法状態にあるとする報告を発表し、英国の公共放送であるBBC(英語)などが伝えていた。

※この記事はクリスチャンポストの記事を日本向けに翻訳・編集したものです。
この記事が気に入ったら「フォロー」しよう
フェイスブックで最新情報をお届けします
関連タグ:イギリス

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。

記事の一つ一つは、記者が取材をして書き上げ、翻訳者が海外のニュースを邦訳し、さらに編集者や校閲者の手も経て配信しているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、サポーターとして(1,000円/月〜)、また寄付(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済(Paypal)で可能です。希望者には、週刊メールマガジンも送らせていただきます。サポーターや寄付の詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

  • 金額を選択:
  • 金額を選択:

国際の最新記事 国際の記事一覧ページ

主要ニュース

コラム

人気記事ランキング