牧師の小窓 (96)雲仙・長崎 キリシタンの旅・その12 永井隆博士の言葉 福江等

2017年9月3日05時51分 コラムニスト : 福江等 印刷
Facebookでシェアする Twitterでシェアする
+牧師の小窓 (96)雲仙・長崎 キリシタンの旅・その12 永井隆博士 福江等
如己堂
- 広告 -

永井隆博士(1908~51)が召されるまで住まわれた畳2畳の小さな家「如己堂」のすぐ隣に、永井隆記念館があります。その記念館の中に博士の言葉が数カ国語に訳されて展示されていました。それらは、博士の著作集の中から抜粋したものです。ここに幾つかご紹介いたします。

笑いを失った子は不幸だと言われている。泣くことのできぬ子はさらに不幸である。(『ロザリオの鎖』より)

本当の平和をもたらすものは、ややこしい会議や思想ではなく、ごく単純な愛の力による。(『いとし子よ』より)

「戦争はおろかなことだ!戦争に勝ちも負けもない。あるのは滅びだけである!人間は戦争するために生まれたのではなかった!平和を!永久平和を!」この叫びを私は広く伝えたかった。(『花咲く丘』より)

原子戦争はちっとも美しいものじゃない、おもしろいものじゃない。もっともあっけない、もっともむごたらしい、もっとも徹底した完全破壊である。あとに残るは灰と骨ばかり・・・。心をうつ物語一つない。(『花咲く丘』より)

平和を祈る者は、一本の針をも隠し持っていてはならぬ。自分が・・・たとい、のっぴきならぬ破目に追い込まれたときの自衛であるにしても・・・武器を持っていては、もう平和を祈る資格はない。(『平和塔』より)

あの美しかった長崎を、こんな灰の丘に変えたのはだれか?・・・私たちだ。おろかな戦争を引き起こしたのは私たち自身なのだ。(『花咲く丘』より)

お互いに赦しあおう・・・お互いに不完全な人間なのだから
お互いに愛しあおう・・・お互いにさみしい人間なのだから
けんかにせよ、闘争にせよ、戦争にせよ、あとに残るのは後悔だけだ。(『平和塔』より)

牧師の小窓 (96)雲仙・長崎 キリシタンの旅・その12 永井隆博士 福江等
研究執筆中の永井隆博士

<<前回へ     次回へ>>

福江等

福江等(ふくえ・ひとし)

1947年、香川県生まれ。1966年、上智大学文学部英文科に入学。1984年、ボストン大学大学院卒、神学博士号修得。1973年、高知加賀野井キリスト教会創立。2001年(フィリピン)アジア・パシフィック・ナザレン神学大学院教授、学長。現在、高知加賀野井キリスト教会牧師、高知刑務所教誨師、高知県立大学非常勤講師。著書に『主が聖であられるように』(訳書)、『聖化の説教[旧約篇Ⅱ]―牧師17人が語るホーリネスの恵み』(共著)など。

福江等牧師フェイスブックページ
高知加賀野井キリスト教会ホームページ
高知加賀野井キリスト教会フェイスブックページ

この記事が気に入ったら「フォロー」しよう
フェイスブックで最新情報をお届けします

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。

記事の一つ一つは、記者が取材をして書き上げ、翻訳者が海外のニュースを邦訳し、さらに編集者や校閲者の手も経て配信しているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、サポーターとして(1,000円/月〜)、また寄付(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済(Paypal)で可能です。希望者には、週刊メールマガジンも送らせていただきます。サポーターや寄付の詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

  • 金額を選択:
  • 金額を選択:

コラムの最新記事 コラムの記事一覧ページ

主要ニュース

コラム

人気記事ランキング