トピックス 九州豪雨  宗教改革500年  聖書翻訳  同性愛  沖縄  

牧師の小窓 (91)雲仙・長崎 キリシタンの旅・その7 日本26聖人殉教の地 福江等

2017年7月30日07時48分 コラムニスト : 福江等 印刷
Facebookでシェアする Twitterでシェアする
+牧師の小窓 (91)雲仙・長崎 キリシタンの旅・その7 福江等
日本26聖人殉教の地
- 広告 -

次の日、私たちはいよいよ長崎に入りました。まず、西坂という丘にある日本26聖人殉教の地に参りました。その日は朝から激しい暴風雨で、傘を差すことも困難なほどでした。

ここで1597年に豊臣秀吉の命令で外国人宣教師・修道士6人、日本人修道士と信者20人が処刑されることとなりました。そのうち24人は京都・大坂で捕縛され、京都で左の耳たぶを切り落とされ、厳冬時期に歩いて長崎へ向かわされました。見せしめのためです。

1597年2月5日(慶長元年12月19日)の朝、ひどい霜の中、3里(約12キロ)の浦上街道を歩き、午前10時ごろ、西坂の丘に到着。すぐに十字架にかけられ、槍で両脇を突かれ、この26人は殉教しました。

一行の中に12歳の少年ルドビコ茨木がいるのを見た、長崎奉行所の寺沢半三郎は幼い少年を助けようと思い信仰を捨てるよう言ったが、ルドビコ茨木はこの申し出を断りました。また、パウロ三木は死を目の前にして、周囲を取り囲む約4千人を超える群衆の前で十字架にかけられたまま最後の説教を説いたといわれています。

この26人の殉教者の遺体はその後、十字架にかけられたまま数カ月放置されました。これも見せしめのためでした。ところが、長崎のキリシタンたちの信仰は弱るどころかかえって強められたといわれています。殉教者たちがキリシタンたちの信仰の憧れの対象になったのでした。

そのため、幕府はこれ以降は十字架刑はやめて、斬首、火あぶり、穴吊りといった処刑の方法をとるようになりました。西坂の地ではその後、続いて多くのキリシタンが殉教していきました。

日本26聖人記念碑の後ろに記念会館があるのですが、その入り口にロレンソ・ルイスというフィリピン人の像があります。この方は日本に最初に来たフィリピン人で、この西坂で殉教したのでした。フィリピンでは最初の殉教者・聖人として広く知られています。

牧師の小窓 (91)雲仙・長崎 キリシタンの旅・その7 福江等
聖ロレンソ・ルイス像

このあまりにも凄惨な殉教の歴史を記念する場所で、1つだけ希望の光が差し込んできたのは、片隅にあった小さな碑(写真)に書かれてあった「愛は死よりも強し」という言葉でした。

牧師の小窓 (91)雲仙・長崎 キリシタンの旅・その7 福江等

<<前回へ     次回へ>>

福江等

福江等(ふくえ・ひとし)

1947年、香川県生まれ。1966年、上智大学文学部英文科に入学。1984年、ボストン大学大学院卒、神学博士号修得。1973年、高知加賀野井キリスト教会創立。2001年(フィリピン)アジア・パシフィック・ナザレン神学大学院教授、学長。現在、高知加賀野井キリスト教会牧師、高知刑務所教誨師、高知県立大学非常勤講師。著書に『主が聖であられるように』(訳書)、『聖化の説教[旧約篇Ⅱ]―牧師17人が語るホーリネスの恵み』(共著)など。

福江等牧師フェイスブックページ
高知加賀野井キリスト教会ホームページ
高知加賀野井キリスト教会フェイスブックページ

この記事が気に入ったら「フォロー」しよう
フェイスブックで最新情報をお届けします

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。

記事の一つ一つは、記者が取材をして書き上げ、翻訳者が海外のニュースを邦訳し、さらに編集者や校閲者の手も経て配信しているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、サポーターとして(1,000円/月〜)、また寄付(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済(Paypal)で可能です。希望者には、週刊メールマガジンも送らせていただきます。サポーターや寄付の詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

  • 金額を選択:
  • 金額を選択:

コラムの最新記事 コラムの記事一覧ページ

主要ニュース

コラム

人気記事ランキング