トピックス 九州豪雨  宗教改革500年  聖書翻訳  同性愛  沖縄  

牧師の小窓 (92)雲仙・長崎 キリシタンの旅・その8 大浦天主堂 福江等

2017年8月7日08時31分 コラムニスト : 福江等 印刷
Facebookでシェアする Twitterでシェアする
+牧師の小窓 (92)雲仙・長崎 キリシタンの旅・その8 福江等
大浦天主堂正面
- 広告 -

長崎におけるキリシタン殉教の地である西坂から、私たち一行は長崎市の南山手にある有名な大浦天主堂を訪れました。このカトリックの会堂は1865(元治2)年にフランス人宣教師プティジャン神父やフューレ神父らの尽力によって建立されました。そして、この会堂は西坂で殉教した26人のキリシタンたちを記念して二十六聖殉教者堂と命名されました。そのため大浦天主堂の正面は西坂の方向に向かって建てられているということです。

大浦天主堂がまだキリスト教の禁教令が出ていた江戸時代に建てられたのは、長崎のこの一角が外国人のための居留地として認められていたからです。ですから、大浦天主堂は最初外国人のための教会堂であった訳です。すぐその隣にグラバー邸があるのもそのためです。

そして大浦天主堂ができて間もなく、1865年3月17日(2月12日)のこと、 浦上の潜伏キリシタンが十数名で大浦天主堂を訪ね、プティジャン神父に密かに信仰者であることを名乗り出るという驚くべきことが起きたのでした。これがいわゆる「信徒発見」と呼ばれている出来事です。

4、50歳くらいの女性が1人、祈っていたプティジャン神父に近づき、「私どもは神父様と同じ心であります」(宗旨が同じです)とささやき、自分たちがカトリック教徒であることを告白したのでした。そして、自分たちが迫害に耐えながらカトリックの信仰を代々守り続けてきたいわゆる隠れキリシタンである事実をプティジャン神父に話したのでした。

その後、プティジャン神父は密かに浦上や五島などに布教を兼ねて隠れた信者の発見に努め、浦上だけでなく長崎周辺の各地で多くのカトリック教徒が秘密裏に信仰を守り続けていたことが分かったのでした。その結果として「浦上四番崩れ」といわれる幕府によるキリシタン弾圧が再燃したのであります。

牧師の小窓 (92)雲仙・長崎 キリシタンの旅・その8 福江等
信徒発見の碑

<<前回へ     次回へ>>

福江等

福江等(ふくえ・ひとし)

1947年、香川県生まれ。1966年、上智大学文学部英文科に入学。1984年、ボストン大学大学院卒、神学博士号修得。1973年、高知加賀野井キリスト教会創立。2001年(フィリピン)アジア・パシフィック・ナザレン神学大学院教授、学長。現在、高知加賀野井キリスト教会牧師、高知刑務所教誨師、高知県立大学非常勤講師。著書に『主が聖であられるように』(訳書)、『聖化の説教[旧約篇Ⅱ]―牧師17人が語るホーリネスの恵み』(共著)など。

福江等牧師フェイスブックページ
高知加賀野井キリスト教会ホームページ
高知加賀野井キリスト教会フェイスブックページ

この記事が気に入ったら「フォロー」しよう
フェイスブックで最新情報をお届けします

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。

記事の一つ一つは、記者が取材をして書き上げ、翻訳者が海外のニュースを邦訳し、さらに編集者や校閲者の手も経て配信しているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、サポーターとして(1,000円/月〜)、また寄付(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済(Paypal)で可能です。希望者には、週刊メールマガジンも送らせていただきます。サポーターや寄付の詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

  • 金額を選択:
  • 金額を選択:

コラムの最新記事 コラムの記事一覧ページ

主要ニュース

コラム

人気記事ランキング