トピックス 九州豪雨  宗教改革500年  聖書翻訳  同性愛  沖縄  

牧師の小窓 (93)雲仙・長崎 キリシタンの旅・その9 浦上四番崩れ 福江等

2017年8月13日07時15分 コラムニスト : 福江等 印刷
Facebookでシェアする Twitterでシェアする
+牧師の小窓 (93)雲仙・長崎 キリシタンの旅・その9 浦上四番崩れ 福江等
プティジャン神父(1829~84)
- 広告 -

1865年に浦上の潜伏キリシタンたちが新しくできた大浦天主堂に訪ねて来て、プティジャン神父(1829~84)に自分たちが潜伏キリシタンであることを告げたという歴史的な事件があったことを前回報告しました。その後、それまで隠れキリシタンであった多くの人たちが勇気を得て、公に信仰を告白するようになりました。

そのため、1867(慶応3)年、キリシタン信仰を表明した浦上村の村民たちが江戸幕府の指令により、大量に捕縛されて拷問を受けました。江戸幕府のキリスト教禁止政策を引き継いだ明治政府の手によって、村民たちは全員流罪となりました。これがいわゆる「浦上四番崩れ」というものです。まず、信徒の中心人物114人を津和野、萩、福山へ移送することが決定されました。以降、続々と長崎の信徒たちは捕縛されて流罪に処されました。

明治元年から6年まで、合計3394人が流され、613人が殉教し、1011人は苦難に耐えきれず、あるいは子どもをふびんに思ってなど諸事情から棄教するという選択をしました。これらの人々は西日本の22カ所に流刑され、土佐にも116人のキリシタンが流刑されて来ています。

彼らは流刑先で数多くの拷問・私刑を加えられ続けましたが、それは水責め、雪責め、氷責め、火責め、飢餓拷問、箱詰め、磔、親の前でその子どもを拷問するなど、その過酷さと陰惨さ・残虐さは旧幕時代以上であったといわれています。現在、高知市にある江の口カトリック教会は、土佐に流されたキリシタンたちを記念して建てられた教会であります。

生き残った信徒たちは流罪の苦難を「旅」と呼んで信仰を強くし、禁教令が解かれた後、1879(明治12)年に、故地・浦上に帰って行きました。すべてを失った彼らは、それでも迫害が終わったことへの喜びと感謝と信仰の証しから聖堂(浦上天主堂)を建て始め、数十年かけてついに東洋で2番目に大きい教会堂を建て上げたのでした。

牧師の小窓 (93)雲仙・長崎 キリシタンの旅・その9 浦上四番崩れ 福江等
流刑にされたキリシタンたちが移送された西日本の22の藩

<<前回へ

福江等

福江等(ふくえ・ひとし)

1947年、香川県生まれ。1966年、上智大学文学部英文科に入学。1984年、ボストン大学大学院卒、神学博士号修得。1973年、高知加賀野井キリスト教会創立。2001年(フィリピン)アジア・パシフィック・ナザレン神学大学院教授、学長。現在、高知加賀野井キリスト教会牧師、高知刑務所教誨師、高知県立大学非常勤講師。著書に『主が聖であられるように』(訳書)、『聖化の説教[旧約篇Ⅱ]―牧師17人が語るホーリネスの恵み』(共著)など。

福江等牧師フェイスブックページ
高知加賀野井キリスト教会ホームページ
高知加賀野井キリスト教会フェイスブックページ

この記事が気に入ったら「フォロー」しよう
フェイスブックで最新情報をお届けします

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。

記事の一つ一つは、記者が取材をして書き上げ、翻訳者が海外のニュースを邦訳し、さらに編集者や校閲者の手も経て配信しているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、サポーターとして(1,000円/月〜)、また寄付(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済(Paypal)で可能です。希望者には、週刊メールマガジンも送らせていただきます。サポーターや寄付の詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

  • 金額を選択:
  • 金額を選択:

コラムの最新記事 コラムの記事一覧ページ

主要ニュース

コラム

人気記事ランキング