トピックス 沈黙(映画)  宗教改革500年  聖書翻訳  沖縄  環境問題  マザー・テレサ  

教皇、テロ犠牲者のために祈り テロリストらには回心呼び掛け

2017年6月6日14時51分 印刷
Facebookでシェアする Twitterでシェアする

【CJC】主の昇天の祝日に当たる5月28日正午、「レジナ・チェリ」(天の女王)の祈りに際して、教皇フランシスコは、エジプトでのバス襲撃や英マンチェスターで起こったテロ事件に触れ、犠牲者たちの冥福を祈るとともにテロ行為を厳しく非難し、テロリストたちに心からの回心を呼び掛けた。

バチカン放送(日本語電子版)によると、教皇は「兄弟姉妹の皆さん、エジプトおよび英国での卑劣なテロ行為の犠牲者たちのために私は大変心痛めています。彼らの冥福を祈るとともにそのご家族たちに心からの祈りをもって同伴いたします。テロリストたちに声を大きくして叫びたい、人間的な心を取り戻し回心するように」と語り掛けた。

※この記事はCJC通信の提供記事です。
この記事が気に入ったら「フォロー」しよう
フェイスブックで最新情報をお届けします

関連記事

国際の最新記事 国際の記事一覧ページ

主要ニュース

コラム

おすすめのイベント

人気記事ランキング