トピックス 沈黙(映画)  宗教改革500年  聖書翻訳  沖縄  環境問題  マザー・テレサ  

病も健康も「気」から 菅野直基

2017年5月10日06時25分 コラムニスト : 菅野直基 印刷
Facebookでシェアする Twitterでシェアする
関連タグ:菅野直基

「病は気から」といわれます。恐れたり、心配したり、イライラし続けていると、病気になりやすい状態です。すでに病気の人は、病気の症状をさらに重くします。

心と体はつながっていて相互作用しますので、病気になると、心も弱くなります。さらに、病気のことを心配したり、恐れると、イライラしたりして、「病は気から」でさらに病状は悪化していきます。このままでは悪循環です。

しかし、「病は気から」であるなら、「健康も気から」です。体は病気でも、心が希望と喜びに溢れ、平安で元気なら、その心とつながった体は健康になるに違いありません。病気になり、環境もマイナスになり、そんな状況の中で、どうやったら喜ぶことができるのでしょうか?

心を神と直結させることです。聖書は、神と私たちは「一心同体である」と教えます。

「わたしはぶどうの木で、あなたがたは枝です」(ヨハネの福音書15章5節)

この聖句は、文字通り、「イエス様がぶどうの木で、私たちはその枝です」というのではなく、イエス様と私たちの関係を「ぶどうの木と枝」に例えたのです。ぶどうの木と枝は一体であり、つながっていて、命が流れているように、イエス様と私たちは、目に見えませんが、霊(心)の領域でつながっていて、一心同体なのです。

聖書は、神と一心同体でない状態を罪と呼びます。人はみな罪人(つみびと)です。罪人としてこの世に生まれてきました。しかし、イエス様は、神と人間が断絶され、その結果、人類に死と呪いが入りましたが、その問題を解決するために十字架で死なれました。

信じる人は、神と一心同体になります。神と一心同体になった心は、元気を回復し、愛、喜び、平安が満ち溢れます。その心とつながっている体は、自然に健康になっていきます。

「健康は気から」です。神を信じ、神と一心同体になるなら、あなたの体も健康になります。神との一体感を深め、それを自覚し、それを楽しみ、神と一緒に今日も歩みましょう。

菅野直基

菅野直基(かんの・なおき)

1971年東京都生まれ。新宿福興教会牧師。子ども公園伝道、路傍伝道、ホームレス救済伝道、買売春レスキュー・ミッション等、地域に根ざした宣教活動や、海外や国内での巡回伝道、各種聖会での讃美リードや奏楽、日本の津々浦々での冠婚葬祭の司式等、幅広く奉仕している。日本民族総福音化運動協議会理事。

■ 外部リンク:

新宿福興教会ホームページ (メッセージをくだされば、皆さんの近くの教会を紹介致します)

菅野直基牧師のフェイスブック

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
フェイスブックで最新情報をお届けします
関連タグ:菅野直基

関連記事

コラムの最新記事 コラムの記事一覧ページ

主要ニュース

コラム

人気記事ランキング