死に勝るいのちを得て―がん闘病817日の魂の記録―(98)不完全な者同士どう交わるのか 米田武義

2016年12月15日11時28分 コラムニスト : 米田武義 印刷
Facebookでシェアする Twitterでシェアする
関連タグ:米田武義

不完全な者同士どう交わるのか

どんなに良い人でも、どんなに親しい人でも、疎ましく感じるときがあり、どんなに悪い人でも、どんなに疎遠な人でも、好ましく感じることがある。その原因は、当方にあったり、相手にあったりさまざまであろう。またどんな人でも、時とともに変わる。こう考えてみると、人は自分も含めて、安定しておらず、さまよい続けている。まさに、聖書に記されてある通りである。

「何が起こるかを知っている者はいない。いつ起こるかをだれも告げることはできない。風を支配し、風を止めることのできる人はいない」(伝道者の書8:7、8)

人は不純で気まぐれであり、神は純粋で不変である。人に信を置く者は裏切られる。しかし、私たちはこの信を置くことのできない人と共に生きていかなければならない。信を置きたいけれども、置けば必ず裏切られる人と共に生きていかねばならない。聖書には実に明瞭に、この心構えに関する御言葉が多く見られる。

「自分を愛してくれる者を愛したからといって、何の報いが受けられるでしょう」(マタイの福音書5:46)

「あなたの隣人をあなた自身のように愛せよ」(ルカの福音書10:27)

これらの心構えは、愛という行為で示されており、明らかなように、見返りを求めた行為ではない。行き着くところは、まさにイエス・キリストの全生涯の中にその答えがある。

<<前回へ     次回へ>>

米田武義

米田武義(よねだ・たけよし)

1941年4月16日、大阪生まれ。大阪府立三国丘高等学校、国立静岡大学卒業。静岡県立清水東高校定時制教師を勤めた後、東北大学大学院、京都大学大学院(国土防災技術(株)国内留学生)で学ぶ。国土防災技術(株)を退職し、(株)米田製作所を継承する。2008年4月8日、天に召される。著書に『死に勝るいのちを得て―がん闘病817日の魂の記録―』(イーグレープ)。

【米田武義著書】(Amazon)
【米田武義著書】(イーグレープ)

この記事が気に入ったら「フォロー」しよう
フェイスブックで最新情報をお届けします
関連タグ:米田武義

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。

記事の一つ一つは、記者が取材をして書き上げ、翻訳者が海外のニュースを邦訳し、さらに編集者や校閲者の手も経て配信しているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、サポーターとして(1,000円/月〜)、また寄付(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済(Paypal)で可能です。希望者には、週刊メールマガジンも送らせていただきます。サポーターや寄付の詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

  • 金額を選択:
  • 金額を選択:

コラムの最新記事 コラムの記事一覧ページ

主要ニュース

コラム

人気記事ランキング