トピックス 米大統領選  宗教改革500年  環境問題  マザー・テレサ  沖縄  戦後71年  日本聖公会京都事件  

死に勝るいのちを得て―がん闘病817日の魂の記録―(95)人間は意味のない存在ではない 米田武義

2016年11月24日06時32分 コラムニスト : 米田武義 印刷
Facebookでシェアする Twitterでシェアする
関連タグ:米田武義

人間は意味のない存在ではない

6歳 初芝幼稚園
7~12歳 南河内郡日置荘小学校
13~15歳 堺市立三国丘中学校
16~18歳 大阪府立三国丘高等学校
19~22歳 国立静岡大学
23歳 静岡県立清水東高校定時制教師
24歳 国立東北大学大学院
25歳 京都大学大学院(国土防災技術(株)国内留学生)
26~28歳 国土防災技術(株)
29~63歳 (株)米田製作所
64歳 会社廃業に関わる雑事
65歳 結腸がん

28歳 康子と結婚
29歳 勇一誕生
32歳 悦三誕生

以上、大雑把ではあるが、私の年齢によって、私の経歴を記してみた。私は4月16日生まれであるので、大体私の年がカバーするその年を1年間とした(例えば6歳ならその年の1月から12月まで)。

今日、他の紙面に日記を書いていたときに、神は人間をこの世に送り出したときに、それを喜ばれたということを確認した。神様は無意味なことをされない。私は勘違いをしていた。人間は罪人で虫けらに等しく、何の価値もないと思い込んでいた。

神様は、私たちが自主的に神様を求めてほしいと思っておられる。そのために、罪あるこの世に私たちを置かれる必要があった。以上を知ったときに、自分のこの世の経歴を記してみたくなった。地上の生活は無意味ではない。

「あなたは、どこにいるのか」(創世記3:9)

<<前回へ     次回へ>>

米田武義

米田武義(よねだ・たけよし)

1941年4月16日、大阪生まれ。大阪府立三国丘高等学校、国立静岡大学卒業。静岡県立清水東高校定時制教師を勤めた後、東北大学大学院、京都大学大学院(国土防災技術(株)国内留学生)で学ぶ。国土防災技術(株)を退職し、(株)米田製作所を継承する。2008年4月8日、天に召される。著書に『死に勝るいのちを得て―がん闘病817日の魂の記録―』(イーグレープ)。

【米田武義著書】(Amazon)
【米田武義著書】(イーグレープ)

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
フェイスブックで最新情報をお届けします
関連タグ:米田武義

関連記事

コラムの最新記事 コラムの記事一覧ページ

主要ニュース

コラム

人気記事ランキング