なにゆえキリストの道なのか(133)人生の運・不運、神はどうして不合理なことをするのか? 正木弥

2018年3月10日21時58分 コラムニスト : 正木弥 印刷
Facebookでシェアする Twitterでシェアする
関連タグ:正木弥

人生には運・不運があるが、それは実に不合理なものだ。正しい神がどうしてそんなことをするのか。

運・不運は、人間の努力や心掛けと関係なく、好都合な事態、あるいは不都合な事態になることをいいます。どうしてそうなるのか、人間には分かりません。

分からないことは、人生で幾つもあります。例えば、そもそもの「生まれ」もそうです。どうしてそのような家柄で、階層で生まれたのか。どうして裕福な、あるいは貧乏な家庭に生まれたのか。どうしてそのような容貌で、体格で生まれたのか。どうしてそのような障害で、体質で生まれたのか。どうしてそのような資質で、能力で生まれたのか。どうしてこのような温かな家族の中に、あるいは仲の悪い両親のもとに生まれたのか。どうしてこの国に、この時代に生まれたのか。

これらの理由は全然分かりません。不思議ともいえます。しかし、今、私は厳然としてこのようにあるのです。それは、幸運である部分と不運・不満である部分とのないまぜですが、いずれにせよ、どうしようもありません。

病気や事故、事件は大体訳の分からない事情で起こります。そこでも運・不運があります。何か自由に選択することで、熟慮して選択したとき、それでも良い結果に至る場合も、悪い結果に至る場合もあります。その結果について、人は運・不運だと受け止めるほかありません。人生は、たくさんの運・不運に囲まれているようなものです。

運・不運はどうしてそのようになるのか、多くの人は偶然の作用だと考えます。なるほど、第一次的には偶然が働く出来事もあり、時にはサタンさえ介入する場合もあります。しかし、全体を通してよく見ますと、究極的には神がすべてのことを統御しておられるのです。

その部分、ある一時点だけを見て、神のなさることの正しさや深い愛を疑うべきではありません。不運であっても、目前の事態をいたずらに嘆いたり、恨んだりすべきでありません。公義の神への信頼に立って耐えていくなら、最終的には必ず、良い事態へと導いてくれます。逆に幸運であってもただ喜んだり、有頂天になるのではいけません。神に感謝しつつ、神のご栄光のため用いるべきです。

族長ヨセフは、兄たちのねたみを受け、若い頃奴隷としてエジプトに売られましたが、主(神)が共におられたので、パロの侍従長の家で幸運な人となったと書かれています。ところが、ご主人の妻の誘惑を断ったがため、逆に讒言(ざんげん)に遭(あ)い、投獄されるという不運の人生になりました。

しかし、その所でよく忍耐して、神に信頼して生きたので、獄から釈放されただけでなく、一躍エジプトの宰相に抜擢されるという幸運に恵まれたのです(旧約聖書・創世記第37、39~41章)。運・不運の大きな波乱の中で、神の教えに背くことなく、よく忍耐したので、最終的に幸運の人となれたのです。

ヨブという人は、敬虔な財産家でしたが、彼があずかり知らないところで、神がサタンにヨブの身辺を害することを許容されたため、ある日急に財産を奪われ、家族を取り去られ、深刻な病に侵され、悲惨の極みに落とされたのです。

しかし、そうなっても神を呪わず、神に不信仰になることなく、ひたすら、神のなされたことの真意を求めて肉迫していきました。このようなヨブに対し、神には人間の知らない深い慮(おもんぱか)りがあるのだから、文句を言わずについて来るべきだと諭したのでした。

他方、終始一貫不信仰にならずに神に迫った点は良しと認めて、旧に倍する財産を与え、家族を与え、もちろん健康を回復させてくださったのです。その災難の前の半生より後の半生をもっと祝福されたのです。

人間は、幸運の時は謙虚に生きることが大切です。不運の時は悲観せず、神を呪わず、やけにならず、愚痴や不満に溺れず、ひたすら忍耐して神の救出を待つべきです。そうすれば、神は必ず、前に倍する幸運で臨んでくださるのです。神は最終的には、正しく生きる者には良く報いてくださるのですから、神に信頼し、運・不運に惑わされず、忍耐していきましょう。神は公義(正しいこと)をなさる方です。

<<前回へ     次回へ>>

正木弥

正木弥(まさき・や)

1943年生まれ。香川県高松市出身。京都大学卒。17歳で信仰、40歳で召命を受け、48歳で公務員を辞め、単立恵みの森キリスト教会牧師となる。現在、アイオーンキリスト教会を開拓中。著書に『ザグロスの高原を行く』『創造論と進化論 〜覚え書〜 古い地球説から』『仏教に魂を託せるか』『ものみの塔の新世界訳聖書は改ざん聖書』(ビブリア書房)など。

【正木弥著書】
仏教に魂を託せるか 〜その全体像から見た問題点〜 改訂版
ものみの塔の新世界訳聖書は改ざん聖書
ザグロスの高原を行く イザヤによるクル王の遺産』(イーグレープ
創造論と進化論 〜 覚え書 〜 古い地球説から
なにゆえキリストの道なのか

【正木弥動画】
おとなのための創作紙芝居『アリエルさんから見せられたこと』特設ページ

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
フェイスブックで最新情報をお届けします
Facebookでシェアする Twitterでシェアする
関連タグ:正木弥

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。

記事の一つ一つは、記者が取材をして書き上げ、翻訳者が海外のニュースを邦訳し、さらに編集者や校閲者の手も経て配信しているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、サポーターとして(1,000円/月〜)、また寄付(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済(Paypal)で可能です。希望者には、週刊メールマガジンも送らせていただきます。サポーターや寄付の詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

  • 金額を選択:
  • 金額を選択:

コラムの最新記事 コラムの記事一覧ページ

主要ニュース

コラム

人気記事ランキング