ボンヘッファー研究の第一人者、村上伸氏召天

2017年12月5日04時58分 記者 : 雜賀信行 印刷
Facebookでシェアする Twitterでシェアする

村上伸(むらかみ・ひろし)氏(日本基督教団隠退教師、東京女子大学名誉教授)が11月23日、療養中の施設で召天した。87歳。告別式は、岐阜市の同盟福音基督教会芥見(あくたみ)キリスト教会の鴨下直樹牧師の司式により、家族のみで行われた。

ボンヘッファー研究の第一人者、村上伸氏召天
村上伸氏(写真:村上進氏提供)

1930年、福島県生まれ。軍人の父のもと、自らも陸軍幼年学校に入ったが、敗戦で価値観が崩壊する中、聖書に衝撃を受け、教会に通うようになる。

「《汝の敵を愛せよ》という言葉でした。私は、こんなに美しい言葉は聞いたことがないと思いました。それが新約聖書の一節であることを確かめると、翌日町の本屋に行って聖書を買い、読み始めたのです。それが、私の信仰の始まりでした」(『ボンヘッファー紀行』83ページ)

やがて献身して、東京神学大学時代には鈴木正久牧師(西片町教会)と出会った。また、ナチスによって処刑されたドイツの神学者ボンヘッファーの著書を読み始めたことから、生涯をその研究にささげることになる。

1955年、東京神学大学大学院修士課程修了後、日本基督教団安城教会の開拓伝道に7年間従事し、その後、74年まで岡崎教会の牧会に携わる。また66~68年、西ドイツ(ベルリン、ヴッパータール、ボン)に留学し、組織神学を専攻。74~78年、西ドイツに滞在して南西ドイツ福音主義教会世界宣教部研究主事を務めた。帰国後、78年から97年まで東京女子大学教授(キリスト教学)。1997年から代々木上原教会の初代牧師。2010年、80歳をもって牧師職を隠退した。

著書は、晩年に刊行した自伝の『良き力に守られて―一牧師の歩んだ道』(日本基督教団出版局)の他、『ボンヘッファー』(清水書院)、『あなたはどう生きるか―現代キリスト教倫理入門』(新教出版社)など、訳書は、E・ベートゲ『ボンヘッファー伝1』、『ボンヘッファー獄中書簡集』、カール・バルト『キリスト教倫理 Ⅲ 生への自由』(新教出版社)など多数。

村上氏の愛したボンヘッファーの言葉。

神はすべてのものから、最悪のものからさえも、善を生まれさせることができ、またそれを望まれるということを、私は信じる。(『ボンヘッファー獄中書簡集』12ページ)

この記事が気に入ったら「フォロー」しよう
フェイスブックで最新情報をお届けします

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。

記事の一つ一つは、記者が取材をして書き上げ、翻訳者が海外のニュースを邦訳し、さらに編集者や校閲者の手も経て配信しているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、サポーターとして(1,000円/月〜)、また寄付(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済(Paypal)で可能です。希望者には、週刊メールマガジンも送らせていただきます。サポーターや寄付の詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

  • 金額を選択:
  • 金額を選択:

社会の最新記事 社会の記事一覧ページ

主要ニュース

コラム

人気記事ランキング