「世の光」ラジオ牧師、羽鳥明氏召天 96歳

2017年4月11日20時47分 記者 : 雜賀信行 印刷
Facebookでシェアする Twitterでシェアする
+「世の光」ラジオ牧師、羽鳥明氏昇天 96歳
羽鳥明氏(写真:太平洋放送協会提供)
- 広告 -

「世の光」(太平洋放送協会=PBA)のラジオ牧師、大衆伝道者として活躍した羽鳥明(はとり・あきら)氏が10日午後3時25分に召天した。96歳だった。葬儀は17日(月)午後6時から、山崎製パン総合クリエイションセンター飯島藤十郎社主記念LLCホール(千葉県市川市市川3ー23ー27)で行われる。喪主は長男の栄氏。葬儀は太平洋放送協会、お茶の水クリスチャン・センター、福音伝道教団、ワールド・ビジョン・ジャパン、国際開発救援財団の協力で執り行われる。出棺式は18日(火)午前10時30分から近親者のみで。

1920年、群馬県高崎市で生まれる。36年、高崎中学(旧制)の同級生だった舟喜順一氏が軍事教練で「クリスチャンはいるか」と教官に言われたとき、名乗り出たのに驚き、舟喜氏の誘いで前橋キリスト教会に通うようになる。やがて、英国出身のマーガリット・バーネット宣教師に導かれて受洗。東京高等師範学校時代には二葉独立教会(現日本基督教団東中野教会)で由木康牧師のもと信仰生活を送った。

東京文理科大学(旧制)卒業後、教師となるが、徴集され軍隊で終戦を迎える。東京女子高等師範学校教師などを経て、前橋聖書学寮(現中央日本聖書学院)、米国のフラー神学校、スタンフォード大学院で学び、牧師となる。51年から57年間、ラジオを通して福音を語ってきた。また、舟喜氏らと聖書神学舎(現聖書宣教会)を設立し、初代校長を務める。著書に『今日の知恵明日の知恵』『今日の詩篇明日の詩篇』、自叙伝『イエスはわがいのち』などがある。74年、九州総伝道クリスチャン修養会で羽鳥氏が語った「福音を恥としない」というメッセージCDは大阪クリスチャンセンターで取り扱っている(06・6762・7701)。

この記事が気に入ったら「フォロー」しよう
フェイスブックで最新情報をお届けします

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。

記事の一つ一つは、記者が取材をして書き上げ、翻訳者が海外のニュースを邦訳し、さらに編集者や校閲者の手も経て配信しているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、サポーターとして(1,000円/月〜)、また寄付(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済(Paypal)で可能です。希望者には、週刊メールマガジンも送らせていただきます。サポーターや寄付の詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

  • 金額を選択:
  • 金額を選択:

社会の最新記事 社会の記事一覧ページ

主要ニュース

コラム

人気記事ランキング