三浦綾子の夫・光世氏召天 90歳

2014年10月31日12時00分 印刷
Facebookでシェアする Twitterでシェアする
+三浦綾子の夫・光世氏召天 90歳
三浦光世氏(2006年)
- 広告 -

三浦綾子の夫であり、三浦綾子記念文学館館長の三浦光世氏が、30日午後9時46分、敗血症のため北海道旭川市の旭川リハビリテーション病院で召天した。90歳だった。共同通信などが伝えた。

1924年、東京都目黒区生まれ。3歳の時に一家で北海道に移住。旭川営林局(当時)に勤務していた59年、キリスト教同人誌をきっかけに出会った、同じ旭川に住む綾子氏と結婚した。

64年に朝日新聞の1000万円懸賞小説に綾子氏の『氷点』が1位入選。執筆するよう勧めたのも、題名を考えたのも光世氏だった。入選を機に、本格的な執筆活動に入った綾子氏を、公私にわたるパートナーとして支援した。

67年の『塩狩峠』執筆途中から、筆記困難になった綾子氏に代わり、光世氏が口述筆記をする形で、共に数多くの作品を生み出した。新しい著作が出るごとに、綾子氏は感謝の気持ちを書籍に書き添えて、光世氏に贈っていたという。綾子氏にとって、光世氏はまさに「神から賜った愛する夫」であった。

99年に綾子氏が天に召した後も、三浦綾子記念文学館館長の働きを通して、「三浦文学」を支えた。著書は、エッセー『綾子へ』、歌集『三浦光世集−吾が妻なれば』ほか多数。

この記事が気に入ったら「フォロー」しよう
フェイスブックで最新情報をお届けします

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。

記事の一つ一つは、記者が取材をして書き上げ、翻訳者が海外のニュースを邦訳し、さらに編集者や校閲者の手も経て配信しているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、サポーターとして(1,000円/月〜)、また寄付(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済(Paypal)で可能です。希望者には、週刊メールマガジンも送らせていただきます。サポーターや寄付の詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

  • 金額を選択:
  • 金額を選択:

社会の最新記事 社会の記事一覧ページ

主要ニュース

コラム

人気記事ランキング