闇から光へ~的外れからの解放~(46)新日の取材拒否 佐伯玲子

2017年11月20日07時38分 コラムニスト : 佐伯玲子 印刷
Facebookでシェアする Twitterでシェアする
関連タグ:佐伯玲子

元夫Aに突然大声で怒鳴られて以来、幼少期の「トラウマ」がよみがえり、「この人も、何で怒るか分からない怖い人かも」という思いが芽生えました。職業柄、暴力はありませんでしたが、言葉で傷付けられることや、独特の価値観で振り回されることがしばしば起きてきました。それでも、「2人で先祖の墓参りをした結果、結婚できたのだから大丈夫」という自信があり、「離婚」などまったく考えてもいませんでした。

ファイターというものは、「独自の常識」を持っているのだろうし、何より、「私の常識」を理解してくれるところもあったので、「持ちつ持たれつだ」と深く悩むまでには至りませんでした。しかし、「X」の教理に従い、熱心に「墓参り」(先祖崇拝・偶像礼拝)をしていたことは、「天の父」の恵みから外れた道へと、どんどん進ませていきました。

1996年、新日本プロレス(以下、新日)が、S誌(プロレス専門誌)を取材拒否する事態が起きたとき、「X神」が私たちの関係にヒビを入れようと罠(わな)を仕掛けてきたと思わせる出来事がありました。

「独占!女の60分」(テレビ朝日) でお世話になった、ジャガー横田さん、バイソン木村さん、「ピーターパン」で共演以来交流があったライオネス飛鳥さんが「雷神隊(ライディーン・アレイ)」を結成し、吉本女子プロレスより本格復帰することになり、その試合にご招待を受けて観戦に行った日でした。

通されたVIPルームで、当時のS誌編集長T氏の奥様N夫人と初めて対面したのです。時が時でしたから、ごあいさつだけ、と思ったのですが、N夫人は、とてもフレンドリーに接してくださり、「公の事情は私たちには関係ないから」とも言われたので、私も心を許し打ち解けていきました。

しばらくたった頃、N夫人が「取材拒否」の話題をさりげなく出してきました。本当に軽い世間話のように、時にギャグを交えながら振ってきたので、私もつい「芸人魂」が顔を出し「まあ、それはどーもスミマセ~ン♪・・・って、私は全然関係ないですけどね(笑)」と、下手なオチを口走ってしまったのです。その場は、それで笑って終わりました。

ところが数日後、「新日の役員C氏が『Aの嫁が勝手にSプロに謝りに行きやがった!何様のつもりだ!』とひどく怒っている」と、K選手夫人から聞きました。N夫人がS誌編集部に出向き、「A選手の奥さんが私のところにわざわざごあいさつに来て、『取材拒否の件、本当に申し訳ありません』って謝ってくれたのよ~♪」と得意気に話された、というのです。まさに「違うだろぉ~!違うだろぉ~!」です。

「こうやって、欲しいコメントを引き出したのか・・・」とショックでした。とはいえ、ギャグであっても、言ってしまったことは事実。深く反省し、「絶対怒られる」覚悟でAに話しました。ところが、怒るどころか、私を心配し、すぐC氏に電話を入れ、私のことをかばい、必死で釈明してくれたのです。

C氏も「酔っていたとはいえ、事実確認もせず、いろんな関係者のいる席で言い過ぎた」と思われたようで、その後は何事もなく普通に接してくださいました。この事件?で、私たちの夫婦関係にヒビが入るどころか、かえって絆が深まったようにさえ感じました。しかし、当時まだ「X神」の掌中にいた私は、さらなる事態へと引っ張られていくのです。

<<前回へ     次回へ>>

佐伯玲子

佐伯玲子(さえき・れいこ)

愛知県豊田市出身。名古屋造形芸術短期大学造形芸術科プロダクトデザインコース卒業後、役者を目指し上京。幼少より得意だった物まねを生かし、ホリプロお笑い部門第1期生として、バラエティーやドラマ、舞台などで活動。結婚後は、プレイヤーの他、脚本、演出、プロデュースといった制作活動を行う。26歳の時に出会ったカルトの洗脳により、離婚、度重なる病やけがで、生命危機一髪の2012年秋、イエス・キリストに出会い、22年間に及ぶカルト洗脳から救われる。2015年春より、神様から賛美を使って歌って踊るエクササイズ「賛美クス」を与えられ、フィットネスを通した伝道を行っている。教会はもちろん、ノンクリスチャンの人たちに、賛美の「力」と「神様に感謝をささげることの喜び」を、ステージパフォーマンスやレッスンを通して発信している。「主イエスの恵み教会」所属。

B.B Wonderland公式サイト

この記事が気に入ったら「フォロー」しよう
フェイスブックで最新情報をお届けします
関連タグ:佐伯玲子

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。

記事の一つ一つは、記者が取材をして書き上げ、翻訳者が海外のニュースを邦訳し、さらに編集者や校閲者の手も経て配信しているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、サポーターとして(1,000円/月〜)、また寄付(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済(Paypal)で可能です。希望者には、週刊メールマガジンも送らせていただきます。サポーターや寄付の詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

  • 金額を選択:
  • 金額を選択:

コラムの最新記事 コラムの記事一覧ページ

主要ニュース

コラム

人気記事ランキング