闇から光へ~的外れからの解放~(41)講演会に参加 佐伯玲子

2017年9月11日06時18分 コラムニスト : 佐伯玲子 印刷
Facebookでシェアする Twitterでシェアする
関連タグ:佐伯玲子

「月に行ってきた! 私は現世のかぐや姫。前世で成し遂げられなかった天地の法則【地の教え(墓信仰)】を説き、世に広める使命を果たすために転生した・・・」と語るX教祖Y氏は、Xをもっと世に普及するために某有名ホテルでの「ディナー講演会」開催を決め、準備を始めました。

またこの頃、「悪魔の数『666』の反対『999』は、救世主の数だ」と語り、Xでは「18」に続き「999」がブームになりました。これがきっかけで『銀河鉄道999』を知ったY氏は、「私は、メーテル的働きをする存在だ」とも言い、黒のコスチュームを着て(白版も持っていました!)、メッセージをすることもありました。

また、「原作者の松本零士氏は、その名の通り、深夜『0時』になると啓示を受け、漫画を描いている」という情報や、メーテルの母、プロメシュームの話とされている【千年女王】のサブタイトルが、「新竹取物語」と書かれていることに着目し、「X神が、松本氏の漫画を通してX信仰を世に伝えようとしている。松本氏もまた、『神様(X)』に選ばれた方」と言って、「千年女王(プロメシューム)は私のことだ」という展開になっていきました。

Y氏いわく、「男性の救世主が現れるのは500年に1度。イエス・キリストも釈迦も、500年に1度の存在で、2人の時代は『天の教え(心の教え)』だけを説けば救われた。が、人が勝手な都合で『地の気』を狂わせる今の時代には、『地の教え』を説く救世主が必要。それは女性であって、2千年に1度しか誕生しない稀有(けう)な存在。それが私(なんと千年女王の倍(:*▽*;))。それほど、この世は病んでいる。人のがん以上に、地球のがんを治すこと、それが本当の使命」と、語る規模もどんどん大きくなっていきました。

さらに、手塚治虫原作『火の鳥』の中に、墓から虹色の光線が真っすぐ天に向かって伸びていき、その光が1つになって火の鳥に変わるシーンを見つけると、「これは、まさにXの教え(墓のパワーのすごさ)を立証する作品だ!」と大絶賛!! こうして、講演会のための資料が、1つ、また1つと増えていきました。

「ディナーを楽しみながらの講演会なら、Aも参加しやすいかもしれない。私が信じているものを理解してもらえたら」と、Xのことを打ち明ける機会をうかがっていたとき、ちょうど心霊体験やスピリチュアルの話題になりました。

「巡業先のホテルで、よく金縛りに遭う」に、「これは良いタイミングだ!」とXのことを伝えると、今まで聞いたことのない教えにAはとても興味を示し、「講演会に参加したい」と言いました。職業柄、常に危険と背中合わせであることから、Aに限らず、多くの選手は何かしらの「神」を信仰していました。それで、あまり抵抗感なく、すんなりと受け入れたのです。

そして、2人で講演会に参加したのをきっかけに、私たち家族に対するXからの影響は、ますます大きくなっていきました。(つづく)

<<前回へ     次回へ>>

佐伯玲子

佐伯玲子(さえき・れいこ)

愛知県豊田市出身。名古屋造形芸術短期大学造形芸術科プロダクトデザインコース卒業後、役者を目指し上京。幼少より得意だった物まねを生かし、ホリプロお笑い部門第1期生として、バラエティーやドラマ、舞台などで活動。結婚後は、プレイヤーの他、脚本、演出、プロデュースといった制作活動を行う。26歳の時に出会ったカルトの洗脳により、離婚、度重なる病やけがで、生命危機一髪の2012年秋、イエス・キリストに出会い、22年間に及ぶカルト洗脳から救われる。2015年春より、神様から賛美を使って歌って踊るエクササイズ「賛美クス」を与えられ、フィットネスを通した伝道を行っている。教会はもちろん、ノンクリスチャンの人たちに、賛美の「力」と「神様に感謝をささげることの喜び」を、ステージパフォーマンスやレッスンを通して発信している。「主イエスの恵み教会」所属。

B.B Wonderland公式サイト

この記事が気に入ったら「フォロー」しよう
フェイスブックで最新情報をお届けします
関連タグ:佐伯玲子

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。

記事の一つ一つは、記者が取材をして書き上げ、翻訳者が海外のニュースを邦訳し、さらに編集者や校閲者の手も経て配信しているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、サポーターとして(1,000円/月〜)、また寄付(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済(Paypal)で可能です。希望者には、週刊メールマガジンも送らせていただきます。サポーターや寄付の詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

  • 金額を選択:
  • 金額を選択:

コラムの最新記事 コラムの記事一覧ページ

主要ニュース

コラム

人気記事ランキング