トピックス 九州豪雨  宗教改革500年  聖書翻訳  同性愛  沖縄  

闇から光へ~的外れからの解放~(36)Xの亀さん 佐伯玲子

2017年7月3日07時44分 コラムニスト : 佐伯玲子 印刷
Facebookでシェアする Twitterでシェアする
関連タグ:佐伯玲子

レギュラーの仕事をすべて失い、アルバイト生活を余儀なくされていた頃・・・Xでは、新たなムーブメントが起こっていました。

それは、Y氏がタイで出会ったS青年の来日で始まりました。何でも、Y氏とS青年が握手を交わした瞬間・・・「バチッ!」と音を立てて電流が走り、突然、S青年が踊り始めたというのです。

彼は踊りの経験がないのに、とても優雅で美しい舞いを披露したそうで、「これは、X神がいかに素晴らしい神であるかを表現している"観音舞”だ」とY氏が絶賛し、信者たちに見せるため、タイから呼び寄せたのです。また、「前世で生き別れになった息子」ということで、それ以来、S青年は何度も来日しました。

ある日の満月の夜・・・信者たちが見守る中、S君が外で踊っていたとき、踊りに共鳴した数人の信者が、ある人は鶴、ある人は亀のようになって次々と踊り出したのです! かなり異様な光景でありました( ̄▽ ̄;)・・・「彼らはX神の証明役として選ばれた人たちだ」とY氏が言ってから、「自分は特別だ!他の信者より優れている!」という態度を、亀さん、鶴さんたちは次第に取り始めるようになっていきました。

中でも、親しくなり始めていた亀さんは、「私は玲子ちゃんの事なら何でも分かる!」と言い出し、私の仕事やプライベートにドンドン入り込んで、私のすべてを管理しようとしました。亀さんは、会ったこともない私の友達や仕事仲間が、「陰であなたの悪口を言っている」「陥れようとたくらんでいる」・・・そして、「私には何でも見える!聞こえる!」「彼らとは付き合うな!」と言ってきました。「従わないと、″黒い″波動を送ってやる!」とも。

また、「お金に困っているなら、私の実家の店を手伝わせてあげる」と、強引にアルバイトを決めてしまいました。本当の理由は、自分が手伝いたくなかったからでした。とはいえ、少しでも収入が増えることはありがたかったので、助かったのも事実です。家族の皆さんからは、お洋服を頂いたり、手作りのお惣菜を分けていただいたりと、とても親切にしていただきました。

すると、今度はそれが面白くなかったようで、「玲子ちゃんが勝手に、店の冷蔵庫からおかずを持ち帰る」「玲子ちゃんの″心の口″が、ベラベラ悪い事をしゃべっている!」、挙げ句・・・「私の実家から、無理矢理お金を36万円も借りて返さない!」という、根も葉もないうそをでっち上げました(´Д`|||)

真に受ける人ばかりではありませんでしたが、「亀さんは特別な人」と一目置いていた人たちは、急に私を避けるようになりました。紙面では語り切れないほど、たくさんのつらい思いをしましたが、耐えて付き合っていたのは、Xとの縁が切れてしまうことへの恐れと不安からでした。「神様、助けてください!」と、心の奥底で、亀さんに心を読まれないようにビクビクしながら祈っていました。

すると・・・1つのチャンスが訪れました! ニッポン放送でお世話になっていたFプロデューサーから、ラジオドラマのオファーを頂いたのです! 鶴光師匠の番組を降板してからも、ずっと気に掛けてくださっていた方でした。なんと、私の原案、主演というものでした!

脚本は、後に数々の舞台、テレビドラマの脚本家として活躍される「吉田玲子」さん。ストーリーは、少女歌劇団への夢破れ、友達にも裏切られ、自暴自棄になって荒んだ生活をしていた18歳の少女が、女子プロのスターレスラーに見いだされ、女子プロの世界で夢をかなえていく・・・というものでした。

キャスティングにも参加させていただき、出演者にプロレス界から「佐々木健介」さん(当時、新日本プロレス)、「井上貴子」さん(当時、全日本女子プロレス)他、多くの現役スターレスラー陣がズラリ! さらに「アニマル浜口」さん、「ジャガー横田」さんらレジェンドの面々・・・芸能界からは、仲良しの「岩間沙織」ちゃん(元セイントフォー)、芸人の先輩で落語家の「春風亭昇太」師匠といった、豪華メンバーが勢ぞろいしてくださったのです!

これは、イエス様からの励ましのギフトだったと思います♪・・・ご自分の御元にまだ来ていない者にも、良いものを与え、苦しみの中から脱出できる道を必ず備えてくださる・・・その愛を思っただけで胸が熱くなり、涙が溢れてきます。

そして・・・このラジオドラマ「美しきファイター」こそ、夫Aとの出会いのきっかけとなったのです!(つづく)

<<前回へ     次回へ>>

佐伯玲子

佐伯玲子(さえき・れいこ)

愛知県豊田市出身。名古屋造形芸術短期大学造形芸術科プロダクトデザインコース卒業後、役者を目指し上京。幼少より得意だった物まねを生かし、ホリプロお笑い部門第1期生として、バラエティーやドラマ、舞台などで活動。結婚後は、プレイヤーの他、脚本、演出、プロデュースといった制作活動を行う。26歳の時に出会ったカルトの洗脳により、離婚、度重なる病やけがで、生命危機一髪の2012年秋、イエス・キリストに出会い、22年間に及ぶカルト洗脳から救われる。2015年春より、神様から賛美を使って歌って踊るエクササイズ「賛美クス」を与えられ、フィットネスを通した伝道を行っている。教会はもちろん、ノンクリスチャンの人たちに、賛美の「力」と「神様に感謝をささげることの喜び」を、ステージパフォーマンスやレッスンを通して発信している。「主イエスの恵み教会」所属。

B.B Wonderland公式サイト

この記事が気に入ったら「フォロー」しよう
フェイスブックで最新情報をお届けします
関連タグ:佐伯玲子

関連記事

コラムの最新記事 コラムの記事一覧ページ

主要ニュース

コラム

人気記事ランキング