トピックス 九州豪雨  宗教改革500年  聖書翻訳  同性愛  沖縄  

闇から光へ~的外れからの解放~(38)運命の木曜日 佐伯玲子

2017年7月31日07時25分 コラムニスト : 佐伯玲子 印刷
Facebookでシェアする Twitterでシェアする
関連タグ:佐伯玲子

「私にもAさんを紹介してください!」。新日本プロレス関係者N氏との打ち合わせ中、Aの話になり、「女性ディレクターに、彼を紹介しようと考えている」と言われた瞬間、不意に口を突いて飛び出しました。柄にもなく大胆な発言を放ってしまったのです!

すると、「じゃあ、今度の木曜日、皆で食事するからおいでよ」と、今までとは一転、すぐ会う機会ができてしまったのです! 立て続けに会う機会を逃すことがなかったら、こんな大胆発言をすることもなかったと思います。一連の流れにおいて、「見えない世界の力」が働いていたのかもしれません。

「運命の木曜日」までは1週間もありませんでした。「少しの期間しかなくても、頑張って、ちょっとでもきれいになりたい!」と思うのが“乙女心”・・・そこで、肩より長かった髪をバッサリ! 超ベリーショートにしたのです。失恋したときに髪を切る、と言いますが(^_^;)私の場合は「新しい始まり」を予感して、でした。

食事会当日、天候は小雨・・・。集合場所の四谷駅に現れたAは、黒のライダース・ジャンパーのファスナーを上までキッチリ締め、派手なドレッドヘアにミスマッチな、インテリ系の銀ブチメガネ・・・と、ツッコミどころ満載の出で立ちでした(笑)。自己紹介もしないまま、とりあえず予約を入れた店へと向かいました。

その時、傘を持っていなかったAに、自然と私が差し掛ける形になりました。とてもシャイで口数の少ない人だと聞いていた通り、非常に恐縮して、話し掛けてくる気配も、目線が合うこともないまま、しばらく歩きました。そこで、会話のきっかけを作ろうと、「目の方は大丈夫ですか?」と聞くと、「えっ?! あぁ、はい・・・ 」と、ちょっと驚いた様子で答えたものの、再び無言・・・そこで、「舞台の千秋楽をN君たちが見に来てくれたとき、目の検査で病院に行かれたと伺っていたものですから。ご回復されてるようでよかったです」と言ったときでした。Aが突然、「えっ?! えっ!?・・・えっ?!舞台?! もしかして、あなたが佐伯玲子さん?!」と、驚いたように私の顔を見るではありませんか!

「はい、そうですけど・・・」「えーーーっ!! ウソ!! 本当に佐伯玲子さんなの??!! 想像していた人と全然違う!!」。シャイで無口なキャラはどこへやら、「俺、もっとブル中野みたいにデッカくて怖い人だと思ってた~(マジマジと私の顔を何度も見返しながら)・・・こんなきれいな人だとは、思ってなかったなぁ~」と、こちらが恥ずかしくなるような大胆発言を繰り出したのです!

実は・・・Aは、私が出演していた「鶴光の噂のゴールデンアワー」(ニッポン放送)のファンで、私のことをよく知っていたのです! しかし、私がテレビによく出ていた頃に、武者修行で海外遠征に行っていたので、顔は知らなかったのです。帰国後、合宿所を出てしばらくの間、実家の千葉から上野毛の道場まで通う車中で、いつも番組を聞いていたそうで、番組内で鶴光師匠が「大魔神玲子」「チェーン持って暴れております」と紹介し、女子レスラーキャラだったことに加え、当時は忙しさで声を潰し、女版「ラッシャー木村」声だったことがよく合って、Aの想像の中で、私は「ものすごいモンスター」と化していたのです(笑)!

「今日、佐伯玲子が来るって聞いていたのに、いないじゃないか!」と、残念に思っていたというのです(^_^;)・・・ありがたい「プラス効果」でした。下手に「きれいな人」などと、お世辞で過大宣伝されていたら、引き算、引き算、また引き算になっているところでした(^0^;)「神様。私をAさんの想像の世界で“モンスター”にしてくださり、ありがとうございます!!」と、感謝したものでした♪

1次会で隣同士に座った私たちは、演劇の話題で盛り上がりました。特に「つかこうへい」作品が好きで、よく見に行っていたらしく、近々上演される事務所の先輩「伊藤かずえ」さんが出演する「宮本亜門」演出の舞台を、一緒に観劇に行こうという話にまで発展しました。想像もし得なかった急展開に、驚く間もなく2次会へ。そこはオシャレなカラオケルーム・・・私は、芸人の「性(さが)」を炸裂(さくれつ)させる出来事を、つい、やってしまったのです!! (つづく)

<<前回へ     次回へ>>

佐伯玲子

佐伯玲子(さえき・れいこ)

愛知県豊田市出身。名古屋造形芸術短期大学造形芸術科プロダクトデザインコース卒業後、役者を目指し上京。幼少より得意だった物まねを生かし、ホリプロお笑い部門第1期生として、バラエティーやドラマ、舞台などで活動。結婚後は、プレイヤーの他、脚本、演出、プロデュースといった制作活動を行う。26歳の時に出会ったカルトの洗脳により、離婚、度重なる病やけがで、生命危機一髪の2012年秋、イエス・キリストに出会い、22年間に及ぶカルト洗脳から救われる。2015年春より、神様から賛美を使って歌って踊るエクササイズ「賛美クス」を与えられ、フィットネスを通した伝道を行っている。教会はもちろん、ノンクリスチャンの人たちに、賛美の「力」と「神様に感謝をささげることの喜び」を、ステージパフォーマンスやレッスンを通して発信している。「主イエスの恵み教会」所属。

B.B Wonderland公式サイト

この記事が気に入ったら「フォロー」しよう
フェイスブックで最新情報をお届けします
関連タグ:佐伯玲子

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。

記事の一つ一つは、記者が取材をして書き上げ、翻訳者が海外のニュースを邦訳し、さらに編集者や校閲者の手も経て配信しているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、サポーターとして(1,000円/月〜)、また寄付(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済(Paypal)で可能です。希望者には、週刊メールマガジンも送らせていただきます。サポーターや寄付の詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

  • 金額を選択:
  • 金額を選択:

コラムの最新記事 コラムの記事一覧ページ

主要ニュース

コラム

人気記事ランキング