闇から光へ~的外れからの解放~(45)夫婦関係の闇 佐伯玲子

2017年11月6日07時12分 コラムニスト : 佐伯玲子 印刷
Facebookでシェアする Twitterでシェアする
関連タグ:佐伯玲子

「阪神淡路大震災」「オウム真理教・地下鉄サリン事件」と、私たちが結婚した年は波乱に満ちていました。「富士山の裾野にオウム真理教の教団施設がある」と知ったX教祖Y氏は、「神聖なる富士山を浄(きよ)めに行く」と、側近信者を伴い、大量の観音ペンダントと浄めグッズ(金&緑の観音カードセット、波動塩、御神酒、波動米)を手に、青木ヶ原樹海から富士山火口を巡りました。浄めグッズと一緒に、18金とプラチナの観音ペンダントを樹海の至る所に埋め、火口には次々と投げ入れました。

すると数日後、某新聞のカラーページに、「富士山火口に『虹』がかかっている写真」が大きく掲載されたのです。それを見たY氏は、「神様から浄められたというサインね。これから大きな『浄化』が始まる!」と言いました。

すると間もなくして(1995年5月16日)、ついに、オウム真理教施設「第6サティアン」(山梨県上九一色村)に警視庁が踏み込み、教祖・麻原彰晃こと松本智津夫死刑囚を逮捕したのです。それから徐々に、オウム真理教事件は終息へと向かっていきました。私は、「Y氏のお浄め効果だ」と感動しました。

また、「樹海でY氏が浄めた場所で祈る姿を撮影した写真に、『竜の形をした太い火柱』が写し出されました。Y氏は、「この写真からは、すごい波動が流れている。背骨の部分に敷いて寝ると健康になる!」と言い、大きく拡大したもの(1枚5千円) が販売され、私たちも購入し、敷いて寝ました。以前に、「観音カードを、布団の四隅と中央に貼って眠ると体が癒やされる」と言われ、すでにカードが貼り付けられていたところに、さらに大きな「竜とY氏のツーショット写真(約A3サイズ)」も貼り付けられた私たちの敷布団は、かなり異様だったと思います。

当時、「竜は神の使いで良いもの」だと信じていました。しかし、聖書で「竜」は、悪魔(サタン)だと記されています。「こうして、この巨大な竜、すなわち、悪魔とか、サタンとか呼ばれて、全世界を惑わす、あの古い蛇は投げ落とされた。彼は地上に投げ落とされ、彼の使いどもも彼とともに投げ落とされた」(黙示録12:9)。これを知ったときには、「私は毎晩『悪魔』と一緒に寝ていたのか!」と、ゾッとしました。他にも竜が付いたものを随分持っていましたが、見つけ次第処分していきました。ちなみに、「ブルース・リー」(燃えよ!ドラゴン)の大ファンでもありました(;゜∇゜)。

そのように、間違った信仰を深めていくうち、私たちの夫婦関係に少しずつ「闇」が立ち込め始めました。ある日、2人で出掛ける支度をしていたときでした。夫Aに「ベルトを知らないか?」と聞かれ、自分の支度で忙しかった私は、「その辺にあるんじゃない?」と軽く答えました。それでも見付けられず再び聞いて来たAに同じ返事を繰り返すと、突然「どこにあるんだよ!!!」と、ものすごい剣幕(けんまく)で怒鳴りつけられたのです。

私は恐怖ですくみ上がりました。イライラしていたとしても、あまりに異常な怒り方に、まるで落雷に遭ったようでした。私は、男性の良く通る大きな怒鳴り声にトラウマがあるのか、子どもの頃、似た状況で父に大声で怒鳴られた記憶がフラッシュバックし、体がガタガタと震え、心臓がドキドキして、それから怖くて逆らえなくなってしまいました。

その事がきっかけとなって、「この人は、何で怒るか分からない怖い人」という「恐れ」の感情が生まれ、少しずつ「支配する者・される者」といった「主従関係」のような構図が築かれていったのです。

<<前回へ     次回へ>>

佐伯玲子

佐伯玲子(さえき・れいこ)

愛知県豊田市出身。名古屋造形芸術短期大学造形芸術科プロダクトデザインコース卒業後、役者を目指し上京。幼少より得意だった物まねを生かし、ホリプロお笑い部門第1期生として、バラエティーやドラマ、舞台などで活動。結婚後は、プレイヤーの他、脚本、演出、プロデュースといった制作活動を行う。26歳の時に出会ったカルトの洗脳により、離婚、度重なる病やけがで、生命危機一髪の2012年秋、イエス・キリストに出会い、22年間に及ぶカルト洗脳から救われる。2015年春より、神様から賛美を使って歌って踊るエクササイズ「賛美クス」を与えられ、フィットネスを通した伝道を行っている。教会はもちろん、ノンクリスチャンの人たちに、賛美の「力」と「神様に感謝をささげることの喜び」を、ステージパフォーマンスやレッスンを通して発信している。「主イエスの恵み教会」所属。

B.B Wonderland公式サイト

この記事が気に入ったら「フォロー」しよう
フェイスブックで最新情報をお届けします
関連タグ:佐伯玲子

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。

記事の一つ一つは、記者が取材をして書き上げ、翻訳者が海外のニュースを邦訳し、さらに編集者や校閲者の手も経て配信しているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、サポーターとして(1,000円/月〜)、また寄付(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済(Paypal)で可能です。希望者には、週刊メールマガジンも送らせていただきます。サポーターや寄付の詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

  • 金額を選択:
  • 金額を選択:

コラムの最新記事 コラムの記事一覧ページ

主要ニュース

コラム

人気記事ランキング