ビジネスマンから牧師への祝福された道(74)どのように社内に福音を伝えるか 門谷晥一

2017年11月20日07時05分 コラムニスト : 門谷晥一 印刷
Facebookでシェアする Twitterでシェアする
関連タグ:門谷晥一

こんな時にどうするQ&A 聖書的原則と私の体験(21)
どのように社内に福音を伝えるか

すべてのキリスト者には、仕事への召しおよび証しと宣教への召しが与えられている。従って、仕事の場において福音を伝えることは、してもしなくても良いことではなく、しなければならないことなのである。Ⅱテモテ4:2に「みことばを宣べ伝えなさい。時が良くても悪くてもしっかりやりなさい。寛容を尽くし、絶えず教えながら、責め、戒め、また勧めなさい」とある通りである。しかし、多くの企業では、仕事の場で福音を公に伝えることを禁じている。従ってそこでは、キリスト者という立場の明確さやキリスト者としての生き方などを通して福音を伝えること、また私的に福音を伝えることが必要となる。

日本のキリスト者は、仕事の場で自分の立場を明確にしない、いわゆる隠れキリシタン状態であることが多いように思う。私は仕事の場で公に福音を伝えることができなくても、キリスト者としての立場を明確に伝えることは可能であると思うし、そうすべきであると思う。そうでなければ、周囲に福音を伝える機会が限定されてしまうからである。

私自身は仕事の場で、自分がキリスト者であることをオープンに明言してきたので、上司をはじめ周囲の者は皆、私がキリスト者であることを知っていた。そのことによって、自分の行動は果たして主を証ししているのか、自分は生活伝道をしているのか、という自己への問い掛けがいつもあり、仕事の場でキリスト者として生きていく自覚が徐々に形成されていった。そしてそのことが、会社における自分の行動の起点となった。

例えば、上司と意見が合わないとき、上司が理不尽なときなど、上司に従えないと思う場合が多くあった。しかし、御言葉によって上司に従うことができるように導かれ、良い人間関係を維持することができた。また人の上に立って仕事をするときが多くあったが、御言葉に倣い、仕えるリーダーシップが持てるように、また人を支配したくなる思いから解放されるように心掛けた。人を評価するとき、どのように公平に評価すればよいか、いつも私情を一切捨てさせてください、結果は公平な評価になっているでしょうかと、主に祈り求めた。所属教会でセルの活動が始まったときから、会議や部下の方々との関係をセル的な雰囲気で行うように努めた。

個人伝道に関しては、お昼の食事の時、部下の方と出張に行った時、宴会の時などによく証しをした。仕事の場で知り合ったある方とは、会社の出張の時にした証しがきっかけとなり、一緒に聖書の勉強会を持つようになった。彼とは、仕事が終わった後、2人で約2時間の聖書の学びを約60回持ったが、幸いなことに彼は救われ、現在熱心に教会に通い、その教会の執事をしておられる。

《 参考文献を表示 》 / 《 非表示 》

<<前回へ     次回へ>>

門谷晥一

門谷晥一(かどたに・かんいち)

1943年生まれ。東京大学工学部大学院修士課程卒業。米国ミネソタ州立大学工学部大学院にてPh.D.(工学博士)取得。小松製作所研究本部首席技監(役員待遇理事)などを歴任。2006年、関西聖書学院本科卒業。神奈川県厚木市にて妻と共に自宅にて教会の開拓開始。アガペコミュニティーチャーチ牧師。著書に『ビジネスマンから牧師への祝福された道―今、見えてきた大切なこと―』(イーグレープ)。

【門谷晥一著書】(Amazon)
【門谷晥一著書】(イーグレープ)

この記事が気に入ったら「フォロー」しよう
フェイスブックで最新情報をお届けします
関連タグ:門谷晥一

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。

記事の一つ一つは、記者が取材をして書き上げ、翻訳者が海外のニュースを邦訳し、さらに編集者や校閲者の手も経て配信しているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、サポーターとして(1,000円/月〜)、また寄付(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済(Paypal)で可能です。希望者には、週刊メールマガジンも送らせていただきます。サポーターや寄付の詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

  • 金額を選択:
  • 金額を選択:

コラムの最新記事 コラムの記事一覧ページ

主要ニュース

コラム

人気記事ランキング