日本基督教団信徒の服部良一氏、社民党公認候補で大阪9区から出馬

2017年10月11日06時33分 記者 : 守田早生里 印刷
Facebookでシェアする Twitterでシェアする
関連タグ:日本基督教団
+日本基督教団信徒の服部良一氏が社民党公認候補として大阪9区から出馬
日本基督教団信徒の服部良一氏
- 広告 -

クリスチャンの服部良一氏(67、元)が大阪9区から社民党公認候補として出馬した。社民党から立候補するキリスト者は他に、東京21区から出馬した日本基督教団牧師の小糸健介氏がいる。

社民党は、1996年に改称する前は日本社会党だったが、社会党には歴史的に有名なクリスチャンがいる。その初代委員長で第46代内閣総理大臣(1947~48年)の片山哲(てつ、1887~1978)が日本基督教団富士見町教会に所属するクリスチャンだった。また、「十字架委員長」と呼ばれた河上丈太郎(1889~1965)、その長男である河上民雄(1925~2012)も同教団銀座教会会員。河上民雄の秘書でその地盤を受け継いだ土肥隆一(1939~2016)は、東京神学大学出身の同教団和田山地の塩伝道所の牧師だ。11代委員長の田邊誠(1922~2005)もクリスチャン。そして、「キリスト新聞」の創始者である賀川豊彦(1888~1960)も日本社会党の結成に参画した。

混戦が予想される今回の衆議院議員選挙。9月25日に安倍晋三首相が突然、衆院解散の意向を表明したことから始まり、小池百合子東京都知事率いる希望の党が旗揚げしただけでなく、野党第一党だった民進党が事実上分裂して希望の党へ合流し、そこから「排除」されたリベラル系議員が立憲民主党を結成するなど、過去に例を見ないほど混乱している。

服部氏は最初、大阪3区(大正区、住之江区、住吉区、西成区)の社民党公認候補に内定していたが、社民党が共産党と選挙協力を行うため、大阪9区に選挙区が変更された。大阪3区から立候補する共産党の渡部結(わたなべ・ゆい)氏(36、新)を社民党が推薦し、大阪9区に移った服部氏を共産党が推薦する。服部氏は他に立憲民主党、自由党、緑の党、新社会党からの推薦も受け、野党共闘となる。

大阪9区(池田市、茨木市、箕面市、豊能郡)には、服部氏の他、自民党の原田憲治氏(66、前、3期)、維新の党の足立康史氏(49、前【復】、2期)が立候補している。前回の第47回衆議院議員総選挙では原田氏が公明党の推薦を受けて9万5667票で当選。足立氏とは4267票差だった。前々回の第46回(2012年)では、橋下徹氏の日本維新の会ブームもあり、足立氏が10万4015票を獲得して当選。原田氏に1万4344票の差を付けた。第47回では共産党の垣田千恵子氏が3万1165票で落選している。

服部氏の元秘書だった芦澤(あしざわ)礼子さんは言う。

「服部さんは博愛主義。『損か得か』を基準に行動することはありません。そんなところが尊敬できるところでもあり、キリスト者らしいと思っています」

服部氏は1950年、福岡県八女(やめ)市生まれ。69年に京都大学法学部に入学し(後に中退)、71年、大阪に移住している。2009年の第45回衆議院議員総選挙で比例近畿ブロック単独で立候補し、初当選を果たした(~12年、1期)。国対副委員長、外務委員、海賊・テロ特別委員、議院運営委員に就任。12年には、第46回総選挙に再び比例近畿ブロック単独で立候補し、落選した。14年、第47回総選挙に大阪8区と比例近畿ブロックから重複立候補したが落選。現在、社民党国際局長としてアジアや世界を飛び回り、社民党大阪府連代表も務める。

服部氏は1968年、日本基督教団筑後福島教会(八女市)で松富勲牧師(1908~2005)から洗礼を受けた。松富牧師は神戸の中央神学校(改革派)を卒業し、41~79年まで38年間、筑後福島教会の牧師を務めた。現在、同教会の牧師は、東京神学大学出身の村本新日(しんにち)氏。

服部氏の好きな聖句は、「汝の敵を愛せよ」(マタイ5:44参照)。

徹底した現場主義を貫き、労働問題、人権、基地、エネルギー、脱原発、平和運動を行う各種団体の活動に参加。また最近では、森友学園と加計学園も実際に見学している。さまざまな現場に自ら足を運ぶことで、その問題点を肌で感じてきた。

本紙のインタビューに対して、選挙に臨む意気込みを服部氏は次のように話している。

「安倍政権による政治の私物化、やりたい放題の政治を終わりにしたいと決意しました。特に憲法9条を変えるのは許せません。平和・くらし・いのちを大切にする政治を実現します」

この記事が気に入ったら「フォロー」しよう
フェイスブックで最新情報をお届けします
関連タグ:日本基督教団

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。

記事の一つ一つは、記者が取材をして書き上げ、翻訳者が海外のニュースを邦訳し、さらに編集者や校閲者の手も経て配信しているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、サポーターとして(1,000円/月〜)、また寄付(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済(Paypal)で可能です。希望者には、週刊メールマガジンも送らせていただきます。サポーターや寄付の詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

  • 金額を選択:
  • 金額を選択:

社会の最新記事 社会の記事一覧ページ

主要ニュース

コラム

人気記事ランキング