80人死亡の英ロンドン高層住宅火災、現場近くの教会で追悼礼拝行われる

2017年8月7日17時53分 翻訳者 : 野田欣一 印刷
Facebookでシェアする Twitterでシェアする
+80人死亡の英ロンドン高層住宅火災、現場近くの教会で追悼礼拝行われる
火災発生後のグレンフェル・タワー=6月16日(写真:ChiralJon)
- 広告 -

ロンドン西部の高層住宅「グレンフェル・タワー」(地上24階建て)で発生した大火災の犠牲者を偲ぶ追悼礼拝が7月27日、現場近くの教会で行われ、犠牲者の家族や友人らが集った。6月14日に発生したこの火災では、少なくとも80人が亡くなった。

礼拝は、火災があったケンジントン北部にある聖ヘレン教会で行われ、メアリ・メンディさんと、その娘のカディヤ・セイエさん、バークティ・ハフトムさんとその息子のベルクさん、および5歳のアイザック君の命を偲んだ。デイビッド・ラミィ下院議員の代理人を含め、家族や友人たちが弔辞を読み上げ、ゴスペル・グレンフェル・クワイアが賛美を率いた。

英国国教会のヨーク大主教ジョン・センタムが説教をし、火災について徹底した調査をすべきだと語った。

「グレンフェル・タワー火災で犠牲になった方々を追悼するこの感動的な礼拝によって、遺族の方々は、神の元に返された愛する方々を悼み、覚える機会を与えられています。今大切なのは、なされ得ることがすべてなされ、このような悲劇がいかにして起こってしまったのかを、皆で徹底的に検証すべきだということです。真実によってのみ犠牲者のための正義がなされるのであり、その正義によって今後の和解がなされるのです」

ケンジントンのグレアム・トムリン主教は次のように付け加えた。

「追悼礼拝は、感情に訴える、威厳に満ちたものでした。そして、グレンフェル・タワーでの悲劇的火災のために命を落とした5人の、深い愛に満たされた人たちにふさわしい賛辞に満ちておりました。涙もありましたが、同時に、信仰、希望、そして愛が力強く表現されていました。さらに、悲しみの闇の中にあって、キリスト教信仰が、いかに私たちを支えてくれるのか、また慰めをもたらすのか、真理が正義をもたらし、究極的には和解へと導いてくれるのかを示してくれました」

※この記事はACNSの記事を日本向けに翻訳・編集したものです。
この記事が気に入ったら「フォロー」しよう
フェイスブックで最新情報をお届けします

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。

記事の一つ一つは、記者が取材をして書き上げ、翻訳者が海外のニュースを邦訳し、さらに編集者や校閲者の手も経て配信しているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、サポーターとして(1,000円/月〜)、また寄付(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済(Paypal)で可能です。希望者には、週刊メールマガジンも送らせていただきます。サポーターや寄付の詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

  • 金額を選択:
  • 金額を選択:

国際の最新記事 国際の記事一覧ページ

主要ニュース

コラム

人気記事ランキング