温故知神―福音は東方世界へ (75)大秦景教流行中国碑の現代訳と拓本20 川口一彦

2017年7月6日07時43分 コラムニスト : 川口一彦 印刷
Facebookでシェアする Twitterでシェアする
関連タグ:川口一彦
温故知神―福音は東方世界へ (75)大秦景教流行中国碑の現代訳と拓本20

<本文と拓本>32文字(580+32=612)

聖無常體(聖に常体無く)、随方設教(方に随い教を設け)、密濟群生(密に群生を濟え)。大秦國大徳阿羅夲(大秦國の大徳阿羅本は)、遠将經像(遠く經像を将し[注])、来獻上亰(来りて上京して獻ず)。詳其教旨(其の教旨の詳は)、玄妙無為(玄妙で無為)。

<現代訳>

「道の名は知られず、そのような聖もない。だから、多くの民に教えを説き、民を救え」と。大秦国の宣教師阿羅本は、遠方より経典と像を携えて上京し、献上しました。「その教えを詳しく知れば、奥深くて人知を超え、

<解説>

宣教師と供の者たちは太宗皇帝に対し、ペルシャから唐に来た理由を伝えた。そして自分の信じる神や救い主イエス、聖書やペルシャの地理に関して伝えた。また、図書館では聖書を漢訳し、やがて3年が経過すると、皇帝は宣教の許可を与え激励した。彼らは皇帝にシリア語の聖書類、漢訳本やイコン(聖画類)を献呈した。この時期に『一神論』や『序聴迷詩所(イエス・メシア)経』、その他の翻訳本が編さんされたと考えられる。

宣教師は入国する国の事情をよく理解することが大切で、特に現地語を習得し、文化や宗教や経済など、皇帝に関する事柄も知ることが大切である。何も知らないなら宣教する資格はないといえよう。

主イエスは自分を愛するように隣人を愛することを教えられた。愛するとは、相手を知り理解を深めることである。しかし、主の教えをもって毅然(きぜん)とした態度が相手に良い影響を与えることを忘れてはならない。

阿羅本宣教師は、大徳という称号を皇帝から受けた。キリスト信仰者として毅然とした態度で皇帝や総理大臣、官僚たちに接し、良い影響を与えた人物であったと考えられる。

※ 参考文献
景教—東回りの古代キリスト教・景教とその波及—』(改訂新装版、イーグレープ、2014年)

<<前回へ     次回へ>>

川口一彦

川口一彦(かわぐち・かずひこ)

1951年、三重県松阪市に生まれる。現在、愛知福音キリスト教会牧師。日本景教研究会代表、国際景教研究会(本部、韓国水原)日本代表。基督教教育学博士。愛知書写書道教育学院院長(21歳で師範取得、同年・中日書道展特選)として書も教えている。書道団体の東海聖句書道会会員、同・以文会監事。各地で景教セミナーや漢字で聖書を解き明かすセミナーを開催。

著書に 『景教—東回りの古代キリスト教・景教とその波及—』(改訂新装版、2014年)、『仏教からクリスチャンへ』『一から始める筆ペン練習帳』(共にイーグレープ発行)、『漢字と聖書と福音』『景教のたどった道』(韓国語版)ほかがある。最近は聖句書展や拓本展も開催。

【川口一彦著書】(Amazon)
【川口一彦著書】(イーグレープ)

HP:景教(東周りのキリスト教)
川口一彦牧師のフェイスブック
景教の研究・川口フェイスブック

この記事が気に入ったら「フォロー」しよう
フェイスブックで最新情報をお届けします
関連タグ:川口一彦

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。

記事の一つ一つは、記者が取材をして書き上げ、翻訳者が海外のニュースを邦訳し、さらに編集者や校閲者の手も経て配信しているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、サポーターとして(1,000円/月〜)、また寄付(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済(Paypal)で可能です。希望者には、週刊メールマガジンも送らせていただきます。サポーターや寄付の詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

  • 金額を選択:
  • 金額を選択:

コラムの最新記事 コラムの記事一覧ページ

主要ニュース

コラム

人気記事ランキング