トピックス 九州豪雨  宗教改革500年  聖書翻訳  同性愛  沖縄  

シルクロード&バイブルロードの中継点 中央アジア・キルギス見聞録(3)

2017年6月19日12時59分 執筆者 : 川口一彦 印刷
Facebookでシェアする Twitterでシェアする
関連タグ:景教川口一彦
シルクロード&バイブルロードの中継点 中央アジア・キルギス見聞録(3)

5月11~12日。車外からは4千メートル級の天山山脈が雄大に見えた。その裾野に広がる草原にはタンポポの花が咲き誇っていた。白樺林が立ち並ぶ主要道路を西に向かい到着したところはチョルポンアタであった。そこには、たくさんの大小の岩が点在し、これらが山頂から転がった自然石で、幾つかの石には絵が描かれ文字が彫られていた。

シルクロード&バイブルロードの中継点 中央アジア・キルギス見聞録(3)

近くには船着き場があり、一行は観光船に乗り込んでイシク・クル湖を周遊した。港から離れて船から高山を眺めると大変な絶景に驚きを禁じ得なかった。恐らくこれらはノアの時代の大洪水で起きたとも考えられる。深い海を眺めると、どこまで深いか分からないほど怖さを覚えた。黙示録21章の新天新地には海がなく、恐怖もないのだ。

シルクロード&バイブルロードの中継点 中央アジア・キルギス見聞録(3)

さらに一行はアクベクム遺跡に向かった。そこは古代東方教会の礼拝場があった場所である。この地はシルクロードの交差点として多くの民族やソグド商人たちも行き交う国際都市であったという。この地域には中国人居住区や仏教徒たちの住居もあった。

シルクロード&バイブルロードの中継点 中央アジア・キルギス見聞録(3)

この地からさまざまな遺跡が発見され、中国の史書『隋書』『新唐書』の康国伝に砕葉と表記されているもので、629年に中国を出た玄奘はこの地で突厥の王から歓迎を受け、ここを通ってインドに向かったが、彼の『大唐西域記』(巻1の7)には素葉水城(スーヤブ)と記した地名がある。

この地で日本の発掘調査団がロシア・スラヴ大学との共同調査で墓誌を発見して、スーヤブがこの地であることが分かった。7世紀ごろに中国唐がこの地に軍事拠点である「砕葉鎮城」を築いたことが『旧唐書』に記されているのと一致した。

シルクロード&バイブルロードの中継点 中央アジア・キルギス見聞録(3)

写真の拓本は、帝京大学文化財研究所の発掘調査団によるもので、文字が欠けているものの「砕葉鎮」と見える。この石碑は杜懐寶碑といわれている。他に唐代の銅銭「開元通宝」や8世紀ごろのソグド文字貨幣も発見された。

7世紀から8世紀に設立されたといわれる古代東方教会の活動が、この地にも盛んになされていたことの証しとして、十字形で建てられていた土台の会堂遺跡があり、聖書や壁画も発見されたといわれている。私たちがこの地を訪問すると帝京大学文化財研究所の団員がドローンを使って発掘調査をしていて、いろいろな遺跡発掘調査結果や説明を聞くことができ、大きな収穫を得た。

シルクロード&バイブルロードの中継点 中央アジア・キルギス見聞録(3)

私たちはここから少し車で移動して世界遺産のバラサグン遺跡、ブラナ塔、小さな博物館を見学した。この地には王国が築かれていたともいわれ、中央アジア一帯にみられる石人像がたくさんあった。小さな博物館に入ると数点のシリア文字で刻された十字墓石や多くの十字徽章も展示され、景教碑の文字のない上部分が置かれてあり、初めて文字のない碑に接し、どうしてここにこのような碑があるかに興味が湧いた。

シルクロード&バイブルロードの中継点 中央アジア・キルギス見聞録(3)
シルクロード&バイブルロードの中継点 中央アジア・キルギス見聞録(3)

いよいよキルギスを発つ時間が近づき、最後の歓迎食事会後にお土産として、キルギス訳の聖書を頂いて大変感動した。そして滞在中のおもてなしに心よりの感謝をささげた。中央アジア研究所所長のチェ宣教師ら一行には大変親しくしていただきお世話になった。この恵みはすべて主にある恵みであったことを忘れないだろうし、またゆっくり見たいのでもう1度興味を持たれる多くの方々と訪問する機会を祈った。

シルクロード&バイブルロードの中継点 中央アジア・キルギス見聞録(3)

お別れが近づき、ハグや握手で別れた。私と通訳者のファン宣教師は旅行会社の信徒の方が運転する車で、空港へと向かった。その空港の検疫所ではハプニングが起きたが、万事を導き支えてくださった主なる神様に感謝をささげ、帰途に着くことができた。

シルクロード&バイブルロードの中継点 中央アジア・キルギス見聞録(3)

<<前回へ

川口一彦

川口一彦(かわぐち・かずひこ)

1951年、三重県松阪市に生まれる。現在、愛知福音キリスト教会牧師。日本景教研究会代表、国際景教研究会(本部、韓国水原)日本代表。基督教教育学博士。愛知書写書道教育学院院長(21歳で師範取得、同年・中日書道展特選)として書も教えている。書道団体の東海聖句書道会会員、同・以文会監事。各地で景教セミナーや漢字で聖書を解き明かすセミナーを開催。

著書に 『景教—東回りの古代キリスト教・景教とその波及—』(改訂新装版、2014年)、『仏教からクリスチャンへ』『一から始める筆ペン練習帳』(共にイーグレープ発行)、『漢字と聖書と福音』『景教のたどった道』(韓国語版)ほかがある。最近は聖句書展や拓本展も開催。

【川口一彦著書】(Amazon)
【川口一彦著書】(イーグレープ)

HP:景教(東周りのキリスト教)
川口一彦牧師のフェイスブック
景教の研究・川口フェイスブック

この記事が気に入ったら「フォロー」しよう
フェイスブックで最新情報をお届けします
関連タグ:景教川口一彦

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。

記事の一つ一つは、記者が取材をして書き上げ、翻訳者が海外のニュースを邦訳し、さらに編集者や校閲者の手も経て配信しているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、サポーターとして(1,000円/月〜)、また寄付(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済(Paypal)で可能です。希望者には、週刊メールマガジンも送らせていただきます。サポーターや寄付の詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

  • 金額を選択:
  • 金額を選択:

文化の最新記事 文化の記事一覧ページ

主要ニュース

コラム

人気記事ランキング