トピックス 米大統領選  宗教改革500年  聖書翻訳  沈黙(映画)  沖縄  環境問題  マザー・テレサ  

主は与え、主は取られる 穂森幸一(69)

2017年1月6日12時03分 コラムニスト : 穂森幸一 印刷
Facebookでシェアする Twitterでシェアする
関連タグ:穂森幸一

「私は裸で母の胎から出て来た。また、裸で私はかしこに帰ろう。主は与え、主は取られる。主の御名はほむべきかな」(ヨブ記1:21)

聖霊なる神様は、私たちの心を読み取り、十分には言葉で表現できない祈りにも対応してくださいます。また、私たちが手にしている文明の利器といわれる道具でさえ用いて、私たちを助けようとしてくださっています。

私のことを覚えて祈ってくれている人が地球上のどこかにいることを、SNSやインターネットで伝えてくださることがあります。米国、インド、中東などで祈りの輪に加わっている人を知らされるときに、大きな慰めになります。

夜に寝る前のお祈りをしているとき、経営がうまくいかないということで気持ちが落ち込んでいました。その時に米国の知人から受け取ったSNSのメッセージに Surrender(引き渡す、明け渡す)という言葉が入っていて、とても心に響きました。私の頭に浮かんだのは「返納」という言葉でした。高齢者が免許証を返納するように、神様からお預かりしているものを返納することも考えなければならないと思います。

 “I pray that whatever is going on in your life, you will completely surrender to God. We need His divine intervention in every aspect of our lives. When we try to do things on our own, we get in our own way and fall to see our Lord at work.
We rob ourselves of the blessing of God working in us.

Surrender your will, your heart, your thoughts, your family, your kids, your spouse, your friends, your relationships, your job, your health, your finance, your hopes, your dreams all to God! And once you surrender... trust Him with what you have surrendered to Him. We can do this!”

「あなたの人生で何事が起ころうとも、完全に神に明け渡すことができるように私は祈っています。私たちの生活の全ての面において、神の神聖なる介入を必要としています。私たちは自分のやり方で物事を始め、自分流に事を成そうとしますが、その中で主なる神に出会うのです。私たちに与えてくださっている神の祝福を奪っているのです。

あなたの意志、心、思い、家族、子ども、配偶者、友人、人間関係、仕事、健康、経済、希望、夢、全てを明け渡してください。いったん明け渡し(返納し)たら、神に明け渡したことについて、神を信じてください。私たちにはできるのです」

(米国の友人のメッセージ)

過去に自分が築いたと思ったもの、成し遂げたと思ったことなど、全て神の祝福の一部であったと思い知らされました。また、自分が自慢に思っていた健康もビジョンも全て神のものであり、自分の誇りであった家族、友人関係も全て神のものだと知らされました。

たとえ経営破綻したとしても、経営返納であり、また、事業が成功したとしても、その栄誉は全て神に帰するものであることを知らされます。状況が良くても悪くても神を信じ、平安な心を保たなければならないことを学びました。

 “Let me remind you that God is so in love with you! He knows everything that is on your heart. He knows how overwhelmed you are feeling. And He will see you through it all! This time of year is so hard on so many, and I know that because it’ hard for me. But we need to pull together and do our best to spread and share God’s hope and love with those around us. I pray you feel refreshed in the Lord and rejuvenated to keep Christ in Christmas! Know that you, my friend make an incredible difference in this life (Oh you Do!!).”

友人のメッセージは続きます。「神があなたを愛しておられることを思い起こしてください。神はあなたの心の中のことを全てご存じです。あなたが打ちのめされたような思いを感じていることも知っておられます。全てのことを通してあなたを見ておられるのです。年末のこの時期は多くの人々にとって厳しい時です。私にも厳しい状況ですので分かります。しかし、私たちは気を取り直して神の希望を分かち合い、広げていかないといけないし、周りの人々に愛を表さなければならないのです。あなたが主においてリフレッシュされ、クリスマスにはキリストを迎えるほどに元気を回復されるように私は祈ります。私の友人であるあなたは、人生におけるとてつもない変化を知ってください。(もちろん、そのようにしていますね)」

「あなたがたの会った試練はみな人の知らないものではありません。神は真実な方ですから、あなたがたを、耐えられないほどの試練に会わせることはなさいません。むしろ、耐えられるように、試練とともに脱出の道も備えてくださいます」(Ⅰコリント10:13)

<<前回へ     次回へ>>

穂森幸一

穂森幸一(ほもり・こういち)

1973年、大阪聖書学院卒業。75年から96年まで鹿児島キリストの教会牧師。88年から鹿児島県内のホテル、結婚式場でチャペル結婚式の司式に従事する。2007年、株式会社カナルファを設立。09年には鹿児島県知事より、「花と音楽に包まれて故人を送り出すキリスト教葬儀の企画、施工」というテーマにより経営革新計画の承認を受ける。著書に『備えてくださる神さま』(1975年、いのちのことば社)、『よりよい夫婦関係を築くために―聖書に学ぶ結婚カウンセリング』(2002年、イーグレープ)。

株式会社カナルファホームページ
穂森幸一牧師のFacebook

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
フェイスブックで最新情報をお届けします
関連タグ:穂森幸一

関連記事

コラムの最新記事 コラムの記事一覧ページ

主要ニュース

コラム

人気記事ランキング