モーセの「十戒」刻んだ世界最古の石板、9600万円で落札

2016年11月24日22時05分 翻訳者 : 野田欣一 印刷
Facebookでシェアする Twitterでシェアする
+モーセの「十戒」刻んだ世界最古の石板、9600万円で落札
現存するものでは世界最古とみられるモーセの「十戒」が刻まれた石板
- 広告 -

モーセの十戒が刻まれているとされる世界最古の石板が17日、米カリフォルニア州で行われたオークションで、85万ドル(約9600万円)で落札された。

石板は、白大理石でできた約60センチ四方のもので、紀元300年ごろのローマ時代後期に、イスラエル西部、現在のヤブネと呼ばれる都市がある場所にあったシナゴーグ(ユダヤ教の会堂)のために刻まれたものだという。

石板には、当時サマリア人が使っていた、ヘブル語とアラム語に由来する文字が刻まれており、旧約聖書の出エジプト記にある「あなたの神、主の名をみだりに唱えてはならない」という文言を除く9つの戒律に、ヨルダン川西岸北部の都市ナーブルス近くにあるゲリジム山に「神殿を築け」と勧める、サマリア人によって選ばれた1つの戒律が加えられている。

ユダヤ教との混合宗教を信じていた「サマリア教団」は紀元400年代中頃、ローマ人に制圧された。シナゴーグは、その当時、あるいはその後に、イスラム教徒または十字軍によって、破壊されたとみられている。

石板は、正式にはイスラエルの「国宝」の1つに指定されているが、イスラエル考古学庁は、公的博物館で展示することを条件に、石板の輸出を認めていた。

古代貨幣や遺物を扱っているヘリテージ・オークションズのディレクター、デイビッド・マイケルズ氏は、「売却によって、この石板が公共の場から隠されてしまうわけではありません。新しい所有者が、公共の利益のためにこの石板を展示する義務があります」と述べている。しかし、新所有者の名前は明かされていない。

オンラインニュース「アート・デイリー」によると、この石板はもともと、ニューヨークのブルックリンにあるリビング・トーラー博物館が所蔵し、徹底的な調査の結果、本物であると鑑定されていたもので、聖書に関わる歴史的文化遺産の売却として、非常に注目を集めていた。

※この記事は英国クリスチャントゥデイの記事を日本向けに翻訳・編集したものです。
この記事が気に入ったら「フォロー」しよう
フェイスブックで最新情報をお届けします

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。

記事の一つ一つは、記者が取材をして書き上げ、翻訳者が海外のニュースを邦訳し、さらに編集者や校閲者の手も経て配信しているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、サポーターとして(1,000円/月〜)、また寄付(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済(Paypal)で可能です。希望者には、週刊メールマガジンも送らせていただきます。サポーターや寄付の詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

  • 金額を選択:
  • 金額を選択:

国際の最新記事 国際の記事一覧ページ

主要ニュース

コラム

人気記事ランキング