「イエスぱねえ マジネ申すぎてワロタww」松谷信司氏、青学でメッセージ

2016年10月22日22時52分 記者 : 守田早生里 印刷
Facebookでシェアする Twitterでシェアする
+「イエスぱねえ マジネ申すぎてワロタww」松谷信司氏、青学でメッセージ
「イエスぱねえ マジネ申すぎてワロタww」をテーマに400人の学生を前に語る松谷信司氏=21日、青山学院大学相模原キャンパスで
- 広告 -

青山学院大学チャペル・ウィーク最終日の21日、同大相模原キャンパスの礼拝で、キリスト新聞社発行の季刊誌「Ministry」編集長、松谷信司氏が大学生らにメッセージを語った。

礼拝の奨励題として掲げられたのは、「イエスぱねえ マジネ申すぎてワロタww」。センセーショナルなタイトルから、SNSなどを中心に開催前から話題になり、当日は、行列ができるほどの人気ぶりだった。400人収容するウェスレー・チャペルは、1階席、2階席ともに満席。宗教センターの担当者に話を聞くと、「2階席まで満席になるのは、ここしばらくはなかった」とのこと。

静かに賛美歌を歌い、聖書が読まれた後、司式をした福嶋裕子大学宗教主任がタイトルを読み上げると、会場から笑いが起こった。この日の聖書箇所は、コリントの信徒への手紙一9章19節から23節。

このタイトルを発表して以来、松谷氏はさまざまな反応をツイッターなどを通して見てきたという。「イエスは神の子 神じゃなくね?」や「キリ概のレポート 10秒でオワタ」などといった反応があった他、「不敬」「バチ当たり」といった厳しい意見もあった。

キリスト新聞社では、聖書に親しむカードゲームとして、バイブルハンターをはじめ、「最後の晩餐」、新約聖書と旧約聖書を戦わせる「バイブルリーグ」を販売している。これらのゲームを初めて目にした学生も多く、「文字通り『神ゲ―』を作ってみた」をテーマに松谷氏がゲームの説明をすると、会場が大いに沸き、スマホで撮影する学生の姿も見られた。

これらのゲームは、遊ぶ目的だけではなく、教育現場でも使用されている。東北学院大学では「聖書入門」の授業の中で、旧約聖書に登場するキャラクターと新約聖書に登場するキャラクターを、学生たちに瞬時に分けさせるなど、聖書学習の導入教材として使用しているという。

最近始まったドラマ「カインとアベル」や、アニメ「ドラえもん」で水を割る秘密道具の名は「モーゼステッキ」であること、お笑い芸人がダンスをしながら歌うことで話題になった「Perfect Human」には、「大地パッカーン海もパッカーン 気取ってるモーゼとかいうやつもパッカーン」といった歌詞が含まれていることを話題に挙げた。信徒の数が1パーセント未満とされる日本で、聖書の人物やストーリーがこのように日常的に使われていることは、他の国では類を見ない現象だと松谷氏は言う。

次に、松谷氏が勉強と話題作りのためにツイッターで募集した「聖書の人物が検索しそうなワード」を話した。箱舟で海へ出たノアは、「明日の天気」「洪水」「警報」などを検索し、身重のマリアと共にベツレヘムまで旅したヨセフは「ベツレヘム」「1泊」「空室」、イエスを誘惑しようと試みたサタンは「イエス」「欲しいものリスト」、最後にイエスを裏切ったユダは「うらぎり」「報酬」「相場」などだったのでは・・・と話すと、うなずきながら爆笑している学生もいた。

「イエスぱねえ マジネ申すぎてワロタww」松谷信司氏、青学でメッセージ
1階席、2階席ともに満席となったウェスレー・チャペル。宗教センターの担当者に話を聞くと、「2階席まで満席になるのは、ここしばらくはなかった」とのこと。

この様子を壇上から見ていた松谷氏は礼拝後、「これは、学生の中にイエスやヨセフ、ノアのストーリーがなんとなくでも頭に入っているということ。信徒の数がなかなか伸びないとはいえ、『知識』として聖書を知っている人は案外多いのだと感じた」と話した。

「キリスト教学校あるある」といったテーマでは、「青学の学生にはいないと思いますが」と前置きをして「聖書を枕に昼寝する背徳感」、街に流れるクリスマス聖歌を歌詞付きで歌えるなどの「クリスマスシーズンの優越感」、クリスチャンホームの子どもも少なくないため、ノアくん、エリヤくん、ヨシアくんなど「同級生が聖書由来のキラキラネーム」、卒業して同窓会の締めには賛美歌を歌う・・・などを話した。

このように「ぱねえ感」が拡散した結果、聖書が知らず知らずのうちに浸透し、信徒数1パーセントにも満たないこの国で、ほぼ9割がキリストの生誕祭「クリスマス」を祝うという現象が起きている。

今後の「キリスト新聞社の野望」としては、最近はやりの「『ボカロ』で賛美歌を歌ってみた♪」や、聖書を「イケボイス」で朗読するなどを挙げた。とりわけ、学生たちが反応したのは、「ポケモンGO」ならぬ「教会GO」。教会の礼拝に出席することでゲームが進められるなどができたら、楽しいのでは・・・と話した。

最後に、この日の聖書箇所を「中二訳」した。今回のテーマ「イエスぱねえ マジネ申すぎてワロタww」の意味は、この聖書の言葉の中にあるとした。

新共同訳では、「何とかして何人かでも救うためです。福音のためなら、わたしはどんなことでもします。それは、わたしが福音に共にあずかる者となるためです」(1コリント9:22、23)となっているが、松谷氏は以下のように訳した。

「とりまみんなのハートをキャッチするためです。イエスのぱねぇ感を拡散するためなら、どんな無理ゲーでもします。神対応をシェアする者となるためです」

松谷氏は礼拝後、「こちらの思惑と学生の反応は、微妙に違ったような気がしたが、それはそれで、反応してくれたことは素直にうれしい。学生がどのくらい今日の話を理解し、今後につなげてくれるかは分からない。しかし、今の時代、今の若者に聖書を伝えるためには、この世代に合わせた言葉、仕掛けが必要。そのための努力は怠ってはいけないと思う。聖書のコンテンツ自体には、ものすごい魅力があることを知ってほしい」と話した。

この記事が気に入ったら「フォロー」しよう
フェイスブックで最新情報をお届けします

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。

記事の一つ一つは、記者が取材をして書き上げ、翻訳者が海外のニュースを邦訳し、さらに編集者や校閲者の手も経て配信しているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、サポーターとして(1,000円/月〜)、また寄付(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済(Paypal)で可能です。希望者には、週刊メールマガジンも送らせていただきます。サポーターや寄付の詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

  • 金額を選択:
  • 金額を選択:

宣教の最新記事 宣教の記事一覧ページ

主要ニュース

コラム

人気記事ランキング