結婚・家族への明確な指針を教皇に求め、カトリック信者ら80万人が署名

2015年10月13日19時24分 翻訳者 : 小又香織 印刷
Facebookでシェアする Twitterでシェアする

結婚と家族に関する教会の教義の明確化を求め、202人の司教を含む80万を超える人が、教皇フランシスコに対する「フィリアル・アピール」と題された請願書に署名をした。結婚と家族に関する教会の教えに「広範囲にわたる混乱」があることが見受けられる。

請願は、教皇フランシスコからの明確な言葉による指示を求めており、また「信仰に忠実な人たちにとって、教皇からの言葉が、大きくなりつつある混乱を鎮静させ、(取るべき道を)明確化させる唯一の方法」であると主張している。

昨年のシノドス(世界代表司教会議)臨時総会では、特に結婚や家族に焦点を当てた。会議での、論議になりかねない自由な発言に対し、教皇からの反論が無かったことがカトリック信者たちを啓発させ、これが178カ国に広がり、フィリアル・アピールへの署名という形に現れた。

懸念があったのは、会議で「例外事項」について明示されたことである。それらは「聖体拝領を受けるためにカトリック信者と再婚した場合、離婚および姦通が認められる」「事実上同性愛者組合を受け入れるが、神と自然の法則にのっとり、断固として反対し非難する」などであった。

署名した人たちは、信仰者の間で増えつつある混乱を鎮静させるため、明確な「言葉」を出すよう、教皇に請願している。

請願には、「これ(教皇の言葉)が、イエス・キリストの本当の教えが骨抜きにされてしまうことから守り、私たちの子どもたちの未来に差す闇を払拭し、先の歩みを照らす灯台としての役割となるでしょう」とある。

発案者の広報担当であるトマッソ・スキャンドログリオ教授は、フィリアル・アピールの人気は「相当な数の信者たちが、今日の、ある特定の神学的傾向について非常に心配している」ことを示すものだと語った。

219人の枢機卿のうちわずか8人のみが請願書に署名した。スキャンドログリオ氏は、これは大いに請願書の技術的な性質によると述べた。しかしながら、「請願が教皇への批判として解釈される」とし、慎重であることを理由に署名しないことを選択した人もいた。

教皇からの反応は非公式である可能性が高いが、主催者らは、教皇から彼らに対し応答があった時には、それを公開するとしている。

※この記事は英国クリスチャントゥデイの記事を日本向けに翻訳・編集したものです。
この記事が気に入ったら「フォロー」しよう
フェイスブックで最新情報をお届けします

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。

記事の一つ一つは、記者が取材をして書き上げ、翻訳者が海外のニュースを邦訳し、さらに編集者や校閲者の手も経て配信しているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、サポーターとして(1,000円/月〜)、また寄付(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済(Paypal)で可能です。希望者には、週刊メールマガジンも送らせていただきます。サポーターや寄付の詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

  • 金額を選択:
  • 金額を選択:

国際の最新記事 国際の記事一覧ページ

主要ニュース

コラム

人気記事ランキング