なにゆえキリストの道なのか

正木弥

なにゆえキリストの道なのか(61)世界は始まりがなく、永遠の昔から一定に存在していたのでは 正木弥

これも考え方の1つとしてはあり得ることで、神による創造のない科学説・世界観です。近代では、フレッド・ホイルらによって主張されました。

2016年10月09日18時53分

正木弥

なにゆえキリストの道なのか(60)偶像崇拝はなぜいけないのか 正木弥

古代エジプトでは、さまざまな鳥、獣、自然物が拝まれました。タカ、牛、山犬、ワニ、コブラ、太陽…ある学者がエジプトの神々の一覧表を作ろうとしたところ、その数のあまりの多さに圧倒されてやめてしまったとのことです。

2016年10月02日22時55分

なにゆえキリストの道なのか(59)聖霊はどのような存在なのか 正木弥

なにゆえキリストの道なのか(59)聖霊はどのような存在なのか 正木弥

聖霊は、「神の霊」とも「御霊」とも呼ばれ、「神」を構成する神です。前回の図で言えば、粒々のみかんに当たるものです。

2016年09月25日17時37分

なにゆえキリストの道なのか(58)三位一体の神は3つの神に見える、唯一ではないではないか 正木弥

なにゆえキリストの道なのか(58)三位一体の神は3つの神に見える、唯一ではないではないか 正木弥

聖書の言葉ヘブル語では、「ただひとり」とか「1つ」は、「エハド」の語が用いられています。それは単一個体だけでなく、複合的な統一体である場合もあります。

2016年09月18日6時23分

なにゆえキリストの道なのか(57)三位一体の神とはどういうものか 正木弥

なにゆえキリストの道なのか(57)三位一体の神とはどういうものか 正木弥

目に見えない神を、目に見えるように、図で描いて説明しましょう。

2016年09月11日6時51分

正木弥

なにゆえキリストの道なのか(56)神がほめたたえられたいというのは虚栄にとらわれた人間のよう 正木弥

人は、仮に、その現実の姿、あるいは言動やその結果が他の人よりも秀で、優れ、立派であるにしても、それはあくまで人と人との比較によるもので相対的なものです。人には限界があり、所詮(しょせん)はドングリの背比べに過ぎません。

2016年09月04日16時55分

正木弥

なにゆえキリストの道なのか(55)愛の神がねたむのは神にふさわしくない 正木弥

“ねたみ”とは、一般に、他の人間が自分より立派とか、良い状態にあるとか、自分より愛されているとかのため、そうであってほしくない、という感情であって、自己中心的な醜い精神作用であるといえます。その底辺には、自分の栄光を求める気持ち、自分への愛をむさぼる姿があります。

2016年08月28日6時21分

正木弥

なにゆえキリストの道なのか(54)神が考えていることはどうやったら知ることができるか 正木弥

神が考えていることは、聖書に表されていますから、聖書を読めば分かります。神は人間にそれを知ってほしいと考え、聖書を用意してくださったのです。

2016年08月21日7時01分

正木弥

なにゆえキリストの道なのか(53)神は人間と同じように考える方なのか 正木弥

神にはパーソナリティー(人格)があって、個別自存性の自己意識(自分は他とは違う自分、何にも変えがたい自分であるとの意識)を持ち、自己意志を決定し、自己を表現する存在です。そして、論理的・理性的・道徳的に考える方です。

2016年08月14日6時43分

正木弥

なにゆえキリストの道なのか(52)神を信じなくても生きていけるではないか 正木弥

キリストの神を信じなくても、“死ぬまでは”生きていけます。苦難の日が来ても、「また良い日もあるだろう」とひたすら我慢していけば、何とか生き続けられるでしょう。

2016年08月07日23時56分

正木弥

なにゆえキリストの道なのか(51)何でも神のせいにして自分の主体性がなくなるのではないか 正木弥

人は自由意思を与えられていますから、悪をなすことも、神に背くことも、神を否定することさえもできます。そのような人は、往々にして、社会がどんな状態だから、時代がこうだからといった非主体的な理由により、あるいは流され、あるいは欲望のままに生きています。

2016年07月31日16時27分

正木弥

なにゆえキリストの道なのか(50)神が人を造ったのではなく、人が神を作ったのではないか 正木弥

人間には思考力が与えられたので、さまざまなことを考えることができます。そのあまり、神概念まで作り上げ、神についてのストーリーまでも作り上げたのではないか、というのです。

2016年07月24日19時49分

正木弥

なにゆえキリストの道なのか(49)目に見えるものでないと拝めない 正木弥

自分の目の前の虚空を見てください。何にも見えないでしょう。しかし、そこに何にもないということではありません。目には見えなくとも、空気があります。空気に小さいほこりが浮いています。

2016年07月17日18時55分

正木弥

なにゆえキリストの道なのか(48)聖書の神が本当の神だという証拠はあるのか 正木弥

聖書の神は、人間の考えをはるかに超えて大きく、偉大で、力強く、賢明で知恵があります。全知・全能であり、完全・永遠・無限であり、普遍にして不変です。聖(きよ)く、義(ただ)しく、真実であり、愛である方です。このような方を神と言わないで他の何を神というべきでしょう。

2016年07月10日23時15分

正木弥

なにゆえキリストの道なのか(47)“聖書の神”以外に神はいないのか 正木弥

もし、あなたが、聖書の神以外に「これが本当の神だ」と確信する神がいるなら、その神を拝み、信奉すればいいのです。信教の自由がありますから。ただし、それでいろいろ害を被ったり、むなしい結果になっても致し方ありません。

2016年07月03日7時33分

主要ニュース

コラム

人気記事ランキング