「アレクサ、近くの教会を教えて」 英国国教会、アマゾンの音声AI利用

2018年6月2日22時32分 印刷
Facebookでシェアする Twitterでシェアする
+「アレクサ、近くの教会を教えて」 英国国教会、教会探しや日々の祈りでアマゾンの音声AI利用
米アマゾン社のスマートスピーカー「エコー(Echo)」。エコーに内蔵されている音声認識AI(人工知能)アシスタント「アレクサ(Alexa)」が、ユーザーのさまざまな要求に応えてくれる。(写真:Shinji)
- 広告 -

「近くの教会を教えて」「食前のお祈りをお願い」。英国では、こんな要求にもスマートスピーカーがすぐに答えてくれるという。

英公共放送BCC(英語)によると、英国国教会は、米アマゾン社が開発した音声認識AI(人工知能)アシスタント「アレクサ(Alexa)」を使い、人々の祈りや教会探しを支援している。

「アレクサ、今日の天気は?」「アレクサ、部屋の電気を消して」などと、「アレクサ」と話し掛けるだけで、さまざまな操作を実行できる米アマゾン社のスマートスピーカー「エコー(Echo)」。アレクサは、エコーなどのデバイスに導入されているAIアシスタントで、人の声を認識してその命令を実行する、いわば召使いのような存在だ。

BBCによると、アレクサがその日の祈りを朗読したり、近くの教会を教えてくれたりする機能は、英国国教会が推進するオンライン事業の一環。同教会の取り組みにより、アレクサには新たに、教会に関わる30以上の機能が追加された。

アレクサに「今日のお祈り」「十戒」「主の祈り」「食前の祈り」などをお願いすると、それを朗読してくれる。また「神はどういう存在?」「神を信じるとはどういうこと?」といった質問にも答えられるようになっているという。

昨年のデータによると、英国国教会は毎月約120万人にインターネットを介して何らかの接触をしているが、毎週の礼拝参加者は2006年と比べ、14パーセントも減少した。同教会は、アレクサが近くの教会を教えてくれることで、人々が地元の教会を探すのを助け、礼拝参加者の増加につなげたいと考えている。

同教会は、こうした先端技術の導入には積極的だ。昨年夏には、カードやスマートフォンをかざすだけで決済できる非接触型端末を40教会で試験導入。今年3月には1万6千以上の教会で導入する計画を発表した。献金プレートを回す従来の方法に代わりに、その場でクレジットカードや電子マネーで献金できる。教会で行われる結婚式や幼児洗礼式などでも使用する考えで、現金を持ち歩かない若者の利用を狙っているという。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
フェイスブックで最新情報をお届けします
Facebookでシェアする Twitterでシェアする

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。

記事の一つ一つは、記者が取材をして書き上げ、翻訳者が海外のニュースを邦訳し、さらに編集者や校閲者の手も経て配信しているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、サポーターとして(1,000円/月〜)、また寄付(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済(Paypal)で可能です。希望者には、週刊メールマガジンも送らせていただきます。サポーターや寄付の詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

  • 金額を選択:
  • 金額を選択:

国際の最新記事 国際の記事一覧ページ

主要ニュース

コラム

人気記事ランキング