日本聖書協会が新ニュースサイト立ち上げ 名称は「クリスチャンプレス」

2018年5月22日16時01分 印刷
Facebookでシェアする Twitterでシェアする
+日本聖書協会が新ニュースサイト立ち上げ 名称は「クリスチャンプレス」
記者発表会であいさつする渡部信氏(奥)=21日、日本聖書協会(東京都中央区)で
- 広告 -

日本聖書協会(東京都中央区)はこのほど、キリスト教ニュースサイト「クリスチャンプレス」の立ち上げを発表した。公開は6月1日を予定。同協会内に新設されたメディア部が運営を担当していく。21日には同協会で記者発表会を開き、編集方針や発足の狙いなどを説明した。

同協会が問題意識として挙げるのは、ネット世界であらゆる情報がまん延し、情報の信頼性、信ぴょう性が低下していること。経験のあるクリスチャンの編集スタッフを迎え、老舗の米週刊誌クリスチャニティ・トゥデイとも連携しながら、質、量ともに充実した国内外のキリスト教ニュースを配信していく。

編集方針としては、同協会が立つエキュメニカルな立場を取り、特定の教団教派に偏らず、グローバルな観点からの報道を目指す。「すべての教会の違いを受け入れた上で、聖書に書かれたところの福音を宣教していく」と、同協会総主事でクリスチャンプレスの代表を務める渡部信氏は語った。

記事はすべて無料で公開し、広告販売で収益を図る。同協会は11月にキリスト教視聴覚センター(AVACO)との合併を予定しており、ニュースサイトが成長すれば、動画配信の分野へ事業を拡大することも視野に入れている。

日本聖書協会が新ニュースサイト立ち上げ 名称は「クリスチャンプレス」
開発中の画面

渡部氏は、「必要なニュースを伝えていくことは大切なことで、キリスト教界にとって使命でもある。皆さんが認めてくださって、それなりの実を結んでいくという思いで今回、立ち上げる決心をした。もちろん財政的な苦労もあるが、他の部と協力し合いながら育てていきたい」と話した。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
フェイスブックで最新情報をお届けします
Facebookでシェアする Twitterでシェアする

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。

記事の一つ一つは、記者が取材をして書き上げ、翻訳者が海外のニュースを邦訳し、さらに編集者や校閲者の手も経て配信しているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、サポーターとして(1,000円/月〜)、また寄付(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済(Paypal)で可能です。希望者には、週刊メールマガジンも送らせていただきます。サポーターや寄付の詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

  • 金額を選択:
  • 金額を選択:

教会の最新記事 教会の記事一覧ページ

主要ニュース

コラム

人気記事ランキング