アサド政権軍の東グータ空爆「非人道的」 教皇が批判 死者520人超

2018年2月27日13時39分 印刷
Facebookでシェアする Twitterでシェアする
+アサド政権軍の東グータ空爆「非人道的」 教皇が批判 死者520人超
首都ダマスカス近郊の東グータの状況をユーチューブで伝える、現地在住のムハンマド・ナジェム君(15)。米CNNの取材には「人々はシリアで起きていることすべてを知るべきだ」と強調した。(画像:ユーチューブの動画より)
- 広告 -

【CJC】シリアのバッシャール・アル・アサド政権が包囲を続ける首都ダマスカス郊外の反体制派支配地域「東グータ」で25日、空爆や地上攻撃が再開された。直前に国連安全保障理事会が30日間の停戦を呼び掛ける決議を採択したばかり。しかし米CNNは、現地病院の医師が「何も変わっていない」と訴えた、と伝えている。

ローマ教皇フランシスコは同日、アサド政権軍の攻撃を「非人道的だ」と批判。バチカン(ローマ教皇庁)のサンピエトロ広場に集まった信者ら1万5千人を前に、暴力の即時停止を訴えた。

東グータに対する執拗(しつよう)な空爆が18日に始まって以来、死者は520人を超え、負傷者は2500人余りに上っている。

※この記事はCJC通信の提供記事を一部編集して掲載したものです。
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
フェイスブックで最新情報をお届けします
Facebookでシェアする Twitterでシェアする

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。

記事の一つ一つは、記者が取材をして書き上げ、翻訳者が海外のニュースを邦訳し、さらに編集者や校閲者の手も経て配信しているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、サポーターとして(1,000円/月〜)、また寄付(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済(Paypal)で可能です。希望者には、週刊メールマガジンも送らせていただきます。サポーターや寄付の詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

  • 金額を選択:
  • 金額を選択:

国際の最新記事 国際の記事一覧ページ

主要ニュース

コラム

人気記事ランキング