ビジネスマンから牧師への祝福された道(最終回)会社生活、家庭生活、教会生活の聖書的原則は 門谷晥一

2018年2月26日23時02分 コラムニスト : 門谷晥一 印刷
Facebookでシェアする Twitterでシェアする
関連タグ:門谷晥一

こんな時にどうするQ&A 聖書的原則と私の体験(27)
会社生活、家庭生活、教会生活の聖書的原則は

キリスト者は、会社生活、家庭生活、教会生活における役割が、1つの使命としてつながっていることがとても重要である。それは、どこを切っても同じ模様が出てくる金太郎飴のように、生活のどの領域においても、同じ使命で歩んでいるということである。その使命とは、主を証しし、主を伝え、主の栄光を現す者となるということである。

私はキリスト者としての40年間の人生を振り返るとき、初めの頃は会社生活、家庭生活、教会生活における役割が1つの使命としてつながっていなかったことを覚える。しかし、会社、家庭、教会においての責任が増すにつれ、そして分に応じて与えられた仕事に励み、また救い主を証しし福音を宣べ伝えるという、神に与えられた務めに献身すべきという2つの召しへの思いが徐々に強まるにつれ、それぞれの生活における役割を1つの使命として悟るように導かれてきた。

私たちは、教会では礼拝をささげておいて、会社や家庭では礼拝と関係のない二元論的な生き方をしているということがないだろうか。教会生活と会社生活や家庭生活とを、別々の基準で行っているということがないだろうか。神はキリスト者に、教会の中だけではなく、会社や家庭でも礼拝者として生きることを願っておられる。礼拝は、教会だけで行われるものではなく、日々の生活や生き方の全体に及ぶものでなければならない。それ故、キリスト者はこの世と調子を合わせるべきではない。

しかし、多くのキリスト者がこの世と調子を合わせ、神の願われる歩みとはかけ離れた、この世の歩みの中に埋没しているのではないかと思う。そのような歩みをしている方がいるなら、そのことを悔い改め、神が願われる歩みをわきまえ知るために、心の一新によって自分を変えられることを勧めたい。ローマ12:2に「この世と調子を合わせてはいけません。いや、むしろ、神のみこころは何か、すなわち、何が良いことで、神に受け入れられ、完全であるのかをわきまえ知るために、心の一新によって自分を変えなさい」とある通りである。

キリスト者はいつも、心の一新によって生まれ変わることが必要である。そうする時に、聖霊によって神の召しを明確にわきまえられるようになり、神が願われる本来の仕事にも目が開かれ、仕事における神の使命に献身することができるようになる。そして、仕事の場においても礼拝をささげ、神と隣人に仕え、たとえどんなに小さな仕事であっても、そこで神による世界管理のわざの一環として用いられるという思いを持つことができるようになる。また、神の栄光を現すという思いを持ち、喜びと感謝をもって仕事を行うことができるようにもなるのである。

《 参考文献を表示 》 / 《 非表示 》

<<前回へ

門谷晥一

門谷晥一(かどたに・かんいち)

1943年生まれ。東京大学工学部大学院修士課程卒業。米国ミネソタ州立大学工学部大学院にてPh.D.(工学博士)取得。小松製作所研究本部首席技監(役員待遇理事)などを歴任。2006年、関西聖書学院本科卒業。神奈川県厚木市にて妻と共に自宅にて教会の開拓開始。アガペコミュニティーチャーチ牧師。著書に『ビジネスマンから牧師への祝福された道―今、見えてきた大切なこと―』(イーグレープ)。

【門谷晥一著書】(Amazon)
【門谷晥一著書】(イーグレープ)

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
フェイスブックで最新情報をお届けします
Facebookでシェアする Twitterでシェアする
関連タグ:門谷晥一

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。

記事の一つ一つは、記者が取材をして書き上げ、翻訳者が海外のニュースを邦訳し、さらに編集者や校閲者の手も経て配信しているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、サポーターとして(1,000円/月〜)、また寄付(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済(Paypal)で可能です。希望者には、週刊メールマガジンも送らせていただきます。サポーターや寄付の詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

  • 金額を選択:
  • 金額を選択:

コラムの最新記事 コラムの記事一覧ページ

主要ニュース

コラム

人気記事ランキング