ビジネスマンから牧師への祝福された道(78)男性の場合、定年になってから信仰を持つ人が多いが 門谷晥一

2018年1月30日17時30分 コラムニスト : 門谷晥一 印刷
Facebookでシェアする Twitterでシェアする
関連タグ:門谷晥一

こんな時にどうするQ&A 聖書的原則と私の体験(25)
男性の場合、定年になってから信仰を持つ人が多いが

現在の我が国におけるキリスト者の数は、実質的には対総人口比で0・5パーセント以下といわれている。また我が国においては、女性信徒に比較して男性信徒の数が非常に少ない。従って、男性キリスト者の数は、対総人口比で0・2パーセント以下と推測される。このことから、我が国において男性がキリスト者になることは、極めて困難なことと思われる。さらに問題なのは、キリスト者になる男性は、定年になってから信仰を持つことが多く、働いている最中の男性が信仰を持つことは、極めてまれな状況となっているということである。

しかし私は、自分自身の経験からも、家庭においてはリーダーであり、また仕事の場においてはリーダーあるいはビジネスマンとして、労苦しながら懸命に働いている男性こそ、定年後ではなく、働いている最中に信仰を持つべきだと強く思わされている。その理由は・・・

(イ)信仰を持つことによって、仕事が祝福されるとともに、喜んで仕事をすることができる者へと徐々に変えられていくからである。詩篇128:1、2に「幸いなことよ。すべて主を恐れ、主の道を歩む者は。あなたは、自分の手の勤労の実を食べるとき、幸福で、しあわせであろう」とある通りである。

(ロ)仕事の苦しみや試練を通して信仰が強められ、品性が練り上げられていくからである。ローマ5:3〜5に「そればかりではなく、患難さえも喜んでいます。それは、患難が忍耐を生み出し、忍耐が練られた品性を生み出し、練られた品性が希望を生み出すと知っているからです。この希望は失望に終わることがありません」とある通りである。品性が形成されていくことは、仕事そのものにおけるだけではなく、仕事以外の面においても大変重要なことである。

(ハ)信仰を仕事の場など、実際の社会の場で働かせるべきだからである。それは、社会が急激に変化しつつあり、また混迷しつつある中にあって、神によってはっきりとした方向付けが与えられリードされていく必要があるためである。また、社会における倫理感が希薄になってきており、それを取り戻す必要があるためである。さらに、企業の巨大化や集中化により、権力型のリーダーシップはますます強くなり、真のリーダーシップが見えなくなりつつあるためでもある。

(ニ)仕事の場で神を証しし、福音を宣教する者となれるからである。これは、神がキリスト者に対して最も願っておられることであり、それを行うことによって、人生におけるすべてのことが祝福となっていくからである。マタイ28:19に「それゆえ、あなたがたは行って、あらゆる国の人々を弟子としなさい。そして、父、子、聖霊の御名によってバプテスマを授け」とある通りである。

《 参考文献を表示 》 / 《 非表示 》

<<前回へ     次回へ>>

門谷晥一

門谷晥一(かどたに・かんいち)

1943年生まれ。東京大学工学部大学院修士課程卒業。米国ミネソタ州立大学工学部大学院にてPh.D.(工学博士)取得。小松製作所研究本部首席技監(役員待遇理事)などを歴任。2006年、関西聖書学院本科卒業。神奈川県厚木市にて妻と共に自宅にて教会の開拓開始。アガペコミュニティーチャーチ牧師。著書に『ビジネスマンから牧師への祝福された道―今、見えてきた大切なこと―』(イーグレープ)。

【門谷晥一著書】(Amazon)
【門谷晥一著書】(イーグレープ)

Facebookでシェアする Twitterでシェアする
関連タグ:門谷晥一

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。

記事の一つ一つは、記者が取材をして書き上げ、翻訳者が海外のニュースを邦訳し、さらに編集者や校閲者の手も経て配信しているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、サポーターとして(1,000円/月〜)、また寄付(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済(Paypal)で可能です。希望者には、週刊メールマガジンも送らせていただきます。サポーターや寄付の詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

  • 金額を選択:
  • 金額を選択:

コラムの最新記事 コラムの記事一覧ページ

主要ニュース

コラム

人気記事ランキング