新年から聖書通読を 米神学者ジョン・パイパー氏が勧める方法と理由

2018年1月11日17時40分 翻訳者 : 山本正浩 印刷
Facebookでシェアする Twitterでシェアする
+新年から聖書通読を 米神学者ジョン・パイパー氏が勧める方法と理由
(写真:Savio Sebastian)
- 広告 -

今年はもっと聖書を読もう。新年にそのような抱負を決めるクリスチャンは多いだろう。米国の神学者ジョン・パイパー氏が、そんなクリスチャンに勧める聖書の読み方がある。毎日、聖書の4カ所を読み、1年間で聖書全巻を読み切る方法だ。しかし一方で、読む方法よりも、読む理由の方が重要だとパイパー氏は言う。

パイパー氏は、自身が設立した宣教団体「デザイアリング・ゴッド」のウェブサイトのコーナー「ジョン牧師に聞いてみよう」で年頭の投稿(英語)をし、自身が昨年、「ディサイプルシップ・ジャーナル聖書通読プラン」(英語)を用いた理由を述べている。このプランは無料で利用できるため、今年もこれを使うという。

「この方法がうまくいく理由は、毎日、聖書の4カ所を読むことにあります。私がこのプランを使う理由、また皆さんにもお勧めする理由はそこにあるのです」

毎日読む4カ所のうち、2カ所は旧約からで、もう2カ所は新約から。旧約の箇所はある程度の分量があるものの、新約の2カ所は短く、短時間で読める。「多読と精読を組み合わせられるというメリットがあります」とパイパー氏は言う。このプランでは1カ月が25日で組まれており、遅れがあれば、余った日で取り戻すこともできる。

しかし、より大切なのは通読法やプランではなく、聖書を毎日読む理由とその結果にあるという。

「クリスチャンの究極の目標は、日々の生活の中で神に栄光を帰すことにあると思っています。フィリピの信徒への手紙1章20節の言葉を使うなら、『生きるにも死ぬにも、わたしの身によってキリストが公然とあがめられるように』ということです。私たちがこの星に存在している究極の理由は、神の偉大さを現すことです。神が尊く、大切な存在で、最高の宝物であることを示すためです。神を宝物のように見せること、それが人生の目的です」

そのためには、聖書の定期的黙想が欠かせないとパイパー氏は強調する。なぜなら、神の偉大さを示すには、日々神を求める必要があるからだ。

「キリストの栄光が最も大きく現れるのは、私たちが主にあって最も満足しているときです。しかしキリストとまみえ、キリストを味わうことなしに、魂の深い部分で主にある満足を得ることはできません。ポイントは、聖書の言葉を常に黙想することなしにはそうならないということです」

「私は、自分自身のうちに何もないことを知っています。私は空っぽで、深みがなく、人を感動させるものを持ち合わせていません。私には情熱も美しさもなく、尊いものや素敵なもの、見事なものもありません。空っぽで、無感動で、次から次へとこの世的な思い込みに突き進むだけです。ですから今年、このジョン・パイパーにある唯一の希望は次のことです。すべてのことにおいて神の偉大さが現され、神に満足していただくのを目の当たりにすること。つまり、私の聖書通読を通して神に喜んでいただき、そこに現される神の栄光を見させていただくことです」

※この記事はクリスチャンポストの記事を日本向けに翻訳・編集したものです。
この記事が気に入ったら「フォロー」しよう
フェイスブックで最新情報をお届けします

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。

記事の一つ一つは、記者が取材をして書き上げ、翻訳者が海外のニュースを邦訳し、さらに編集者や校閲者の手も経て配信しているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、サポーターとして(1,000円/月〜)、また寄付(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済(Paypal)で可能です。希望者には、週刊メールマガジンも送らせていただきます。サポーターや寄付の詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

  • 金額を選択:
  • 金額を選択:

国際の最新記事 国際の記事一覧ページ

主要ニュース

コラム

人気記事ランキング