横浜ハリストス正教会 正月にクリスマスを祝う

2018年1月9日06時45分 記者 : 守田早生里 印刷
Facebookでシェアする Twitterでシェアする
関連タグ:ロシア正教会
+横浜ハリストス正教会 正月にクリスマスを祝う
クリスマスツリーが飾られている聖堂で聖体礼儀を行った=7日、横浜ハリストス正教会(横浜市神奈川区)で
- 広告 -

正教会のクリスマスは12月25日ではなく1月7日。横浜ハリストス正教会でも7日、降誕祭聖体礼儀が行われた。通常の日曜日は30人ほどの信徒が集まるが、この日はクリスマスとあって、見学者も含め、およそ2倍近くの人が聖堂を満たした。

横浜ハリストス正教会は、JR横浜駅の北に位置する閑静な住宅街の一角にある。特徴的な玉ねぎ型の屋根に、八端十字架(横木の上下に罪状書きと足台がある)が掲げられている。午前10時、高らかに鳴る鐘の音とともに、多くの参祷者がクリスマスツリーの飾られた聖堂へと急いだ。

現在、世界各国で用いられているグレゴリオ暦は、日本でも明治に入ってから採用されたが、16世紀以前はユリウス暦が欧州を中心に用いられていた。ロシア正教会ではユリウス暦を今も使っているため、ユリウス暦の12月25日に当たる1月7日がクリスマスになる。そのため、世間一般のクリスマスと正月三が日が過ぎた後、静かで厳かなクリスマスが正教会で祝われることになる。

聖堂に入ると、美しい混声合唱とお香の煙、ろうそくの炎と、窓から降り注ぐ日の光に照らされたイコン(聖画)から、正教会の特徴を五感で感じ取ることができる。

信者たちは、まず水野宏神父のところに行く。「痛悔機密」を受けるためだ。これはカトリックの「ゆるしの秘跡」に当たるが、「告解室」は存在せず、会堂の隅で小声で行う。告白と祈りが終わると、十字架と聖書、神父の手の甲に口づけをして「痛悔機密」は終了する。

横浜ハリストス正教会 正月にクリスマスを祝う
聖歌隊の賛美が式の進行に重要な役割を果たす。

正教会では、聖体礼儀が始まると、聖歌隊による賛美が式の進行に重要な要素となる。賛美に合わせて信者は十字を描いたり、床にひれ伏して祈ったりする。

正教の教えは、1861年、ロシア人司祭ニコライによって北海道函館に初めて伝えられた。その後、東京・神田にニコライ堂(東京復活大聖堂教会)が完成し、ここを拠点にして日本全土に広がった。明治期には3万人の信徒がいたとされるが、現在は全国56教会、信徒数は1万人を切るという。

横浜に正教会が伝えられたのは1878年。日露戦争(1904年)が勃発した時には、正教会は敵国の宗教として大きな弾圧を受けた。やがてロシア革命(17年)で母国を追われた多くのロシア人が日本に亡命し、教会は彼らにとって心の支えとなった。当時、太田町にあった会堂が、23年の関東大震災により全壊。しかし、明治期から大正期にかけて、ロシア人と日本人信徒が互いの言葉で聖歌を歌うなど、日本の正教会が最も繁栄した時期でもあった。

1935年には地蔵坂上に聖堂が建てられたが、第二次世界大戦の勃発とともに、ほとんどの教会活動ができなくなった。日本人が疎開する中、一時はロシア人信徒によって教会が守られていた時期もあった。45年5月の大空襲の際には横浜の街が壊滅的な被害を受けたものの、郊外にあった聖堂は難を逃れた。終戦後はロシア人信徒も多く集まり、近隣の住民から「山手の小さなロシア教会」と呼ばれ、親しまれた。この聖堂は老朽化が進んだため、80年に取り壊され、現在の神奈川区松ヶ丘にある聖堂へと移転された。

横浜ハリストス正教会 正月にクリスマスを祝う
聖体拝領の様子

水野神父はこの日、このようなクリスマスメッセージを語った。

「降誕祭前夜の祈りの中で、聖歌の歌詞に『異邦人はこれを知りて従えり』とある。異邦人とは、法律上の国籍が違うということではない。真の信仰を持っているか否か。当時、アブラハムの血を受け継ぐユダヤ民族以外は異邦人とされた。自分たちこそ『イスラエル』(神の民)として、それ以外は救われるないと。しかし、神様はユダヤ民族とそれ以外の民族を別々に造ったのではない。私たちをすべて等しく造られた。クリストス(キリスト)を信じる民はすべてイスラエルであり、救いにあずかれる。東方の博士たちは、現在のペルシャ、おそらくイラン周辺から旅をしてきたと推測される。彼らはユダヤ民族ではなく、異邦人ということになる。しかし、クリストスがお生まれになった夜、ユダヤ民族は『救世主がお生まれになる』ということを知っていながら、ユダヤ王の座を脅かされることを恐れて、これを無きものにしようとした。一方、異邦人である東方の博士たちは、真の信仰をもってクリストスを拝した。どちらがアブラハムの信仰を受け継ぐものであるか。クリストスは物語上の人物ではない。ずっと旧約時代から預言されていた救世主。降誕というのは、その救世主がこの世にお生まれになって、今も目には見えないが、私たちと共にいるということ。それを祝うものだ」

最後に水野神父が「メリークリスマス!」と呼び掛けて式は終了した。

同教会では、他のキリスト教会と同じく信徒の高齢化が進み、現在は日曜学校も休止中だ。年間を通して、バザーやロシア料理教室、聖パン作り教室などを開いて地域とのつながりを持っている他、水野神父がSNSなどを通して積極的に情報を発信し、開かれた教会を目指している。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
フェイスブックで最新情報をお届けします
Facebookでシェアする Twitterでシェアする
関連タグ:ロシア正教会

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。

記事の一つ一つは、記者が取材をして書き上げ、翻訳者が海外のニュースを邦訳し、さらに編集者や校閲者の手も経て配信しているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、サポーターとして(1,000円/月〜)、また寄付(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済(Paypal)で可能です。希望者には、週刊メールマガジンも送らせていただきます。サポーターや寄付の詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

  • 金額を選択:
  • 金額を選択:

教会の最新記事 教会の記事一覧ページ

主要ニュース

コラム

人気記事ランキング