百人一読―偉人と聖書の出会いから(54)小倉昌男 篠原元

2017年8月8日07時55分 コラムニスト : 篠原元 印刷
Facebookでシェアする Twitterでシェアする
関連タグ:篠原元
+百人一読―偉人と聖書の出会いから(54)小倉昌男 篠原元
ヤマト運輸の配送車(写真:Tennen-Gas)
- 広告 -

一瞬の恥を覚悟で逃げて(自分の)役に立てば、よいものなのでしょうか? 人間の一生、人生とは。

「クロネコヤマトの宅急便」の生みの親であり、ヤマト運輸の代表取締役社長を務めた小倉昌男という偉大な実業家がいました。ヤマト福祉財団理事長としても活躍され、著書も多くあります。クリスチャンであった小倉昌男が、このように語っています。「自分が人にしてもらいたいと思うことを相手にもしてあげること。自分がやられたら嫌なことは相手にもしない。この二つに行き着くんだね。僕はそうやって経営をやってきたんだよ」(『100人の聖書』85ページ参照)

自分が人にしてもらいたいことを相手にもするということは、自分に不利益(不都合)であっても逃げずに、立ち止まって、相手のために何かをやってあげるということです。

皆さんもお世話になっていると思います「クロネコヤマトの宅急便」を全身全力でスタートした小倉昌男の言葉に注目してみましょう。この言葉が教えるのは、逃げないことだと思います。

「逃げるは恥だが役に立つ」が有名ですね。でも、逃げずに立ち止まり、相手(他人)の役に立つ生き方をしてみませんか。つまり、「逃げないことはカッコよくて、人の役に立つ!」。このような生き方を。小倉昌男が、巨大な壁を前にしても退かずに(逃げずに)、必死になって闘ってくれたからこそ、私たちは、日ごろ宅急便という存在の恩恵にあずかっています。

小倉昌男が、巨大な壁、理不尽な要求などを繰り返す国や企業の前から逃げていたならば、彼は楽になり、彼の人生そのものには(逃げることが)役に立つことだったでしょうが、今の宅急便の便利さはなかったかもしれません。

今日から、小倉昌男のように、人の役に立つ生き方をしていく人がいれば、宅急便以上のスゴイことがそこからスタートするかもしれません。それは、自分に不都合、不利益なことかもしれませんが。

「逃げるは恥だが(自分の)役に立つ」という生き方でなく、今日から「逃げないことはカッコよくて、人の役に立つ」という生き方をしていきませんか?

<<前回へ     次回へ>>

【書籍紹介】
篠原元著『100人の聖書

『100人の聖書』

本書を推薦します!
「他の追随を許さない数と挿話」
――奥山実牧師(宣教師訓練センター[MTC]所長)
「牧師の説教などに引用できて便利」
――中野雄一郎牧師(マウント・オリーブ・ミニストリーズ)
「聖書に生きた偉人たちの画廊」
――峯野龍弘牧師(ウェスレアン・ホーリネス教団淀橋教会)

ご注文は、全国の書店・キリスト教書店、Amazon、または、イーグレープのホームページにて。

篠原元

篠原元(しのはら・げん)

1991年7月、東京都千代田区生まれ。プロテスタント・炎リバイバル教会伝道師。JTJ宣教神学校卒業、アンテオケ国際宣教神学校卒業、同神学院中退。現在、VIPクラブ、キリスト教各団体、ホテルなどにて講演、またテレビ番組「ライフ・ライン」などに出演するなど多方面で活動中。2017年1月に有志のメンバーにより設立された社会福祉活動団体「100人の聖書基金」の、学校・児童養護施設・病院などへの書籍寄贈活動に著者として携わっている。著書に『100人の聖書』(発行:イーグレープがある。

各種依頼などに関する問い合わせは、以下の教会ホームページまたは「100人の聖書基金」ホームページを参照。

炎リバイバル教会ホームページ
「100人の聖書基金」ホームページ

この記事が気に入ったら「フォロー」しよう
フェイスブックで最新情報をお届けします
関連タグ:篠原元

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。

記事の一つ一つは、記者が取材をして書き上げ、翻訳者が海外のニュースを邦訳し、さらに編集者や校閲者の手も経て配信しているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、サポーターとして(1,000円/月〜)、また寄付(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済(Paypal)で可能です。希望者には、週刊メールマガジンも送らせていただきます。サポーターや寄付の詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

  • 金額を選択:
  • 金額を選択:

コラムの最新記事 コラムの記事一覧ページ

主要ニュース

コラム

人気記事ランキング