トピックス 九州豪雨  宗教改革500年  聖書翻訳  同性愛  沖縄  

音楽を断念した3日後、牧師バンドの道が開けた 牧師ROCKS結成4周年記念ライブ開催へ

2017年5月2日15時55分 記者 : 守田早生里 印刷
Facebookでシェアする Twitterでシェアする
+音楽を断念した3日後、牧師バンドの道が開けた 牧師ROCKS結成4周年記念ライブ開催へ
ドラムを担当する市原悠史(ゆうし)氏
- 広告 -

全員が現役の牧師で構成されている「牧師ROCKS」。仏教の僧侶たちで構成される「坊主バンド」と対バン(競演)するなど、結成以来、何かと話題を呼んでいる。そんな牧師ROCKSも結成4年目を迎え、それを記念するライブが5月18日、四谷アウトブレイク(東京都新宿区)で行われる。ファン層は幅広く、年齢、宗教、男女の枠を超え、多くの人々が彼らのライブに訪れる。

牧師ROCKS結成当時からのメンバーで、ルーテル甲府・諏訪教会牧師の市原悠史(ゆうし)氏に、結成からこれまでの歩みを聞いた。

市原氏が同バンドのリーダー関野和寛(日本福音ルーテル東京教会主任牧師)氏から誘いを受けたのは、今から10年前となる2007年、ルーテル神学校に入学した初日だった。入寮しようと準備をしていると、げた箱に関野氏から「一緒にバンドをやろう。連絡をくれ」と書いたメッセージと名刺が入っていた。それまで関西地方の大学で軽音楽部に属し、バンド活動をしながら音楽の道を志したことも一時はあったが、牧師への道が開けた時に、それはすっぱり諦めたはずだった。しかし、断念して3日後、関野氏からのこの誘いで、再び音楽の道へ戻ることになったのだ。

この頃はまだ牧師ROCKS結成には至っていなかったが、神学校の勉強や牧会の傍ら、2人でさまざまな音楽活動を行ってきた。それから数年後、ルーテル教会の教区50周年記念に、何か面白くて、若い人にも興味を持ってもらえそうなことをしたいと考える中で、「全員、牧師のバンド『牧師ROCKS』をやってみたらどうか」という単発の企画が持ち上がった。

音楽を断念した3日後、牧師バンドの道が開けた 牧師ROCKS結成4周年記念ライブ開催へ
牧師ROCKSのCDジャケット

しかし、その後もCDをリリースしたり、ライブを行ったりと、活動の幅が広がり、いつの間にか単発ではなく、継続するバンドとして形が作られていった。坊主バンドともその後、何度も競演することになるが、初めて同じステージに立った時は、「独特の緊張感と、何か新しいことが始まるようなワクワク感があった」と市原氏は話す。

ライブではハードロックの要となるドラムを担当する市原氏だが、教会員にその姿を知る人は少ない。一方、ライブで迫力あるドラム演奏をする市原氏の姿を見て、「あんな男が本当に牧師として教会で説教をしているのか、見に行ってみよう」と教会に足を運び、それから続けて礼拝に来ている人もいるという。

音楽を断念した3日後、牧師バンドの道が開けた 牧師ROCKS結成4周年記念ライブ開催へ
4周年記念ライブのポスター

市原氏は牧師ROCKSの活動についてこう話す。「4人の牧師は全国に散らばって牧会しているため、全員揃うのは年に数回。メンバーがわざわざ遠いところから1カ所に集まって、ライブハウスという、ある意味『守備範囲外』の場所に出向くことに大きな意味がある。教会に1度も足を踏み入れたことはないが、音楽が好きでライブハウスにはよく来るといった層にとって、初めて出会う『牧師』が僕ら。彼らの人生に少しでも触れられれば、それでいいのではないか。そこから教会につながってくれれば本当にうれしいが、祈りつつ僕らも楽しみ、ライブに来てくれた人々も楽しんでくれれば、成功なのだと思う」

現在、牧師ROCKSは新曲の準備を進めている。18日のライブで披露されるかどうかは神のみぞ知る、といったところ。

音楽を断念した3日後、牧師バンドの道が開けた 牧師ROCKS結成4周年記念ライブ開催へ
宗教改革500年を記念したグッズ

今回は、宗教改革500年版の牧師ROCKS関連グッズの販売も予定している。また、「懺悔部屋」では、先着でメンバーが話を聞き、祝福を祈る。

牧師ROCKS結成4周年記念ライブ
日時:5月18日(木)午前6時開場 午後6時半開演
場所:四谷アウトブレイク
共演:COCORO*CO little moa kanako

〈チケット〉
前売り 2000円(+1ドリンク500円)
当日 2500円(+1ドリンク500円)
※ 宗教・年齢は不問。車いす入場可能。5歳以下無料。飲酒禁煙。宗教勧誘皆無。
チケット予約は名前・電話番号・枚数を明記の上、lutheranrockers@yahoo.co.jp まで。

この記事が気に入ったら「フォロー」しよう
フェイスブックで最新情報をお届けします

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。

記事の一つ一つは、記者が取材をして書き上げ、翻訳者が海外のニュースを邦訳し、さらに編集者や校閲者の手も経て配信しているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、サポーターとして(1,000円/月〜)、また寄付(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済(Paypal)で可能です。希望者には、週刊メールマガジンも送らせていただきます。サポーターや寄付の詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

  • 金額を選択:
  • 金額を選択:

文化の最新記事 文化の記事一覧ページ

主要ニュース

コラム

人気記事ランキング