【寄稿】ユスト高山右近に倣い、現代社会に神の愛の光を 片柳弘史

2017年2月26日22時28分 執筆者 : 片柳弘史 印刷
Facebookでシェアする Twitterでシェアする
+【寄稿】ユスト高山右近に倣い、現代社会に神の愛の光を 
ユスト高山右近の列福式には1万人以上が参加した=2月7日、大阪城ホール(大阪市)で
- 広告 -

2月7日、大阪城ホールで行われた殉教者・ユスト高山右近の列福式に、カトリック宇部教会からの巡礼団26名と一緒に参加してきました。列福式の司式は、ローマ教皇代理のアンジェロ・アマート枢機卿。アジア各国から、また日本中から集まった司教、司祭合わせて300人の共同司式による荘厳な式となりました。当日、会場に集まった人々の数は、1万人を超えたそうです。

没後402年を経て、これだけたくさんの人々が日本中から、また世界中から1人の人物を顕彰するために集まったという事実に驚いたというのが、正直な感想です。右近の生涯が、それほどまでに真実で、輝いていたということでしょう。その光は、数百年を経た今も輝きを失わず、人々を引き寄せているのです。

右近が輝かせた光、それは福音の光であり、イエス・キリストによってもたらされた希望の光に他なりません。神様は、高山右近という1人の侍の生涯を通して、戦国乱世の闇の中に愛の光を燦然(さんぜん)と輝かせたのです。先の見えない不安と、絶望の闇の中に住んでいた戦国時代の人々は、その光に次々と引き寄せられてゆきました。その光が、時を越えて今、現代社会に生きる私たちの心も引き寄せているのです。

右近とその父、ダリオ高山友照は、自分たちの領地に「神の国」を実現することを目指しました。領主も農民もなく、全ての人が神の子、兄弟姉妹として生きることができる世界を、戦国の世に実現しようとしたのです。高山親子は、「ミゼリコルディア(いつくしみ)の組」と呼ばれる、現代でいうところのボランティア団体のような教会の組織に参加し、領地内の貧民救済に当たりました。家族のいない貧しい人が死んだ時には、領主親子がその人の棺おけを担いで運んだといわれています。そのような親子の姿を見て、領民たちはこぞってキリスト教を信じました。高山親子を通して現れた、神様の愛を信じたと言ってもいいでしょう。

【寄稿】ユスト高山右近に倣い、現代社会に神の愛の光を 

その姿は、ガリラヤの地に現れた、イエス・キリストの姿を映し出しているように思います。ローマ帝国の重税にあえぎ、同じユダヤの民からも差別を受けていたガリラヤの人々が、身分や職業によって人を分け隔てせず、惜しみなく人々に奉仕するイエスの愛に次々と引き寄せられていったように、戦国時代の闇の中に生きていた人々も、高山親子を通して輝いた神様の愛の光に引き寄せられていったのでしょう。

私がもう1つ興味深く思うのは、右近がイエズス会の創立者、聖イグナチオ・デ・ロヨラの考案した「霊操」と呼ばれる祈りの方法に深く影響を受けていたことです。「霊操」とは、簡単に言えば、欲望や執着によって乱れた人間の心を、神様に向けてまっすぐに整えてゆくための祈りのプログラムです。右近は生涯のうちに2度、「霊操」を受け、日々の生活の中でも「霊操」の心を生きた人でした。

【寄稿】ユスト高山右近に倣い、現代社会に神の愛の光を 
カトリック宇部教会(山口県宇部市)の巡礼団

聖イグナチオはもともと軍人でしたから、「霊操」には主君への忠誠や、イエスの陣営と悪魔の陣営の戦いといったモチーフが現れてきます。戦国武将であった右近が、聖イグナチオの「霊操」に心を引かれたのは、ある意味で自然なことに思われます。欧州の軍人と日本の武士の魂が、洋の東西を越えて、神様の愛の中で響き合ったのです。

「右近に倣って、現代社会に神様の愛の光を輝かせてゆきたい。共にイエスの陣営で戦いたい」、そう強く思わされた今回の列福式でした。今回の式典を、一過性のお祝いに終わらせることなく、これからも日々の生活の中で右近の模範に倣ってゆきたいと思います。

片柳弘史

片柳弘史(かたやなぎ・ひろし)

1971年埼玉県生まれ。1994年慶應義塾大学法学部法律学科卒業。1994~95年カルカッタにてボランティア活動。マザー・テレサから神父になるよう勧められる。1998年イエズス会入会。2008年上智大学大学院神学研究科修了。現在は山口県宇部市で教会の神父(カトリック宇部教会主任司祭)、幼稚園の講師、刑務所の教誨師として働く。著作『世界で一番たいせつなあなたへ~マザー・テレサからの贈り物』『あなたのままで輝いて~マザー・テレサが教えくれたこと』『超訳マザー・テレサ~幸せはいつも、ささやかなことの中に』(いずれもPHP研究所)など。

この記事が気に入ったら「フォロー」しよう
フェイスブックで最新情報をお届けします

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。

記事の一つ一つは、記者が取材をして書き上げ、翻訳者が海外のニュースを邦訳し、さらに編集者や校閲者の手も経て配信しているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、サポーターとして(1,000円/月〜)、また寄付(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済(Paypal)で可能です。希望者には、週刊メールマガジンも送らせていただきます。サポーターや寄付の詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

  • 金額を選択:
  • 金額を選択:

教会の最新記事 教会の記事一覧ページ

主要ニュース

コラム

人気記事ランキング