トピックス 沈黙(映画)  宗教改革500年  聖書翻訳  沖縄  環境問題  マザー・テレサ  

温故知神—福音は東方世界へ(66)大秦景教流行中国碑の現代訳と拓本11 川口一彦

2017年2月16日15時07分 コラムニスト : 川口一彦 印刷
Facebookでシェアする Twitterでシェアする
関連タグ:川口一彦
温故知神—福音は東方世界へ(66)大秦景教流行中国碑の現代訳と拓本11 川口一彦

<本文と拓本>31文字(296+32=328)

真(真を成す)。啓三常之門(三常<信・望・愛か?>の門を啓示し)、開生滅死(生を開き死を滅し)、懸景日以破暗府(暗府を破るを以[も]って景日<主イエスの復活記念日>を懸[かか]げ)、魔妄於是乎悉摧(魔妄は是においてや悉[ことごと]く摧[くだ]く)。棹慈航以登明宮(慈航に棹さし以って明宮に登る)。含

<現代訳>

信仰・希望・愛の三常の門を啓示し、生命を開き、死を滅ぼし、暗府を破り、主イエスの復活記念日を特別な日としました。こうして悪魔の力を悉く砕き、信徒たちは恵みの船で棹をさして天に登りました。こうして人は救われ、救いの御業は完了し、太陽が真昼の頂上に昇りつめたさまのようです。

<解説>

この箇所は、主イエスの復活により死を滅ぼし、新しい命の世界を開かせ、信仰・希望・愛に生きる信徒たちが天に昇っていくことを伝えています。

よみについては「暗府」とし、景である主イエスの日を「景日」とし、復活記念日を特別な日としているのも新しい発見かと思います。

※ 参考文献
景教—東回りの古代キリスト教・景教とその波及—』(改訂新装版、イーグレープ、2014年)

<<前回へ     次回へ>>

川口一彦

川口一彦(かわぐち・かずひこ)

1951年、三重県松阪市に生まれる。現在、愛知福音キリスト教会牧師。日本景教研究会代表、国際景教研究会(本部、韓国水原)日本代表。基督教教育学博士。愛知書写書道教育学院院長(21歳で師範取得、同年・中日書道展特選)として書も教えている。書道団体の東海聖句書道会会員、同・以文会監事。各地で景教セミナーや漢字で聖書を解き明かすセミナーを開催。

著書に 『景教—東回りの古代キリスト教・景教とその波及—』(改訂新装版、2014年)、『仏教からクリスチャンへ』『一から始める筆ペン練習帳』(共にイーグレープ発行)、『漢字と聖書と福音』『景教のたどった道』(韓国語版)ほかがある。最近は聖句書展や拓本展も開催。

【川口一彦著書】(Amazon)
【川口一彦著書】(イーグレープ)

HP:景教(東周りのキリスト教)
川口一彦牧師のフェイスブック
景教の研究・川口フェイスブック

この記事が気に入ったら「フォロー」しよう
フェイスブックで最新情報をお届けします
関連タグ:川口一彦

関連記事

コラムの最新記事 コラムの記事一覧ページ

主要ニュース

コラム

おすすめのイベント

人気記事ランキング