牧師の小窓(56)8つの贈り物 福江等

2016年11月27日23時54分 コラムニスト : 福江等 印刷
Facebookでシェアする Twitterでシェアする
関連タグ:福江等
+牧師の小窓(56)8つの贈り物 福江等
春の花、スノーフレーク
- 広告 -

「ゴッドバイン」というネットジャーナルの中に「8つの贈り物」という記事がありました。誰もが人に贈ることのできる8つの贈り物のことです。これを訳してみます。

1. 傾聴の贈り物

これは人の話を「本当に」聴くという贈り物です。途中で話の腰を折ったり、よそごとを考えながら聴いたり、なんと言おうかと考えたりしないで、ただ関心を持って聴くという贈り物です。

2. 愛の贈り物

これは家族や友達にちょっとした愛情のこもった仕草(しぐさ)をたっぷりとあげるという贈り物です。

3. 笑いの贈り物

面白い記事や小話などを分かち合うという贈り物です。これは「一緒に笑いましょう」というメッセージを伝えます。

4. 書き言葉の贈り物

ちょっとしたお礼のカードやメールや手紙などが、生涯忘れられないものになる場合もあります。その人の人生を変えることさえあります。

5. 褒め言葉の贈り物

「赤がよく似合うね」とか、「おいしいね」とか、「いい仕事をしたね」とかという言葉が人の一日を素晴らしいものにします。

6. 親切の贈り物

毎日、面倒がらずにちょっとした親切をしましょう。

7. 孤独の贈り物

時々、誰にも邪魔されずに1人になりたい時もあります。そんな気持ちを敏感に感じ取って、1人にさせてあげましょう。

8. 陽気さの贈り物

気が良くなる一番の近道は誰かに親切な言葉をかけることです。「こんにちは」とか、「ありがとう」と言うことは、それほど難しいことではありません。

<<前回へ     次回へ>>

福江等

福江等(ふくえ・ひとし)

1947年、香川県生まれ。1966年、上智大学文学部英文科に入学。1984年、ボストン大学大学院卒、神学博士号修得。1973年、高知加賀野井キリスト教会創立。2001年(フィリピン)アジア・パシフィック・ナザレン神学大学院教授、学長。現在、高知加賀野井キリスト教会牧師、高知刑務所教誨師、高知県立大学非常勤講師。著書に『主が聖であられるように』(訳書)、『聖化の説教[旧約篇Ⅱ]―牧師17人が語るホーリネスの恵み』(共著)など。

福江等牧師フェイスブックページ
高知加賀野井キリスト教会ホームページ
高知加賀野井キリスト教会フェイスブックページ

この記事が気に入ったら「フォロー」しよう
フェイスブックで最新情報をお届けします
関連タグ:福江等

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。

記事の一つ一つは、記者が取材をして書き上げ、翻訳者が海外のニュースを邦訳し、さらに編集者や校閲者の手も経て配信しているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、サポーターとして(1,000円/月〜)、また寄付(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済(Paypal)で可能です。希望者には、週刊メールマガジンも送らせていただきます。サポーターや寄付の詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

  • 金額を選択:
  • 金額を選択:

コラムの最新記事 コラムの記事一覧ページ

主要ニュース

コラム

人気記事ランキング