トピックス 米大統領選  宗教改革500年  環境問題  マザー・テレサ  沖縄  戦後71年  日本聖公会京都事件  

温故知神—福音は東方世界へ(60)大秦景教流行中国碑の現代訳と拓本5 川口一彦

2016年11月26日22時03分 コラムニスト : 川口一彦 印刷
Facebookでシェアする Twitterでシェアする
関連タグ:川口一彦
温故知神—福音は東方世界へ(60)大秦景教流行中国碑の現代訳と拓本5 川口一彦

<本文と拓本>28文字(105+32=137)
令鎮化海渾元之性虗而不盈素蕩之心本無希嗜洎乎娑殫施妄鈿飾純精

<注>
令鎮化海は万物を鎮める。渾元之性は人のもともとの本性のこと。虗而不盈は空しく満ちず。素蕩之心とは邪気のない心のこと。本無希嗜は他に好むものはなかった。洎乎娑殫(シリア語のサタンの漢語訳)施妄はサタンは偽りを施して注ぎ。鈿飾は宝石などで身を飾った見せかけの姿。

<現代訳>
万物を支配されました。人の本性は悪に傾かず、純真な心は他のものを求めませんでした。ところがサタンは身を飾って惑わしました。

<解説>
ここは創世記3章前半の人の始祖アダムとエバが狡猾なサタンの惑わしを受けた部分の箇所です。娑殫(サタン)の漢訳はシリア語聖書からで、この用語は碑文以外にも出てきます。

※ 参考文献
景教—東回りの古代キリスト教・景教とその波及—』(改訂新装版、イーグレープ、2014年)

<<前回へ     次回へ>>

川口一彦

川口一彦(かわぐち・かずひこ)

1951年、三重県松阪市に生まれる。現在、愛知福音キリスト教会牧師。日本景教研究会代表、国際景教研究会(本部、韓国水原)日本代表。基督教教育学博士。愛知書写書道教育学院院長(21歳で師範取得、同年・中日書道展特選)として書も教えている。書道団体の東海聖句書道会会員、同・以文会監事。各地で景教セミナーや漢字で聖書を解き明かすセミナーを開催。

著書に 『景教—東回りの古代キリスト教・景教とその波及—』(改訂新装版、2014年)、『仏教からクリスチャンへ』『一から始める筆ペン練習帳』(共にイーグレープ発行)、『漢字と聖書と福音』『景教のたどった道』(韓国語版)ほかがある。最近は聖句書展や拓本展も開催。

【川口一彦著書】(Amazon)
【川口一彦著書】(イーグレープ)

HP::景教(東周りのキリスト教)
川口一彦牧師のFacebook

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
フェイスブックで最新情報をお届けします
関連タグ:川口一彦

関連記事

コラムの最新記事 コラムの記事一覧ページ

主要ニュース

コラム

人気記事ランキング