教皇、新枢機卿名を発表 11月に公開枢機卿会議召集

2016年10月17日23時51分 印刷
Facebookでシェアする Twitterでシェアする

【CJC】教皇フランシスコは9日、公開枢機卿会議を11月19日に開くことを告げ、その中で任命される17人の新枢機卿(有権枢機卿13人、非有権枢機卿4人)の名前を発表した。

バチカン放送(日本語電子版)によると、バチカンでは10月8、9日に、聖母マリアへの信心をテーマにした聖年行事として、ロザリオの祈りや教皇ミサが行われた。9日、ミサの後半に唱えられた正午のアンジェラスの祈りの際に、教皇は公開枢機卿会議の開催を告知、さらに「いつくしみの特別聖年」の終了日の前日11月19日に枢機卿会議を開き、この中で5大陸の11カ国から13人の有権枢機卿(教皇選挙の投票権を持つ80歳未満の枢機卿)を任命することを明らかにした。

教皇は、翌20日「王であるキリスト」の祭日に、「いつくしみの特別聖年」の閉幕ミサを、新枢機卿らをはじめ、枢機卿団・司教・司祭らと共同司式したいと述べた。

新枢機卿13人の名前は次の通り。(以下、発表順・敬称略・括弧内は出身国・所属修道会)

1. マリオ・ゼナーリ、駐シリア教皇大使(イタリア)
2. デュドネ・ヌザパランガ、バングイ大司教(中央アフリカ・聖霊会)
3. カルロス・オソロ・シエラ、マドリッド大司教(スペイン)
4. セルジョ・ダ・ロシャ、ブラジリア大司教(ブラジル)
5. ブレーズ・J・キュピック、シカゴ大司教(米国)
6. パトリック・ド・ロザリオ、ダッカ大司教(バングラデシュ・聖十字会)
7. バルタサル・エンリケ・ポラス・カルドソ、メリダ大司教(ベネズエラ)
8. ジョセフ・ド・ケセル、ブリュッセル大司教(ベルギー)
9. モーリス・ピア、ポートルイス大司教(モーリシャス)
10. ケヴィン・ジョセフ・ファレル、教皇庁信徒・家族・生命省長官(米国)
11. カルロス・アギアール・レテス、トラルネパントラ大司教(メキシコ)
12. ジョン・リバト、ポートモレスビー大司教(パプアニューギニア・聖心布教会)
13. ジョセフ・ウィリアム・トビン、インディアナポリス大司教(米国・レデンプトール会)

また教皇は、教会の司牧に大きく貢献し、今は第一線を退いている名誉大司教1人・名誉司教2人、またキリスト者としてのはっきりとした証しを示した司祭1人の(教皇選挙の投票権を持たない)新枢機卿4人の名前を発表した。

1. アンソニー・ソテル・フェルナンデス、クアランプール名誉大司教(マレーシア)
2. レナート・コルティ、ノヴァラ名誉司教(イタリア)
3. セバスティアン・コト・コアライ、モハレス・フーク名誉司教(レソト・オブレート会)
4. エルネスト・シモーニ、シュコドラ=プルト大司教区・司祭(アルバニア)

※この記事はCJC通信の提供記事です。
この記事が気に入ったら「フォロー」しよう
フェイスブックで最新情報をお届けします

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。

記事の一つ一つは、記者が取材をして書き上げ、翻訳者が海外のニュースを邦訳し、さらに編集者や校閲者の手も経て配信しているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、サポーターとして(1,000円/月〜)、また寄付(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済(Paypal)で可能です。希望者には、週刊メールマガジンも送らせていただきます。サポーターや寄付の詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

  • 金額を選択:
  • 金額を選択:

国際の最新記事 国際の記事一覧ページ

主要ニュース

コラム

人気記事ランキング