世界新でリオ五輪陸上男子400M金 ウェード・ファンニーケルク「イエスがしてくださった」

2016年8月18日18時29分 翻訳者 : 岡本告 印刷
Facebookでシェアする Twitterでシェアする
+世界新でリオ五輪陸上男子400M金 ウェード・ファンニーケルク「イエスがしてくださった」
ウェード・ファンニーケルクがツイッターに投稿した「JESUS DID IT(イエスがしてくださった)」という言葉が入った写真。「皆さん、ありがとう。神は力です」とコメントも添えた。(写真:ファンニーケルクのツイッターより)
- 広告 -

五輪陸上男子400メートルの新しい王者、世界記録保持者となったウェード・ファンニーケルク(24、南アフリカ)は、「イエスがしてくださった」と神をたたえて金メダル獲得を祝った。

ファンニーケルクは14日、43秒03で他の選手たちを大差で負かし、マイケル・ジョンソン(48、米国)の世界記録を17年ぶりに更新して、リオデジャネイロ五輪の決勝で劇的な優勝を果たした。

ジョンソンは、そのレースを見て「完敗」だと語った。この南アフリカ出身の若き選手は、既に未来のレジェンドとして歓迎されている。

レース後、ファンニーケルクは自身のツイッターに、「神は力です」という言葉と共に、応援してくれた人々への感謝を書き込んだ。

献身的なクリスチャンであるファンニーケルクはレース後、トラックで神に感謝する時を持った。BBCスポーツには次のように語った。

「私は小さな子どもの時から、この瞬間を夢見ていました」

「私が今できるただ1つのことは、神に賛美をささげることです。私は毎日決まってひざまずき、私を守り、私の一歩一歩を見守ってくださいと主に話しています」

「私は、主にレースを通じて支えてくださるようお願いしました。そして私は、本当に祝福されているのです」

ファンニーケルクは以前、スポーツ報道機関「パッション・フォー・スポーツ」に、「私は自分に起こる全てのことを主に感謝しています」と語っていた。「私は全てのレースと、私の全ての歩みを主の御手に委ねています。私は自分の全ての動作において主に信頼しています」

また、信仰の大切さについて語るファンニーケルクは、その理由について、神が「賜物をもって自分を祝福してくださった」からだと話していた。

ファンニーケルクは、ロンドン五輪(2012年)の金メダルニスト、キラニ・ジェームズ(23、グレナダ)に勝つため、最後の80メートルを猛スピードで走り抜けた。リオ五輪では、ジェームズが銀メダル、ラショーン・メリット(30、米国)が銅メダルを獲得した。

ファンニーケルクは、昨年の世界陸上北京大会でジェームズとメリットに勝ち優勝していたが、リオ五輪では5番目に速いタイムで決勝に進出し、優勝候補ではなかった。

しかし、ファンニーケルクは五輪での初メダル獲得を目指し、五輪陸上男子400メートルでは、一番外側のレーンを走って優勝した最初の人となった。

自身の元世界記録が0秒15更新されたジョンソンは、ファンニーケルクのレースの1時間半後に行われた男子100メートル決勝で金メダルを獲得したウサイン・ボルト(29、ジャマイカ)と比較して、次のように語った。

「ファンニーケルクはとても若い。他に何ができるか? 43秒の壁を超えられるか? それは私ができると思いつつも、決してできなかったことです」「ウサイン・ボルト選手はすぐに引退するでしょう。そう、(ファンニーケルクが)次のスターになり得るのです」

ボルトは自身の優勝を祝うことを中断して、ファンニーケルクの元に走り寄り彼の優勝を祝った。ファンニーケルクは、ジャマイカでボルトの監督の下、共にトレーニングを受けていた。

ファンニーケルクは、「私は、自分の周りに同じ世代のこのような偉大なスポーツ選手がいることを感謝します。私は本当に祝福されています。そして私は今日、自分がいるところに到達できたことを感謝しています」と語った。

※この記事は英国クリスチャントゥデイの記事を日本向けに翻訳・編集したものです。
この記事が気に入ったら「フォロー」しよう
フェイスブックで最新情報をお届けします

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。

記事の一つ一つは、記者が取材をして書き上げ、翻訳者が海外のニュースを邦訳し、さらに編集者や校閲者の手も経て配信しているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、サポーターとして(1,000円/月〜)、また寄付(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済(Paypal)で可能です。希望者には、週刊メールマガジンも送らせていただきます。サポーターや寄付の詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

  • 金額を選択:
  • 金額を選択:

国際の最新記事 国際の記事一覧ページ

主要ニュース

コラム

人気記事ランキング