前ジャカルタ州知事のイスラム教冒とく騒動、引き金役の元大学講師に禁錮1年6月

2017年11月29日19時03分 翻訳者 : 岡本告 印刷
Facebookでシェアする Twitterでシェアする
+前ジャカルタ州知事のイスラム教冒とく騒動、引き金役の元大学講師に禁錮1年6月
「アホック(Ahok)」の愛称で呼ばれるインドネシア・ジャカルタ特別州のバスキ・チャハヤ・プルナマ前知事の解放を求める女性(写真:izzy)
- 広告 -

キリスト教徒であるインドネシア・ジャカルタ特別州のバスキ・チャハヤ・プルナマ前知事(愛称・アホック)がイスラム教を冒とくしたという一連の騒動で、西ジャワ州のバンドン地裁は、騒動を主導した元大学講師の男に対し、禁錮1年6月(求刑同2年)の有罪判決を下した。男は、プルナマ氏がイスラム教の聖典であるコーランを侮辱したように動画を編集したことで、ヘイトスピーチを広めたとして、情報電子取引法違反(改ざん・増悪表現)の罪に問われていた。ジャカルタ・ポスト紙(英語)などが伝えた。

同紙などによると、今月14日に有罪判決を受けたのは、ジャカルタにある私立大学「ロンドン広報学校」元講師のブニー・ヤニ被告。判決によると、プルナマ氏が再選を目指す知事選中の昨年9月下旬に行った演説について、ヤニ被告は同10月、演説の動画を意図的に編集し、プルナマ氏に対するヘイトスピーチを広めたとされている。

プルナマ氏はこの演説の中で、コーランを政治利用する政治家らを警告して「コーランの一節を使って惑わされているから、私に投票できない」などと発言した。しかし、ヤニ被告はこの発言部分を切り取った約30秒の動画をフェイスブックに投稿。投稿の説明では、「使って」という言葉を省き、「コーランの一節で惑わしている」とプルナマ氏が発言したように記していた。

この動画が拡散し、数万人のイスラム教徒がプルナマ氏を批判するデモを起こすなどした。抗議運動は現職州知事の投獄を求める声も上がるほどで、社会的混乱を引き起こした。

ヤニ被告は、プルナマ氏がイスラム教やコーランを侮辱したように見せるよう動画を編集したことを認めているという。当時は選挙戦の真っ最中であったこともあり、動画による影響などから、プルナマ氏はイスラム教徒のアニス・バスウェダン氏に敗れた。

その後、プルナマ氏はコーランを侮辱する意図はなかったと否定したものの、イスラム団体が告発。今年5月、冒とく罪により禁錮2年の判決を言い渡され、現在収監の身だ。裁判所は判決時、プルナマ氏が「合法的かつもっともらしく違法な冒とく行為を行った」としていた。

プルナマ氏の弁護団は、ヤニ被告の刑が軽過ぎるなどと、今回の判決を批判している。

弁護士の1人、イ・ワヤン・スディルタ氏は「ヤニ被告は混乱を起こしました。この判決から、アホック氏がまったく罰せられるべきではなかったことが明らかなのです」と述べた。

別の弁護士であるテグ・サムドラ氏はジャカルタ・ポスト紙(英語)に対し、ヤニ被告の刑が軽過ぎるとし、「アホック氏の判決よりも重いものであるべきです。加えて、彼は直ちに刑務所に送られるべきなのです」と語った。

※この記事はクリスチャンポストの記事を日本向けに翻訳・編集したものです。
この記事が気に入ったら「フォロー」しよう
フェイスブックで最新情報をお届けします

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。

記事の一つ一つは、記者が取材をして書き上げ、翻訳者が海外のニュースを邦訳し、さらに編集者や校閲者の手も経て配信しているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、サポーターとして(1,000円/月〜)、また寄付(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済(Paypal)で可能です。希望者には、週刊メールマガジンも送らせていただきます。サポーターや寄付の詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

  • 金額を選択:
  • 金額を選択:

国際の最新記事 国際の記事一覧ページ

主要ニュース

コラム

人気記事ランキング