「紙の教会」設計の坂茂氏にマザー・テレサ賞 日本人初

2017年11月13日16時11分 記者 : 内田周作 印刷
Facebookでシェアする Twitterでシェアする
+「紙の教会」設計の坂茂氏にマザー・テレサ賞 日本人初
坂茂氏=2011年(写真:ハイアット財団提供、坂茂建築設計撮影)
- 広告 -

大地震で被災した教会に代えて「紙の教会」や「紙のカテドラル」などを設計したことで知られる建築家の坂(ばん)茂氏(60)に、「マザー・テレサ賞」が贈られることが決まった。日本人の受賞は初めてで、建築家が受賞するのも今回が初めてだという。国内各紙が13日に伝えた。

坂氏は、1995年の阪神・淡路大震災で焼失したカトリック鷹取教会(現カトリックたかとり教会)のために、紙管を使った仮設の聖堂「紙の教会」を設計。さらに2011年には、ニュージーランドのカンタベリー地震で被災したクライストチャーチ大聖堂のために、仮設の「紙のカテドラル」を設計するなどした。

マザー・テレサ賞は05年、平和や社会正義の促進を目指す個人・団体を表彰する賞として創設された。正式名称は「社会正義のためのマザー・テレサ記念国際賞」で、ハーモニー財団(インド)が主催する。これまでに、ノーベル平和賞受賞者のマララ・ユスフザイさんやダライ・ラマ14世、国境なき医師団などが受賞している。

例年、複数の個人・団体が受賞しており、今年は坂氏の他に、イスラム過激派に昨年誘拐され、今年9月に解放されたインド人神父のトーマス・ウズナリル氏や国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)にも同賞が贈られることが報道されている。

受賞の知らせを受け、坂氏は産経新聞に「建築家として初めて受賞したことを光栄に思う。建築でも人道支援を行えるのだと、約20年の活動が認められたのではないか。こうした活動には若い建築家たちも興味を抱き始めているので、動きは全世界に広がっていくだろう」と語った。

「紙の教会」設計の坂茂氏にマザー・テレサ賞 日本人初
「紙の教会」の名で知られる坂氏設計の仮設聖堂「ペーパードームたかとり」の内部=2005年(写真:Bujdoso Attila)

坂氏は、毎日デザイン賞大賞(1995年)や日本建築家協会(JIA)新人賞(97年)、日本建築学会賞(2009年)など、国内外で多数の受賞歴を持ち、14年には建築界のノーベル賞といわれる「プリツカー賞」を受賞している。また今月2日には、科学技術や学術・芸術分野で優れた業績を挙げた人に贈られる紫綬(しじゅう)褒章にも選ばれた。

マザー・テレサ賞の授賞式は12月10日、ハーモニー財団の本部があるインド西部の都市ムンバイ(旧ボンベイ)で行われる。

この記事が気に入ったら「フォロー」しよう
フェイスブックで最新情報をお届けします

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。

記事の一つ一つは、記者が取材をして書き上げ、翻訳者が海外のニュースを邦訳し、さらに編集者や校閲者の手も経て配信しているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、サポーターとして(1,000円/月〜)、また寄付(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済(Paypal)で可能です。希望者には、週刊メールマガジンも送らせていただきます。サポーターや寄付の詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

  • 金額を選択:
  • 金額を選択:

文化の最新記事 文化の記事一覧ページ

主要ニュース

コラム

人気記事ランキング