東京都:「バッハと石焼き芋と私」聖書サロン第2回 6月16日

2017年6月9日08時51分 印刷
Facebookでシェアする Twitterでシェアする
関連タグ:関智征
+東京都:「バッハと石焼き芋と私」聖書サロン第2回 6月16日
- 広告 -

「バッハと石焼き芋と私」をテーマにした講演会が6月16日(金)午後7時から、東京都中央区のロングライフホールディング東京本社(日本橋室町4-3-18東京建物室町ビル3F)で行われる。講師・演奏はオルガニストのロジャー・ラウザーさん。

主催のブランド・ニュー・ライフ・ジャパン(代表:関智征=せき・ともゆき=牧師)は現在、アーツに力を入れた教会を立ち上げるプロジェクトを進めている。講演会はその一環で、今回は第2回となる。第1回となった4月26日の講演会では「建築デザインとキリスト教―建築家の視点からみた聖書」をテーマに、日本を代表する建築家の香山壽夫(こうやま・ひさお)さんを講師に招いた。

講演会では「アーツとことば」をコンセプトに、食事や音楽、アロマの香りなど「ことば」に囲まれながら、参加者同士がテーマについて話し合っていく。「『ことば(アーツ)の力』を体験する場を参加者のお一人お一人と共に作っていけたら」と関牧師は語る。

今回のテーマについて関牧師は、「西洋音楽と日本音楽の背後にある見えないものとは何か。『さくらさくら』『荒城の月』『石焼き芋』、金継ぎや茶の湯など日本の美は、西洋の美と、何が違うのか。ご一緒に音楽も聴きながら、意見を分かち合えたら」と話す。

当日は、受付でアロマのおもてなしをする。今回はソロモン王に好まれた木材であり、茶の湯でも用いられる「白檀(サンダルウッド)」の香りが楽しめるという。

参加費は4千円(食事付き、当日払い)で事前申し込みが必要。申し込み・問い合わせは、ブランド・ニュー・ライフ・ジャパン事務局(メール:brandnew0321@gmail.com、担当:杉井さん)まで。

ブランド・ニュー・ライフ・ジャパン

この記事が気に入ったら「フォロー」しよう
フェイスブックで最新情報をお届けします
関連タグ:関智征

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。

記事の一つ一つは、記者が取材をして書き上げ、翻訳者が海外のニュースを邦訳し、さらに編集者や校閲者の手も経て配信しているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、サポーターとして(1,000円/月〜)、また寄付(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済(Paypal)で可能です。希望者には、週刊メールマガジンも送らせていただきます。サポーターや寄付の詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

  • 金額を選択:
  • 金額を選択:

イベントの最新記事 イベントの記事一覧ページ

主要ニュース

コラム

人気記事ランキング