トピックス 沈黙(映画)  宗教改革500年  聖書翻訳  沖縄  環境問題  マザー・テレサ  

聖学院新理事長に現聖学院大学長の清水正之氏

2017年4月6日11時13分 記者 : 坂本直子 印刷
Facebookでシェアする Twitterでシェアする
+聖学院新理事長に現聖学院大学長の清水正之氏
学校法人聖学院の新理事長に就任した現聖学院大学長の清水正之氏(写真:同学院提供)
- 広告 -

学校法人聖学院(東京都北区)は、3日開催の臨時理事会で、阿久戸(あくど)光晴理事長(66)の任期満了に伴い、現聖学院大学長の清水正之氏(69)を、同日付で新理事長に選任した。任期は、2017年4月3日から20年3月31日までの3年。学長職も引き続き兼務する。

清水氏は1947年横浜市生まれ。71年に東京大学文学部倫理学科を卒業後、77年に同大学院人文科学研究科倫理学専攻博士課程単位取得退学。三重大学人文学部助教授、同教授、東京理科大学工学部教授、聖学院大学人文学部教授、同大学院アメリカ・ヨーロッパ文化学研究科教授、同大人文学部日本文化学科長、同大人文学部長、同大副学長、同大学院アメリカ・ヨーロッパ文化学研究科長を経て、2015年から同大学長。他に、日本倫理学会評議員、東京大学学生キリスト教青年会理事なども務めている。人文科学博士。

専門分野は倫理学と日本倫理思想史。主な著書に『日本思想全史』『日本の思想』『国学の他者像─誠実と虚偽』、共著で『岩波講座 日本の思想 第四巻』『思想間の対話─東アジアにおける哲学の受容と展開』『「おのずから」と「みずから」のあわい』『教会と学校での宗教教育再考─<新しい教え>を求めて』『共生と平和への道─報復の正義から赦(ゆる)しの正義へ』など。

聖学院は1903年、米国のキリスト教ミッション(ディサイプルス派)によって設立された、プロテスタントのキリスト教主義学校。聖学院中学高等学校、女子聖学院中学高等学校、聖学院小学校、聖学院幼稚園(以上、駒込キャンパス)、聖学院大学、聖学院大学大学院、聖学院みどり幼稚園(以上、さいたま上尾キャンパス)、聖学院アトランタ国際学校(米ジョージア州)からなる10の学校と総合研究所を要する一貫教育体制を整えた総合学院。新約聖書のマタイによる福音書22章37〜39節から、「神を仰ぎ 人に仕う」を学院の標語としている。

この記事が気に入ったら「フォロー」しよう
フェイスブックで最新情報をお届けします

関連記事

神学・教育の最新記事 神学・教育の記事一覧ページ

主要ニュース

コラム

おすすめのイベント

人気記事ランキング