トピックス 米大統領選  宗教改革500年  聖書翻訳  沈黙(映画)  沖縄  環境問題  マザー・テレサ  

救い主の御名 万代栄嗣

2017年1月6日18時45分 コラムニスト : 万代栄嗣 印刷
Facebookでシェアする Twitterでシェアする
関連タグ:万代栄嗣

「『マリヤは男の子を産みます。その名をイエスとつけなさい。この方こそ、ご自分の民をその罪から救ってくださる方です。』このすべての出来事は、主が預言者を通して言われた事が成就するためであった。『見よ、処女がみごもっている。そして男の子を産む。その名はインマヌエルと呼ばれる。』(訳すと、神は私たちとともにおられる、という意味である)」(マタイの福音書1章21~23節)

時代がどんなに変わっても、社会や生活のありさまが変わっても、変わらない大切な名前があります。今日、分かち合いたいのは、私たちがクリスマスの主人公として心の中に受け入れる救い主イエスの名前です。

1. イエスという名

ヨセフは夢で、許嫁(いいなずけ)のマリヤを妻として迎え、生まれる子どもの名をイエスとつけるよう御使いからお告げを受けます。聖書の中での名前は、その人の人となり、命の本質まで表す非常に大切なものです。

イエスという名前には、「神は救いたもう」という意味があります。この赤ちゃんは、神の御子が人となられ、成長して救い主としての働きをされ、人々を罪の呪いや悪の力から救い出して、喜びと平安と永遠の命をお与えくださるお方でした。

「神は救ってくださる」というこの約束と救いの恵みを事実としてこの世にもたらしてくださる、救い主なるイエスの誕生。この約束と恵みに感謝しましょう。イエスという名には、私たちにとってかけがえのない、尊い意味が込められているのです。

2. インマヌエルという名

このクリスマスでお祝いする救い主には、別の名前があります。今日開いた箇所の23節に書かれている「インマヌエル」という名です。その意味は、「神は私たちと共におられる」です。

神と私たちは、決して縁のない遠く離れた間柄ではありません。私たちの信じる真の神は、天地宇宙を創られ、この壮大な宇宙よりも大きな力強い神でありながら、私たちと共にいてくださり、私の人生を共に歩んでくださるお方だと聖書は語っています。

人間が生きていく中での一番の不幸とは、「孤独」です。牧師としてさまざまな人の相談にのりますが、そのような方の一番の特徴は、自分が孤独だと思っていることです。孤独を感じると、生きていくこともできず、死にたいと思うのです。聖書に、人が1人で生きるのは良くないと書かれている通りです。

しかし、神は私たちを絶対に見捨てることはなく、インマヌエルの主がとことん共にいてくださいます。あなたと共におられる神の恵みを感謝し、神が与えてくれた命という最大の贈り物を喜びましょう。

クリスマスは、キリストのご誕生を祝う時。キリストとは、救い主という意味です。この救い主が、ご自身の命を捨ててまでも私たちを救うことを決意してくださったイエスであること。そして、とことん共にいてくださるインマヌエルであることを感謝しましょう。主イエスの名を呼ぶ者は皆救われるのです。この救い主が与えられたことを感謝しましょう。

万代栄嗣

万代栄嗣(まんだい・えいじ)

松山福音センターの牧師として、全国各地、そして海外へと飛び回る多忙な毎日。そのなかでも宗教を超えた各種講演を積極的に行っている。国内では松山を中心に、福岡、鹿児島、東京、神戸、広島、高松にて主任牧師として活動中。キリスト教界のなかでも、新進気鋭の牧師・伝道者として、注目の的。各種講演会では、牧師としての人間観、ノイローゼのカウンセリングの経験、留学体験などを土台に、真に満足できる生き方の秘訣について、大胆に語り続けている。講演内容も、自己啓発、生きがい論、目標設定、人間関係など多岐にわたる。

また、自らがリーダー、そしてボーカルを務める『がんばるばんど』の活動を通し、人生に対する前向きで積極的な姿勢を歌によって伝え続け、幅広い年齢層に支持されている。

国外では、インド、東南アジア、ブラジル等を中心に伝道活動や、神学校の教師として活躍している。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
フェイスブックで最新情報をお届けします
関連タグ:万代栄嗣

関連記事

コラムの最新記事 コラムの記事一覧ページ

主要ニュース

コラム

人気記事ランキング