トピックス 米大統領選  宗教改革500年  環境問題  マザー・テレサ  沖縄  戦後71年  日本聖公会京都事件  

主に受け入れられる信仰の心得 万代栄嗣

2016年11月28日16時04分 コラムニスト : 万代栄嗣 印刷
Facebookでシェアする Twitterでシェアする
関連タグ:万代栄嗣

「・・・十二年の間長血をわずらっている女がいた。・・・彼女は、イエスのことを耳にして、群衆の中に紛れ込み、うしろから、イエスの着物にさわった。「お着物にさわることでもできれば、きっと直る」と考えていたからである。すると、すぐに、血の源がかれて、ひどい痛みが直ったことを、からだに感じた。イエスも、すぐに、自分のうちから力が外に出て行ったことに気づいて、群衆の中を振り向いて、「だれがわたしの着物にさわったのですか」・・・イエスは彼女にこう言われた。「娘よ。あなたの信仰があなたを直したのです。・・・」(マルコの福音書5章25~34節)

今日の聖書箇所には、1人の女性の素晴らしい癒やしの物語が記されています。彼女はイエスと出会い、イエスに触れ、イエスとの命の接点を持つことによって、12年間苦しみ続けた病(長血)から直ちに癒やされたのです! この箇所から、私たちが癒やしを求めて祈るときの心備えを3つのポイントから学びたいと思います。

1. イエスと出会うと今、答えが与えられる

12年間、重い病で心身共に苦しんだ「女」は、イエスと出会った瞬間にたちまち癒やされたのです!

12年といえば、小学校に入った子どもが高校を卒業するほどの長い時間です。その長い間、ずっと彼女は苦しみ、イスラエル人にとって汚れているとされる病で差別され、息の詰まるようなつらい日々だったでしょう。それでも彼女は、イエスに触れば癒やされると信じ、期待したのです。

あなたも長年の病に苦しんでいるかもしれませんが、諦めてはいけません。この女性のように、シンプルに「今、ここ」で癒やしてくださる主に、素直に期待して祈りましょう!

2. イエスに焦点を合わせる

彼女は、群衆の中からイエスのところに近づかなければなりませんでした。彼女の肉体の目は、無数の人々の背中を見たことでしょう。でも彼女が狙いを定め、焦点を合わせていたのは、イエスただお1人だったのです!

信仰の心備えのポイントとして、あなたはイエスに集中していましたか? 目に映ることやさまざまな情報に気を取られて、本当に見なければならないものを見失ってはなりません。私たちはスパッとイエスに焦点を合わせましょう。イエスに信頼し、イエスにだけ私たちの信仰を向けてまいりましょう。

3. 小さくても信仰を持つ

彼女は惨憺(さんたん)たる状況にあり、病気も悪化の一途をたどっていました。けれども彼女は、悪くなる事実をただ事実として捉えただけではなくて、彼女の心の中には、芽生えたばかりの小さな信仰が確かにありました。その信仰をもって彼女は「お着物にさわることでもできれば、きっと治る」と信じて、イエスに思いきり飛び込んでいったのです。

大げさな信仰は必要ありません。小さくてよいのです。あなたの心の中に、「イエスの御名によって祈ればきっと治る」という素直で、イエスから信仰だと認められるものを持ちましょう。2千年前のクリスマスから始まった恵みを、「今、ここ」で体験してまいりましょう。

万代栄嗣

万代栄嗣(まんだい・えいじ)

松山福音センターの牧師として、全国各地、そして海外へと飛び回る多忙な毎日。そのなかでも宗教を超えた各種講演を積極的に行っている。国内では松山を中心に、福岡、鹿児島、東京、神戸、広島、高松にて主任牧師として活動中。キリスト教界のなかでも、新進気鋭の牧師・伝道者として、注目の的。各種講演会では、牧師としての人間観、ノイローゼのカウンセリングの経験、留学体験などを土台に、真に満足できる生き方の秘訣について、大胆に語り続けている。講演内容も、自己啓発、生きがい論、目標設定、人間関係など多岐にわたる。

また、自らがリーダー、そしてボーカルを務める『がんばるばんど』の活動を通し、人生に対する前向きで積極的な姿勢を歌によって伝え続け、幅広い年齢層に支持されている。

国外では、インド、東南アジア、ブラジル等を中心に伝道活動や、神学校の教師として活躍している。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
フェイスブックで最新情報をお届けします
関連タグ:万代栄嗣

関連記事

コラムの最新記事 コラムの記事一覧ページ

主要ニュース

コラム

人気記事ランキング